愛歩4月例会 「ユニセフラブウオークIN若葉萌える道」の一歩たち  05年4月17日(日曜) 天気 晴れ  距離 12キロ
コース = JR中央線・高蔵寺駅  〜 高蔵寺 〜 東谷山山頂 〜 フルーツパーク 〜 森林公園(昼食) 〜 維摩池 〜 名鉄・尾張旭駅

4/17(日)年に一度のコースリーダー役の愛歩例会日でしたが、朝からナンとかお遍路ウオークの思い出を済ませなくちゃって早起きもしてパソコン前でドタバタのパパでした。  
そして普段よりうんと早めの出発をして到着したJR中央線・高蔵寺駅でしたが、やはり一番乗りで有りました!  待つ事しばし次々と到着の電車たちからみなさんが降りて来られますが、てっきり骨折で来ないと思った植野サンも折れた左腕を庇いながらVサインですし、ナナ・ナントただ今韓国を一周中の森宴会部長の奥方もゆきちゃんのゼッケンを付けて登場でしたです。
実はカメラの設定マチガイでピンボケ写真になってしまい使えないと思いましたが自分記録の大切な思い出として「コレはコレでイイのだ!」ってハリコしちゃいます。 製作者の札幌のゆきちゃ〜ん 本物のこのゼッケンが目に出来てパパは嬉しかったですヨ〜
パパは時間ギリギリまで改札口で会場ガイドをしていましたが、定刻に集合場所に戻り開会式が始まったのです。



愛歩シリーズウオークの完歩表彰などの後はチョット緊張のひと時ですがコース説明や注意事項などをするわたくしでございます。  そしてストレッチ体操を済ませテーマ通りの本日のウオークですが、一番先頭を行くパパが袋の中に募金を入れさせて頂いているところを募金の証拠としてパチリとして頂きました。  イザスタートですが今日はママカメラマンはどんな写真を撮ってくれるのでしょうか???


先ずは最初に高蔵寺町の名前の由来寺にご挨拶ですが、今日はお寺のお掃除日のようで地元の檀家のみなさまがクワや鎌をもってお寺に集合の途中のようでしたが、それを追い越す突然の大行列でビックリさせてごめんなさいでした。  ママが今日の主役をキッチリとおさえてくれていますがアンカーは赤旗・赤タスキのタローおじさんと堀田ママです。 そしてもちろん先頭には旗手の立山さんですし両サイドにヒゲおじさんとパパもです。


高蔵寺を出てJRや万博会場にもつながっている愛環鉄道もくぐり庄内川沿いに出ましたが、下見の時には「良い道が無いかなー」って堤防を下り行き止まりのドロドロ道を往復でしたが今日は歩き易いところを通ります。  横の桜の木はほとんど葉桜状態ですが、先日まで枯木立って思っていた木々たちがいろいろな色の若葉でいっぱいとなり川が見えなくなっていました。
庄内川の橋を越えて裏山コースに歩を進めますが、一気に咲き出した民家の庭の花たちを眺めながら傾斜地の団地を抜けると車の通らない地道となりいっぱいに広がっての山登りの開始です。 





今回の記憶に残る一枚になりそうですが登山途中の我々です!
  なかなか良い風景なのでママに日当たりの良いところで写真をお願いしたのです・・・が
本人は猛ダッシュのつもりだったのでしょうが、後ろから見るとドタドタの歩きだったので
ついつい振り向いてカメラを向けるママにみなさん、このような笑顔になってしまったのです。


今日は天気が良過ぎてカメラがハレーションを起したりして上手に写真が撮れていませんがココでもゆきちゃん用にこのお二人の写真を撮りました。  敦子さんにはアニハセヨの文字を追加の為に一度ゼッケンを送り返した話も聞きましたし、森ママのリュックの現物の裏地には良い柄の服地を上手に活用されているのも手にとって見させて頂きました。
小1時間ほどで登った頂上で大休止をして下山ですがまたまたママが先頭の先を行きレポート写真を撮ってくれています。 立山さんの旗が木々のトンネルが邪魔で竿を下げたらヒゲおじさんのお顔を半分隠してしまいましたが、ユックリペースでなが〜い階段を注意しながら下ります。




下山した麓に有るココは「東谷山フルーツパーク」という名古屋市の行楽施設です。
広い梅園を囲むように枝垂桜の木がいっぱいで一週間前に確認に来た時は色も濃いピンクで五分咲きとの話しでしたが
この一週間で淡い色に変化してマサに満開の花の下に参りました。

まだまだ有るママのステキな写真たちですが、先頭をずーっと歩いてのカメラマンでお疲れでしたので一服中をパパがミンナにもコッチを向いて頂きパチリって撮りました。
たっぷりの桜の花の下をみなさんに堪能してもらいましたが「弁当はまだでしょう」ってご質問がいっぱいでした。  ウオーク日は朝食が早いでしょうし、朝から山を登って下りてお腹も空きますしこのロケーションの中に居るとシートをひいて座りたい気持ちはよく理解できますデス。  その要望に早く応えるために園内をクルリと周って森林公園芝生広場にもちろん予定時間通りのウオークが続くのです。
 




ママのカメラアングルも冴えてきていますのでジックリ見てくださいネ〜



イャァアァ〜 なかなかステキな写真ですネ〜


フルーツパークを出て森林公園内の車の少ない道を選んで歩きましたが、丁度12時に芝生広場での昼食タイムとなりました。  ミナサンお友達同士で木陰を選びお弁当タイムで有りましたが、パパはヒゲおじさんや先日まで本四国を歩いていた安岡ITおじさんたちとご一緒をさせて頂きました。   安岡さんからは四国のデカイ地図を見せて頂きましたが初めて本四国の遍路寺の位置関係に感心のパパです。


そして午後のスタート前 あまりの気持ち良さにミンナで記念写真をって話になりましたが、ママは上手に脇を締めての正統派のキャメラマンを撮っていました! ヒゲおじさん この写真如何でしょうか??


50分ほどの休憩でしたがいつまでも横になっていれそうな陽気の中を、さあぁ午後のスタートです!  広大な公園内にはいっぱいの人たちが季節を楽しんでいますが、先頭の旗手の後ろに続く大集団にみなさんナニゴト〜って注目となってしまいました。  旗手の立山さんがボソッと言いましたが「はずかしいな〜」だったそうです。  


   

楽しいウオークに説明は不要ですが、森林公園を抜けて尾張旭市内に入って行きます。  心地良い空気に包まれてステキなロケーションの中を堂々の先頭三人組ですし、右はいつも先頭組の谷さんがVサインですし権現先達の木村の姐御も手を上げてママカメラに笑顔です。
本日のママは誰よりもいっぱいの距離を歩きだれよりもいっぱい走り回ったのではって思いますが、あなたの奮闘にみなさんが笑顔で応えてくれていますヨ〜


尾張旭市内には大きな池がたくさん有りますが、大昔の水枯れの時代に作られたそうです。  今も同様に活躍しているのでしょうがどの池も(池と言うにはでか過ぎですが・・・)それぞれに趣きが有り独特な風景と一体となっています。  本当はその池たちにみなさんをご案内したかったのですが本日はユニセフラブウオークの趣旨もあり距離に制限がありましたので維摩池を一周するコースに致しました。


大きく水もタップリの維摩池を回って名鉄尾張旭駅に到着したのは午後二時半でしたが、本当に絶好のウオーク日和と見事に咲き誇った枝垂桜たちにのサポートも有りゴールではみなさまから暖かい言葉もいっぱい頂けました。  コーススタッフの仕事を担当するとお天気のことも想定したりしてのルート作りになりますが「いい場所を楽しんで欲しい」気持ちで三回も四回も再確認をして詳細ルートの変更をしたりもしました。
タローおじさんもヒゲおじさんも堀田ママも旗手の立山さんもお世話になり有り難うございました。  更に役員スタッフのみなさんのご協力も有り無事に大役を果たす事が出来ました。

そしてママ〜 その様子たちをバッチリとカメラに捕えてくれてアリガトウ! ではでは ヤッホ〜〜


     目次に戻る