「第3回 青春の秀吉 名古屋ツーデーウオーク 初日」の下見に参加  05年5月4日(水曜) 天気 晴れ  距離 30キロ
コース = 中村公園 〜 白鳥公園 〜 七里の渡し 〜 熱田神宮 〜 大須観音 〜 栄 〜 徳川園 〜 名古屋城 〜 円頓寺商店街 〜 中村公園ゴール

5/4(水)ピカピカの晴天の中を名古屋市内を歩いて参りましたが、表記の題の通りのウオークであります。  ピーチライナーと名鉄と地下鉄を乗り継いで「地下鉄・中村公園駅」で下車して約束の8時半前ピッタンコ時間に本日のメンバーがバッチリと揃いましたがタローおじさんと大田の親分とパパママの総勢4名サマです。
今頃は東京国際スリーデーマーチにもイッパイの人がスタートを始めているんだろうネー・・・って会話をしながら、我々も大会起点の「中村公園」を一気にスタート致しました。
と言いつつ直ぐ隣りの清正公生誕の寺で「チョット丸くなったのでは??」って思う、居眠りママをパチリと楽しんでます。 快調な歩を進め南下の後は「黄金橋」を渡り東海道線を越えますが現在の名古屋駅のシンボルであるツインビルの右手に建築中のビルが分かりますでしょうか? 毎日ビルと豊田ビルを壊して新たに名古屋一の高さになる予定の「新トヨタビル」(勝手に命名)です。 さあぁこの高さが今後どのぐらい高くなるのでしょうネ〜



名古屋にも戦国時代を中心に日本の歴史に大きな足跡が出来た場所がイッパイ有りますが、そこを歩いた人々の道もイッパイ有ります。 言われないと分からないほど道が大きく変化している中に歴史に残った建築物やその前の道が不変で存在しています。  中川区から熱田区に入り堀川を下っていますが木陰が恋しく嬉しいウオークであります。 




本日のわれ等が「花・水・木」の一枚ですが
3人の歩くスピードが早過ぎてシャッターが遅れてしまいました。

スタートから南東方向に歩を進め本日の南端は「熱田・伊勢初詣でウオーク」でも寄った「熱田・七里の渡し」です。 月形の藤本さんとも今朝電話で会話をしましたが、嬉しいことに武蔵野を歩いておられます。  我々はアッという間に熱田神宮前を通り一気に北上をして名古屋東別院前まで来ましたがスタートから約三時間でお腹が空いてきました。  ドコに入ろうかって言いながらキョロキョロですが入店基準はもちろんビールの飲めるところで有りました! 


パパの写真は後で何時何分に撮ったものか記録が出ますので、ウオーク中に時間のことは気にしなくても大丈夫なのですが食事休憩は40分ほどでした。 その後も「大須観音」を通り「栄のど真ん中」を抜け「建中寺」の三つ葉葵の門もバックにパチリですがママはいろいろなポーズで感謝でございます。  下の栄の噴水前は結婚前のデートで待ち合わせによく使った思い出の場所ですが、今も変わらないこの風景がウレシイ思いでシャッターを押していたパパでした。




 「不変って とっても大事な ことだよね こころの思いも あの日のままです」


名古屋のステキを見歩いてほしいって思いからアチコチを廻り「徳川園」にも寄りましたが牡丹がキレイに咲いていたし、午後二時でしたが美術館への入園もまだ行列をしているほどでしたです。 そしてトヨタを起した佐吉翁の弟さんの家だった佐助邸前も通りスタスタ歩きが続きます。  
本日の地図はヒゲおじさんに作って頂いた立派な地図ですが、分かりやすく何の問題も無い!って思いながら、ミンナで「ヒゲおじさんに直してもらおう!」って「ウンウン」なのです。  実際に歩くのは今年の9/17(土)です。 風が心地いい5月の今日でも太陽を避けながら少しでも影の出来る側がイイナーって思い、大きな通りの右を歩いているのを止めて左側を歩いたりしています。  残暑の厳しい夏ならナオサラで実踏の結果分かったことで、ヒゲおじさんお手数をお掛けしますがヨロシクお願い申し上げますデス。



昨年は一月に開催され会場もココでしたが「市政記念館」前も通ります。  イッパイの思い出たちが有るココですが本日は素通り一気に名古屋城に参りましたがコチラの藤も満開状態であり真っ直ぐ歩くのが困難なほどの人たちでした。 聞けば名古屋城の天守閣から降ろされた金のシャチホコのイベントの最中でいつもより多い人出だそうです。   そして暑さも有りヘロヘロになってきましたので名古屋能楽堂の喫茶室に逃げ込んだ二時半過ぎの我々でありました。


5/4午後3時、あまりの暑さにヘロヘロで名古屋能楽堂の喫茶室に逃げ込んだ下見四人組でありましたが、冷たい飲み物で喉を潤しカラ元気で再スタートを致しました。  名古屋にも有る五条橋を越えて円頓寺(えんどうじ)商店街を抜けて歩きますが、すでにアーケード天井には我がママDゴンズさんたちの今期のお祝いが飾って有りました。  実際にココを歩いて頂く9月にも飾ってある事を祈って手を合わせるやっぱり四人衆なのであります。(逆光でクッキリしていませんが・・・果たして結果は!?!)


まだ有る名古屋名物「金のしゃちほこ」も飾ってある円頓寺アーケード街を抜けると中村公園に向かって西に一直線となりますが、途中には「ノリタケの森」や「トヨタ博物館」も近くに有り時間によっては楽しめます。
そして5/8に求め歩いた「なんじゃもんじゃの木」が満開の水道みちの木の下を歩くと能楽堂から40分ほどでゴールの中村公園に戻ってこれました。



無事に30キロコースの下見を終えられた感謝と、本番では大勢のミナサンに楽しんで頂けることを豊臣神社の社殿で祈り「本日の任務終了・バンザ〜イ」って喜んだママたちですが、当日はウオークの総監督になるであろう大田の親分や、初日名古屋市内コースの総責任者となるであろうタローおじさんや、矢印ハガシのアンカー役の足軽パパだと思いますが先ずは上出来の本日5/4(木)で有りました。
しかし終わったとたんに元気な笑顔・・・能楽堂近辺の情けないヘロヘロ顔はドコへ行ったやら?のみなさまです。  この後は反省会って思ったのにビールの無い喫茶店に入ってしまい、アイスコーヒーでパパママの結婚30周年前夜祭を祝って頂きました。  ではでは コレにてこのレポートも終われますデス! じゃ〜ネ〜





「くそ暑く 五月の風も ドコへやら でも歩いたね 完歩ウレシや」



       目次に戻る