岐阜ウ協5月例会 「東濃の自然 ヒトツバタゴを訪ねてウオーク」に参加  05年5月8日(日曜)  天気 晴時々薄曇り  距離 16キロ
コース = JR中央線 恵那駅 〜 千田公民館・古墳群 〜 まきがね公園(昼食) 〜 アグリパーク 〜 恵那駅ゴール

5/8(日)上手な天気君のお陰で歩きに出掛ける本日も傘の心配は不要で、暑さと日除け対策が必要なお空の状況となっています。  朝はバスで高蔵寺まで行きJR中央線で恵那駅まで移動でしたが、JRのさわやかウオークが中津川市で開催されているとの事で大勢の見知らぬウオーカーの皆さんもご一緒でしたし、恵那駅で下車するまで気が付かなかったけれど岐阜のメンバーも同一列車に乗っていました。 
改札を出ると堀さんやゆきさんたちも先着でしたが「信州のアリババさん」も参加されていて初出会いとなりました。  そして受付する駅前広場ですが、ココのイチョウの木が黄色く染まっている時のことも葉を全て落としている時も知っていますが今回は緑の葉がイッパイのイチョウ君の木陰に大勢がかたまって開会式が行われました。 イラン帰りのアリババさんや福井小浜からご参加の方の紹介も有りましたが「本日初コースリーダーで緊張しています」ってご挨拶の鞆岡さんですが意気揚々のスタート風景でアリマス!  そして本日の旗手は長谷(ながや)さんですが、パパは今まで勝手に間違った字でご紹介をしていました・・・失礼サマでした。  さあぁ レツッラゴ〜 であります。



JR中央線をくぐり中央高速道の恵那インターも越えて千田公民館というところで最初の休憩でしたが、隣りには大きな石室が丸見えの古墳が有りヒトツバタゴの木も有りましたが残念ながら花の時期にはチョット早いようでした。  ところで皆さん「ヒトツバタゴ」って何か分かりますでしょうか? パパは「なんじゃもんじゃの木」って名前で覚えていて最初はどんな花なんだろうか?って思っていました。  名古屋近辺では満開の見ごろですがやはり季節が微妙に違うんですネ〜
その公民館の玄関横で記念のパチリですが、本日の主賓のアリババさんを中心にご紹介の要らない方々ばかりです。  赤いチェックの伊藤さんも「今年九月におばあちゃんになるんです」って、あれこれのマゴの話題がココでもでしたです。   そしてママがアリババさんからイランの思い出話を聞きながらご一緒のところもパチリですし、田植えの終わった田んぼ道を爽やかな五月の風に吹かれてミンナの歩が進むのです。





「コチラ先頭です 最後尾は今どの辺でしょうか?」・・・上手にハンド無線でアンカーと情報交換の長谷旗手です。

ウオークテーマとおりに「ヒトツバタゴの大きな木」を巡って田んぼ道や里山の道を歩いていますが、大勢の行列に「野ウサギ」もビックリして林の中を掛けて行きます。  ゴルフ場のど真ん中のような道も抜けて歩きましたが、プレーヤーのみなさんも「なんだ あの行列は?」って見られていました。  
そして午前の歩きも終え昼食休憩となりましたが、パパママは久々に初孫ツナガリの伊藤さんたちとご一緒をさせて頂きました。  伊藤さんたちは姉妹やお嫁さん同士の仲良しグループですが手料理もみなさん上手でいろいろなオカズをお裾分けして頂きました。  パパは「伊藤家の食卓」と言っていますが、タケノコ・ツクシ・ウド・ヒジキ・ワラビ・・・などなどイッパイの春を頂き、木陰の食事タイムはあっという間に過ぎました。



お腹も満ちて満足の体に「脂肪燃焼をさせよう」と午後のスタートしましたが、みなさんはお腹がいっぱいになり過ぎなのかスピード感の無いユッタリウオークとなっています。 そして久々に岩田のあっちゃんにも出会いましたし、遍路で何時もご一緒のとしちゃんパパがVサインで目の前を通られました。  途中のトイレ休憩にアグリパーク恵那というところに寄りましたが、ココでもお遍路仲間の杉岡博士や本日アンカーの森さんとも思い出の一瞬を撮らせて頂きました。  




「岐阜の衆 ナゼか親しく 迎えてられ 田舎に帰った 気分になれます」

岩村が恵那市に合併となり「我が町へようこそ」って言ってるカッパの堀さんがバチバチとシャッターを切っていましたが、先頭の前へ行きコチラを狙っているカッパさんをパパがパチリとしましたお遊び写真です。  ゴール手前の小学校の校庭では残念ながらと言いながらコチラの都合では咲かないヒトツバタゴのかろうじての開花の様子が見られミンナが注目でしたが、長谷さんの説明に岐阜の長老小岩さんもシゲシゲと眺められておられました。

                  「咲かぬ木を 思いを込めて 眺めれば なんじゃモンジャと 開花してくる」



午後は時間感覚もあまり無い感じで歩いていましたが「ええぇ〜もうゴール??」ってなってしまった三時前の恵那駅近くでありました。  昨日も遅くに成田から帰宅し、今朝も早々に家を出て来て家族ともゆっくりお話ししていないって仰る「信州のアリババさん」はそのまま駅へ移動でしたが、ゆきさんも入ってママ得意のネボケ顔でのバイバイ写真でありました。  この後の我々がどうなったかはゆきさんやカッパの堀さんのHPでもご覧の通りですが、美味しい五平餅やビール君に満悦のパパでありました。  鈴木さ〜ん 我が愚妻のお酌は如何でしたでしょうか??  鈴木さんの奥様が注いだパパのグラスの中はアワだらけで有りましたですヨ〜ん(笑)


そして帰りの電車ですがゆきさんは先日の東京国際3DWのスタッフ帽子をかぶっていますが、手に入れられた事を嬉しそうに話してくれましたし、先日の犬に手を噛まれた災難の話も、プロのクラリネッタ〜に成りそこなった話などもして頂きました。  パパママは電車の停車都合で一旦多治見で下車をしましたが、ナナ・ナント!垂井の伊藤さんとホームでバッタリでありました。   ウオーク中に岩田のとしちゃんから「伊藤さんは中仙道を歩いているよ」ってお昼に電話が有ったと聞いていましたが「ココで会えるとは!」のパパママでした。  ママは帰宅都合を、短い乗り継ぎ時間に携帯で息子と会話中でしたがカメラを出して出会いの証拠を押えた次第です(のりちゃん風)

ではでは いっぱいの久々出会いや初出合いの有った楽しい一日の報告を終了してレポート終了ってしますネ〜



       目次に戻る