「五条川の桜並木ウオーク」 なごや金鯱歩こう会3月例会に参加  05年3月27日(日曜) 天気 晴れ  距離 12キロ
コース = 名鉄犬山線 江南駅 〜 北野天満社 〜 五条川 〜 地蔵寺 〜 桂林禅寺 〜 堀尾跡公園(昼食) 〜 五条川沿い 〜 お祭り広場 〜 名鉄岩倉駅ゴール

3/26(日)は前日のお遍路で吉田さんからもお誘いを受け名鉄犬山線・江南駅にやって参りました。 天気はピカピカの晴天で朝は1度台とかですが、日中は16度まで上がるとの予報です。 集合場所の「北野天神社」へ行きましたら今朝「ドコへ行くんだい?」ってお電話を頂いたヒゲおじさんが梅に止まったツグミ夫婦をパチリとしていましたが流石に天神様で梅の木がいっぱいでしかも満開でありました。
開会式や金谷さんのストレッチも終えスタート後は真っ直ぐと五条川へと足を向けました。 



本日は12キロのウオークという事でノンビリ歩きとなっていますが、五条川まで来た所で最初の大休止でしたが、直ぐ横の大手スーパーに花見弁当を買いに行かれる方もおられました。 ココで完全に初夏モードで上着を脱ぎましたが背中には薄っすらと汗が出ています。  そして再スタートですが、地蔵寺や桂林禅寺など立派なお寺にもお参りをしに寄らせて頂きました。  この辺り一帯も濃尾平野のど真ん中に位置しており農業の盛んな地の地元の人々の寄進によって大きく立派な社寺が維持されております。 


金鯱の会に参加するのは昨年11月以来ですが見知らぬ方達に「お久し振りですネ」って声を掛けられました。 そして左の一枚は「暫く見ないけどあの夫婦どうしたのかしら〜・・・って、みんなで噂をしていたんですヨ」って話し掛けられ「ハイ!離婚はまだです!」ってパパが言ってカメラを向けたハイチーズの一枚でした(笑顔の真相ってヤツです??)  今日のコースリーダー(案内人)は赤いタスキに白いコースマップの小川さんですが桜はまだでもこのお天気で十分に満足のみなさんを先導されています。  


朝のスタートから2時間も経っていませんがこの錦帯橋のような橋を超えると昼食休憩とのコトです。   さあぁ 11時なのにお昼ゴハンですがまだお腹の空かない時間で、昨日につづいて無理ムリ一つのお弁当をナンとか食べるコトになりました。 場所はウオーク中に遠くから祭り囃子のような音が聞こえていると思っていたのですがバンドの野外演奏会会場・芝生の上にしました。


近くのでかいスピーカーの前ではうるさいほどでしたが迫力満点でなかなかいい感じなのです。 一枚目は座った時には始まっていたビートルズの曲を弾き歌うという「かぶとむし」というグループでした。  でも聴く音楽はどれもナジミが無く、のりちゃんに携帯で電話をして「音楽を聴いてもらおうか」って思いましたが・・・きっと「話し声が届かないよナ」状態だったのです。  そして次もなかなか上手な歌と曲でしたが・・・コレも不明で有りました。 彼らの曲の途中で午後のスタートとなり腰を上げようとしたら見知らぬ女の子達が「一緒に写真を」って言われ、うるさいスピーカーの前でバンドをバックにパチリってしてもらいました。  ではでは 若者たちよ 熱い気持ちが十分に伝わった昼食タイムをありがとうでしたデス!


桜の花はにはまだちょっと早い本日ですが、この気候につられてかデイキャンプのような用意万端のファミリーが宴会をしていました。 雑談などをしていたら「我が家のヤキトリを味わって下さいナ」ってご馳走になり記念の一枚をココにハリコです。  右の一枚はヒゲおじさんがパパママ出発前の写真を撮って頂いている様子を逆から撮ったものですが脇を締めた正統派のカメラマンスタイル・・・決まっていますデス!  そしてさあぁ 12時過ぎに午後?の再スタートで五条川を南下であります。
威風堂々の桜の幹を楽しんで千本桜道を・・・満開を心の中で想像しながら歩くので有ります。



早めの食事も終えて五条川の堤防を歩きますがココは歩行者専用の道となっていて、頭上に覆いかぶさる木々を見上げては「どこかに一輪くらい咲いてないだろうか??」って言いながらのウオークです。  「いったい花が咲く指令は木のどの部分が受け持っているんでしょか??」  「桜の木の寿命は?・・・淡墨桜は1500歳だけど・・・」 「この木は何年くらいなの??・・・さあぁ」  ところで五条川の桜の木は誰が植えたの〜・・・犬山の上から清洲の下までずーとだよ〜」  きっと桜の花が咲いていたら出ないような話題が次々でしたが名神高速道もくぐり岩倉市石仏地区に入ってきました。  桜の花が咲くと目立たなくなるであろう提灯も今は華やかで一つ一つに地元の商店などのお名前紹介が書かれていました。 


パパママの大好きな桑名の水谷さんですとママが並んで歩いていましたが昨日のお遍路でもご一緒でした。  水谷さんとは趣味が合うようでママと色違いの同じ柄の服でしたがお姉さんのような感じの方です。  川の右側を歩いたり左側を歩いたり、堤防から下りて堤の下を歩いたり・・・本当に桜が見頃だったら歩ける道となるのだろうかと思うような場所ばかりです。 どの場所も座って宴会をしたくなるような場所ですし桜のビューポイントばかりです。


昼食から1時間半ほどのウオークでしたがお祭り広場というところがゴールでありました。  
左の写真のママの後ろにも「山車巡行」って昇り旗が立っていますが、ゴール横の岩倉市下之町のカラクリ山車です。 確かにパパの記憶でもタイヤの幅や屋台の横幅など・・・愛知県では見たことの無いワイドさでした。 4/1(土)にお披露目と本番を迎えるための組立準備の真っ最中でした。  春祭りには花は咲いてくれるでしょうか!? 本日12キロのウオークでしたが春実感の空気を満喫出来た半日でありました。  金鯱歩こう会のみなさま お世話になりました。

ではでは 岩倉駅に向かう仲間の後姿を最後に本日のレポート終了とさせて頂きますネー




       目次に戻る