豊田ウ協7月例会 「アサヒビール工場見学ウオーク」に参加  05年7月10日(日曜) 天気 湿度満天の曇り 距離 13キロ
コース = JR中央線・春日井駅 〜 乙輪公園スタート 〜 三つ又公園 〜 朝宮公園 〜 道風記念館 〜 「アサヒビール名古屋工場」見学と昼食 〜 JR新守山駅ゴール

7/10(日)梅雨末期真っただ中の今朝ですが、昨夜は新幹線も途中で止まってしまうほどの大雨が各地で降っていました。   でも幸いに今朝の小牧・春日井近辺は東西の大きな雨雲のハザマに位置している状況で降りませんでしたがムシムシ感は最高で、春日井駅から集合場所の乙輪公園まで1キロほどを歩いただけで汗が吹き出し体の中を汗が伝うのが分かるほどです。
公園入口ではお揃いのキャップの豊田ウ協の役員さんが笑顔のお出迎えですし、受付もこれまたお揃いの黄色いシャツの女性スタッフでしたが、久々に豊田の例会へ参加を実感の朝なのです。    丁度受付で一緒になった地元春日井(歩いて10分)の清水さんにも加わってもらいパチリの朝です。



「アレー」とか「エエェ〜」とか言いながらの朝ですが、西尾城主酒の神の大竹さんや健也さんやヒゲおじさんも・・・なんせ今日はこの「ビール工場で見学と昼食」という企画に大勢の方々がご参加のようでして、真ん中のはユキちゃんにはこの方をって「敦子さんとママ」であります。  
韓国一周で日に焼けてかなり精悍になられたご主人阿羅漢さんもご一緒でしたし、その韓国のお話もチョットだけお聞きしましたが大勢過ぎる方々で朝の短い時間ではホンのサワリだけでアリマした。
そして三枚目も久々の出合いのママのメル友「中山パパ」ですし、万博ボランティアに燃えているハイブリッジさんもご一緒にハイチーズで有りました。 
アッチでパチリ・コッチでパチリ いそがしいナ〜



スタッフは朝から大忙しのようでしたが、大勢の参加者たちの開会式も無事に済ませイザスタートです。  今日のコースリーダーは久米さんで旗手は武知さんでしたが、今日も思い出す一年前・・・昨秋に突然に逝ってしまった豊田さんがコースリーダーでピカピカ過ぎる晴天の中のビール工場見学ウオークだったのです。
朝のうちはちょっと黒いかなって思う雲もアチコチの空でしたが、だんだんと明るい曇り空になってきて時折り吹く風も心地良くなってきました。



最初に寄ったのは春日井駅から西に進んでふれあい緑道にある三つ又公園ですが、すいませんさんに褒められたパパの「ハス池のカキツバタ」写真を撮った場所がこの二ヶ月で様子も一変であります。   生い茂ったハスの葉と花たちで池の水面が見えないほどです・・・そんな中をみなさんはきれいに咲いたハスの花の写真を撮っていましたが、コレをご覧下さい。
ゆきさんがムリムリに花を手繰り寄せてパチリってしていますデス・・・そしてバッチリの良い写真が撮れたようでニマニマの満足顔でしたが、自分の手も写らずグッドな絵となったそうです。    





我がママは正統派の努力をして携帯カメラを伸ばしていますが
「ママ〜 池に落ちないでヨ〜・・・花に夢中で大丈夫かな〜」なのでありました。


蓮池につながるもう一つの池ではカモの親子が水浴びをしたり毛繕いをしていましたが心地良さげに泳いでいましたが、ママは早速に撮った写真を携帯から送信をしてご満悦のようですが、大勢のミンナに眺められ一段と良い色のピンク?となっているハスの花さんたちもイイ顔でありました。
ママは撮った写真をドチラにメール送信なのでしょうネ〜



三つ又公園を南下してふれあい緑道を歩いていますが、パパはコレを上手に画の中に入れて撮りたいと思っていたハニワ君なのでした。  でも落合公園から三つ又公園までの間に多く置いてあるようで、三つ又公園以南ではさがせど探せど・・・やっと見つけてパチリをしたこれですが「ハニワたちの止まった時間と、過ぎ行くウオークの人たちを」って思ったら・・・ああぁ〜 道路横断の地下道みんなが消えていく〜・・・

長い行列の前のほうに居ると後ろのほうの方と丸一日居た事さえも気が付かぬほどの状態となってしまうウオークですが、でもそれぞれに偶然に横になって共歩きをしながら会話を楽しむ・・・時空の一瞬のママと芝やんなので有りました。



豊田ウ協の野々さんが立派なデジカメ君を持っていてパパママをパチリってして頂きましたのでお返しにってパパも選手交代でしたが、あまり良過ぎるデジカメ君の画像は重くて処理に大変だそうです。  パパのカメ君もチョットくたびれてきてスイッチの応答が悪かったり、カードを入れても「ノーカード」って表示になったりでご機嫌伺いをしながら使っているのですが・・・我が同志なのであります・・・大切な君だヨ〜ン!
ふれあい緑道からJR中央線・勝川駅方向へと曲がり現在高架橋への大改修中のJR中央線を横切って、一気に小野道風記念館まで歩きました。     先頭は若干ハイスピードで有りましたが大勢の場合はこのほうがウオーカーが団子にならず良いのデス。  先導のお二人もほぼ予定時間に行動が出来てホッコリのピースサインでありました。  



道風記念館で工場見学の班を分けたり、流れ解散になる見学後を想定して閉会式もココで済ませました。  今日は午前中のウオークだからって凍ったお茶類をママと二人で3リットルでしたが、タップリの汗に水分補給をシッカリしていたらココで空になってしまいましたが、庄内川を越えて目の前のビール工場までは30分ほどで到着です。  そしてその庄内川は少雨で川の水量が気になっていましたが川幅をいい具合に使って流れていました。(ミンナの渡る振動で橋が揺れてピンボケに写っちゃいました)
そしてその先には広〜いアサヒビール・名古屋工場が見えます。     左のほうのビールのタンク群から、右のほうの四角い大倉庫まで全部がそうで中部8県への供給を担い生産をしている工場だそうです。


ビール工場に到着をしてパパママは汗で濡れた服を早速に着替えをさせて頂きましたが、乾いた服でスッキリとして工場見学の開始であります。  いつ来ても爽やかな笑顔でウイットの有る会話をしながらガイドをして頂ける工場案内のスタッフの可愛いお嬢さんに案内をされて工場内を小1時間ほどの散策となりました。 

「工場内は撮影禁止ですがココまではOKですよ」って言われ、楽しい食事を前にニコニコ顔のミナサマをまたまたパチリのパパでした。
工場入口のエントランスホールには「瀬戸の陶工・青々作」の陶板画で古代のビールの造られる様子が描かれていましたがいつ来ても「へえぇえ〜」って感心です。   そして今日は日曜で工場が稼動していませんでしたが何回見聞きしてもフムフムのパパでありました。
この後は楽しいお弁当タイムを過ごさせて頂きましたが、豊田ウ協のミナサマにもアサヒビール名古屋工場さまにも大変にお世話になりましたデス。
楽しいお食事と試飲タイムの模様は 飲み食いに忙しくて写真レポート無しとなってしまったいつものパパですが ではでは コレにて


    

    目次に戻る