瀬戸歩3月例会 「万博開幕前 会場付近探訪ウオーク」に参加    05年3月6日(日)  天気 曇りのち晴れ  距離 14キロ
コース = 愛知環状鉄道・瀬戸市駅 〜 デジタルタワー 〜 陶磁器資料館(昼食) 〜 万博会場 北口 〜 万博八草駅ゴール ・・・ オマケでリニアカーに乗っちゃいました!

全国アチコチで歩きがいっぱい有った3/6(日)でしたが、それぞれに楽しまれた事と思います。
パパママは勝手知ったる愛環鉄道「瀬戸市駅」集合だし、万博開幕に合わせ3月のダイヤ改正できっと地下鉄並みのダイヤで走行するであろうと予想して我が桃花台団地をバスで出発でした。 そしてJR高蔵寺駅で時刻表示を見て安心してコンビニにお昼の弁当を買いに寄ったのですが・・・ダマサレました。 名古屋駅からココ高蔵寺停車の次は万博八草駅へ直通で途中駅で止まらないのがいっぱい有るんです。 結果は8:31発にわずか数分違いで乗り遅れ8:55発まで駅で待ちぼうけだったのです。
またまた前段が長くなりましたが、既に開会式の始まった瀬戸市駅を下りて早速さの風景をパチリとしましたし遅ればせの受付もしているママでありました。 



瀬戸歩にしては珍しい大勢の参加者ですが、万博効果がここにも表れていますでしょうか!?
つくしはまだでしたが瀬戸川の土手に春を探しながら最初に目指したのは一昨年から始まった地上波デジタルの中部地方の発信塔、通称デジタルタワーに向います。 今まで名古屋のテレビ塔から発信の普通地上波から将来は全面的にコチラ瀬戸の電波に変更になります。 



瀬戸の古い町並みも抜けて1時間半ほどで到着でありましたが、骨格もあっさりだしデザインも特別カッコ良く無いし240Mもあると言うわりには根元から見上げても迫力もイマイチでした。(パパの独断感想です)  でも初めて記念に玄関横に腰を下ろした仲間とパチリでありました。


みんなの元気ウオークがパパカメラに迫ってくる画像ですが、瀬戸市は陶磁器の町で北東側は山に囲まれ「海上(かいしょ)の森」など自然がいっぱい残る所です。 そこを毎日のようにアチコチとウオークを楽しまれている本日のリーダーでも有り瀬戸歩の会長でもある堀さんを先頭にドンドコドンのウオークを楽しんでます。


デジタルタワーを出てこれまた1時間チョットでしたが「愛知県陶磁器資料館」で昼食休憩となりました。 手入れの行き届いた芝生広場で過ごしましたが春の空気を感じる流石3月であります。 そしてウオーク途中からヘリコプターが頭上を何機も飛んでいたのですが、本日開業のリニアカーの取材のようです。 パパたちは安全班の黄旗を振っていましたが気が付かれたヘリが我々の昼食休憩風景を撮影?されていました。(頭上近くでホバリングをしていたので勝手な想像です) さあぁゴハンを食べましょう!


食後はメイン会場の長久手会場に歩を進めましたが青空が広がって来て暑さを感じるほどの時間となりました。 そして丸いガラス張りはトヨタグループ館でその奥の四角いのは日立グループで有りました。 手前は木の回廊ですが「おいおい植木植え忘れ〜」ってまだアチコチでいろいろな仕上げ作業の真っ最中でもありました。 その様子をフェンス越しに眺め歩きましたが、今しか見られない風景でも有ります。 開催されたらこの道も車や人でいっぱいになってしまうであろうと思います


リニモ線沿いに歩いていたらもうゴールの万博八草駅だったのです。 長久手メイン会場入口からリニモだと5分、歩いても2キロたらずの下り道で30分ほどでしたです。(リニモが混雑の時はウオークするのもお奨めで良いかも) 1月に来た時は逆コースで初めてでしたが今回のウオークで会場の位置関係や新しく出来た道路もよく判りましたデス。


ゴール後はウオークに参加されたミナサンも向う方向が一緒です。 本日から一般運転を正式に開始した「リニアカーに初乗りをしよう」とリニモ駅に向いましたが、愛想の良い制服姿のお嬢さんとも記念のパチリでありました。 午前中は取材ヘリも飛ぶなどで大賑わいだったんでしょうが午後2時半を過ぎて、キップも待たずに買えました。 万博会場まで160円ですので地下鉄並みの料金です。 

    

ウオークレポートでかなり高い高架のリニモ線路を写していますが、やはり乗ってみると見晴らしはバッチリです。 しかも音もせずスタートが分からないし、滑ってるって感じも多少のフワフワ感も有る不思議な乗り物です。 そして意外と早い!って印象です。 遮光ガラス越しの会場風景を撮りましたが一枚目の右端の線は瀬戸会場との交通路ケーブルカーの線です。(ケーブルカーの料金は不要だそうですのでいっぱいの人が利用されると思います) もう一枚は会場入口付近ですが、まだまだ工事中の方も居ましたし、大勢のスタッフ研修やツアコンの方々への会場説明と思われる団体などがうろうろとされていました。 開幕までもう2週間ちょっとですものネ〜


パパママは比叡山お友達の加藤翁とご一緒をさせて頂きましたが、万博会場で下車して高架上の駅から会場の様子をあらためて眺めたりして、記念写真も撮って頂いたりしました。 そして万博八草駅に戻り愛環鉄道ににて帰路につきましたが、開会後がどんな状態になるのか想像もつきません。
ところで話が変わりますが、加藤翁はお一人で本四国のお遍路をされており来週17日からまたまたお出掛けです。 あと残り300キロだそうですが今年一月号のジパングという雑誌にも取材を受け特集記事が数ページにわたって載っています。 愛歩看板の福田女史も四国を歩きの真っ最中ですしみなさんそれぞれに確実に自分の人生を踏みしめておられます。 そうそう歩仕事人さんはこの日は八丈島に島流しだったそうですヨ(笑)

ではでは 瀬戸歩万博ウオークとその続きのリニモ乗車のカキコ・ハリコをコレにてチョン!って致しますネー
 




    目次に戻る