金鯱歩こう会8月例会 東山公園緑陰ウオークに参加  05年8月28日(日曜) 天気 晴れ  距離 12キロ
コース = 東山動植物公園入口スタート  〜 東山一万歩コース 〜 星が丘門   平和公園一万歩コース 〜 櫻の園(昼食) 〜 地下鉄・自由ヶ丘駅ゴール

8/28は8月最後の日曜日となりましたが、一昨日の夜から一気に秋の爽やかな空気に入れ替わった愛知県でありました。    でも日中は「まだまだ厳しい天気が予想されるかも」って思い、コチンコチンに凍らせた麦茶やスポーツドリンクもリュックに入れてお家を出発して、集合場所の名古屋市営地下鉄・東山公園駅近くのコンビニで朝ごはんのオニギリやお昼のお弁当を仕入れて動物園前へと参りました。   受付やいつもの様に皆さんと朝のご挨拶を済ませ二人してオニギリをパクパクしていましたが、突然にパパママが座っていた前を正面にして開会式が始まり、一枚目の写真としては不思議な構図と思われますでしょうが慌ててそこをどけたパパがパチリをした一枚です。
ストレッチはオールジャパンを達成したという金谷女史ですが、前日に団地の夏祭りがあり「昨夜の盆踊りで体がかたいのよネ〜」って会話でしたがママはまだ体が寝ているようです!?  さあぁ 元気に歩きましょうネー



朝の清々しいここちのなかで乾いた風が通る緑陰の中を、フカフカのじゅうたんのような地道を歩く・・・ココは名古屋市内ですがいろいろなウオーク例会などで何度も利用している東山一万歩コースです。  時々視界が広がる空を見上げるとウロコ雲やスジ雲も有り空が高くなってきています。が最初の一服休憩でアンカーの小川さんとヒゲおじさんとハイチーズでありました。


この公園は東山動植物園とそれを囲むようにある平和公園などと一体化された都会の中の自然いっぱいのオアシスのようなところですが、自然林に囲まれて車の音も遮断されていてセミの声や鳥の声が心地良く聞こえている朝です。  最初の一服休憩(水分補給)ではアンカーの小川さんとヒゲおじさんとママにハイチーズをして頂きました。


広大な東山動植物園外周の自然雑木林を上手に利用したこの道たちを1時間ほどかけて一周していますが、ところどころから園内の様子も見られ頭の上には小さな子どもの声が聞こえてくる可愛い電車も走っています。 
ママも懐古していましたが、パパママがまだ結婚する前にも二人で何度も遊びに来ましたし、我が家の子どもたちが小さかった頃も頻繁に足を運んだ園内です。   きっと中に入るといろいろと変っているのでしょうが、全体的には昔のままのレイアウトのようで、そんな会話をしていたら誰かさんから「もう直ぐ孫さんと一緒にまた来るんだね〜」って言われてしまいました。
首もシッカリとしてきたし寝返りも上手に出来るようなった萌生ちゃんですが、お手テをつないで来れるとイイナ〜♪って思いつつ、今から平和公園に向います。



太陽が昇るって言いますが、実はクルクルと24時間掛けて自転しながら、一年掛かりで太陽の周りを一周して過ごす一年なのです。  そして傾いた地軸のせいで太陽との距離に変化が生まれこの地球上の日本という国では季節というものが出来るのです。
春・夏・秋・冬・・・盛夏・残暑・晩夏・初秋・・・季節を表すステキな言葉たちもいっぱいですし微妙に変化するこの季節の変り目ってヤツが人々のこころをもそれぞれの思いにさせてくれるのです。    いい感じの本当に心地良い道たちに足を弾ませながら東山動植物園を出て東山スポーツセンター横の通り今度は「平和公園一万歩コース」へと入って参りましたが、コチラも東山とセットで何度も歩いているのですが全く初めてのコースを歩きました。



森林コースの中にポッカリと広いゴルフコースのような風景が広がりその端を歩きましたが、その先はとてもここが名古屋市内とは信じられないワイルドな道と景色でありました。     先頭付近を歩いていたパパはあまりの自然さに後ずさり・・・だってヘビ君がコンニチワなんてことになったら気絶してしまうし、可能性大で一人では絶対に通れない道たちなのです。
でもそんな会話もしていたら車も通る広い道に出て本日の昼食場所のパパママは始めて来ましたが「櫻の園」という公園に到着したのです。



メタセコイヤの大きな木の木陰に陣取りシートを広げお弁当タイムですが、今日は太陽の直射の場所と木陰では全く別世界で風の通るココに居るとお昼寝がしたくなるほどです。
メタセコイヤの木に実がなっているのを見てカメラを向けた空ですが、自然に抱かれ自然に包まれていることを実感のオレであります。   そして「天高くママ肥ゆる秋」の始まりの予感をする昼食風景ですが、ナニを食べても美味しい季節になりますネ〜



小1時間ほどの休憩でしたが午後のスタートとなりました。   そうそうずーとドコかでカキコしなくちゃって思っていたのに失礼しましたが今日の主任案内人は向井さん(先頭を歩く赤いタスキの方です)とオレンジタスキの中野さんです。  この季節にはモッテコイの木陰ウオークが出来るコースを上手に選定してくれました。     本日やっとキチンと名前を覚えた青長タオルの鴨井さんともいろいろお話しましたし、垂井の伊藤さんも居られましたが「奥の細道ウオーク」の話題は有りましたが、ユキちゃんたちの中仙道のことを聞き忘れてしまっていました・・・また次の機会に聞いちゃおう・・・デス!
そしてパパママは本日はマイカーで会場に来たのですがココからゴールの地下鉄自由ヶ丘駅までと、今朝公園駐車場に置いたままのマイカーのところまでが同じ距離だというので皆さんと別れて東山までのヘビの出ない道をテクテクして二人だけで戻りることにしました。
本日 12キロ 午前中に大半を歩き、適度な疲労感で過ごせた半日ウオークに近い楽しい時間でありました。
ではでは コレにてレポートを終えますが またミンナで歩きましょうネ〜



    目次に戻る