「第3回 青春の秀吉・名古屋ツーデーウオーク」2日目に参加  05年9月18日(日曜) 天気 晴れ  距離 20キロコース
20キロコース = 中村公園会場スタート 〜 豊公橋 〜 七宝焼アートビレッジ 〜 甚目寺観音 〜 萱津神社 〜 中村公園ゴール

さあぁ 二日目も更にピーカンの青空で雲を探すのが苦労するほどでしたが、またもやマイカーで会場に参りました。  初日と違いお手伝いも少なく朝の交通安全班とミナサマのお出迎えをタローおじさんやハイブリッジさんとご一緒にさせて頂きましたが、早い時間から元気な笑顔で続々と会場入りのウオーカーの方々でありました。
本日はパパがカメラを持っていますが、最近はママのほうがいい写真を撮るのでチョット心配しながらのパチリたちですが・・・朝の出合い記念の一枚目は2日間とも影の力持ち役の中山パパ・ママたちが荷物預かりをして頂いております。
そして昨日はお仕事だったカッパさんもお友達の鈴木さんとご一緒に会場入りでしたが、よっさん夫妻とのりちゃんや清水さんも入ってハイチーズ・・・ママの写真のほうが上手に撮っているようナ・・・気になるナ〜



カメラを持ってワイワイしてると二日目の開会式も始まりましたが、本日の「檄」は大田の親分でした。   開会式の真っ最中に参加者のミナサンに手渡しがしやすいようにこのスタッフたちミンナで準備をしましたが(下の写真です)上手に全員に手渡せますでしょうか?   飲み物とティッシュと筋肉痛のシップの三点セットですが「これを活用して本日も頑張って無事にゴールしてくださいネー」なのです。    さあぁ 先頭は八手亦さんが旗手をお勤めですが、みなさんの本日の健闘を祈りながら愛情も手渡しでアリマす。




今ココを 歩く仲間が 通ります 名古屋の思い出(重いで) 持って行ってネ

スタート印を受けて中村公園外周を回って会場を出ますが、のりちゃんにはタローおじさんが二本目の飲み物を差し出したのにご遠慮の慎ましやかな彼女をパチリとした図であります。   そして続々と会場を出る方々ですが昨日はスタッフだった愛歩仲間たちも「今日は歩くわよ〜」って言ってお元気です。   ママは2日間とも救護班ですが、パパは本日は解放状態ですので最後尾の方が出た後に20キロコースを先に行ったのりちゃんたちを追うことにしました。  おーい みんな〜 待たなくていいからゆっくり歩いてネ〜♪


2日目はパパも最近まで知らなかった愛西市(あいさいしと読み、市町村合併で新しい名前の市が誕生していました)や、津島市方面の愛知県西部を歩くコースでしたが、初日同様「30をベースに20・10キロコース」が設定されていました。   確か初回も2回目も同様のコースだったような記憶が有りますがスタッフの仕事が有った為、実際にこのコースを歩くのは今回が初めてなのです。
会場を出て豊公橋を通り庄内川を越えると名古屋市から外れて甚目寺町(じもくじちょう)になりますが、ちょっとハイスピードで歩いていたら「のりちゃんやカッパさん」をゲットでしたし、カッパさんのお友だち「明智の鈴木さん」ともノンビリとお話も出来ました。  更に行くと「東静の今村さん」とまたまた再会で、すいませんさんの話題や東静での月例会のお話もしましたし、秋田からバスで団体参加をされた皆さんからは「田沢湖ツーデーにも来て下さいネー」ってお誘いなども受けながらのいろいろな方々とのご一緒ウオークとなりました。



パパは今日は20にしようか30にしようか決めないままコースに出ましたが、20・30の分岐手前で出会った「トトロさん」や「石田さんご夫妻」や「弥富金魚の柴やん」も行くといい、一旦追い越したのりちゃんやカッパの堀さんたちも歩くという20キロコースに行く事にしました。   そして「見どころが無いナー」って思って歩いていると立派な「七宝焼アートビレッジ」という七宝焼きの展示販売や自分で作ることも出来るというところを通り拝観をしましたが、喫茶室が有り愛知名物のモーニングセットで一服をしたのでした。    トトロさんとは昨年1月の名古屋2Dで、明け方にコンビニでバッタリの初出合いをしたかめさんたちと一緒に出会っていたのですが、じっくりとお話しをして歩くのは初めてです。    石田さんご夫妻も初日ウオークスナップ写真を見てYKさんと親しいんだナーって思っていましたが、お話させていただくのはこれまた初めてなのでした。  そして柴やんはこの方々ととっくにお友達だし、のりちゃんもよく知っているらしい・・・友だちのわ(和・話・輪)って、実際に歩きながらだと一段と深くふかくなるんですネ〜
喫茶室を出てのコース上ですが、のりちゃんは鉄道マニアのダンナ様用に名鉄電車をパチリって楽しんでいましたデス。



福島正則公の菩提寺前も通り甚目寺観音様での山門前でも記念のパチリですが、瀬戸歩のメンバーが交通整理や道案内をしてくれていました。  境内では麩饅頭や月見団子が売られており芝やんにゴチソウになりましたが、境内を出たところの民家の木陰でどっかりと腰を下ろして、パパがヒエヒエビールをご一緒ウオークのミナサマにゴチソウをして大休止となったのです。
トトロさんはウオーク指導員の資格も持っておられるとのことですが「休憩中は靴を脱いで、正座をするように座るだけで足のストレッチになるんだよ」って教えてもらいミンナで行儀良く正座で天を向きビール君をゴックンなのでありました。



皆さん 暑さ負けのせいか食が進まない状態でしたが、そこに30キロコースを闊歩してきた三重の長岡さんもビール持参で加わり長めの一服を終えて再スタートとなりましたが、炎天猛暑にちょっと負けそうになっていた休憩前とは違う元気印で我々なのです。
更には手前の美和町文化会館で食事休憩をしているのを追い越していた金鯱グループも再度我々に追い付きニギニギしい集団歩行となっていました。



30・20・10キロコースの全員が通る萱津(かやつ)神社のチェックポイントではアイスコーヒーのサービスが有りましたが、大きなロックアイスが入っていて炎天の午後1時 本当に嬉しく美味しいゴチソウでありました。  残すところ後3キロとなり、いっ時はペースダウンで歩いたりもしましたが俄然元気にガンガンと歩き「コレは時速5キロかな?」「じゃあぁコレは6キロ?」などとスピード感も楽しむ歩きをしていたら朝スタート後に直ぐ渡った豊公橋に戻りましたが青空の向こうに名古屋駅のツインビルがいいロケーションの中に見えてきました。

    

楽しい仲間と20キロを歩かせて頂き気持ちのいい汗も流したりしましたが無事に午後二時前に中村公園会場に戻って、今日のウオーク仲間とのゴール記念をパチリとさせて頂きましたが、トトロさんとも親しくなり石田さんご夫妻とも仲良しになりました。   ママはまだ救護班の巡回で戻っていませんでしたが、時々電話でやり取りのパパママの会話からどんな二人か?わかって頂いたようです。   そして先に到着の西尾城主酒の神の大竹さんが頑張ったのりちゃんにエールのお出迎えですが「暑い中をよく頑張ったね〜」なのでありました。


会場入口ではゴールされる方々を出迎えておられた愛歩伊藤会長やヒゲおじさんにも入って頂き再度のゴール記念でしたが、2日目ということでそれぞれに足早に帰路につかれる遠方から参加のみなさまなのですが、またどこかでパパママ二人がセットで再会出来ることを期待して「サヨウナラそしてアリガトウ」でお別れをさせて頂きました。    のりちゃんはこの後O型台風さんと合流して「愛・地球博」に行かれると言う事でママが会場に戻るのを待っていつかの再会を願いつつ別れを惜しみながらもバイバ〜イなのでした。   その後は暑さのせいでお疲れ気味ながらも安堵の笑顔でゴールされるミナサマを精一杯の拍手でお迎えする役をして、お仕事を無事に終了した我々でした。
ではでは コレにて名古屋ツーデーのレポートを終えますが「自分が楽しむ事が一番で、そのことによって大勢の人が更に喜び楽しめる・・・ソレが最高の一番」って思って過ごした2日間なのでアリマしたデスますなのだヨ〜ン♪ バイビ〜



    目次に戻る