大阪・関西歩け歩け協会「第9回 新春なにわウオーク」に参加  06年1月3日(火曜) 天気 曇りのち晴れ  距離 28キロ
コース = 大阪城公園 〜 中央公会堂 〜 御堂筋 〜 大阪ドーム 〜 島屋西公園・USJ 〜 天保山渡し 〜 なみはや大橋 〜 千本松大橋 〜 住吉公園ゴール

1/3(火)今年の「初歩き」に年末から決めていたこのウオークにお出掛けですが、朝一番の新幹線に乗ってルンルン気分で「めざせ大阪!」なのでありました。    昨年も同じ時間の電車で移動出来たので安心をしていましたが予定通り新大阪からJRを乗り継ぎ、大阪駅では同じウオーカーの方も居られ大阪環状線も間違えることもなく無事に大阪城公園駅に到着出来ましたし、公園駅構内から大勢の案内スタッフにガイドされて会場入口近くで早速に受付をしましたが本日の一番目の出会い記念はやはりYKさんです。   年末から「行きますネ〜」って伝えてはいたものの、やはりナマ声とナマ顔を見てガッチリと手を握っての再会のご挨拶は格別のものです。  その様子を近くで見ておられたスタッフの方がすかさず「わたしがシャッターを押してあげますヨ!」って笑顔で三人での再会記念のパチリを撮って頂けたのでした。

更には会場の中に入って行くと本当に大勢の見知った方とご挨拶が続きましたがウシシシシのトミコさんが既に先着で居られたりガンコ者さんも善さんも上野さんもカッパさんも書き出すとキリが無いほど大勢の皆さんと笑顔の再会で有りました。
「本年もよろしくお願いしますネ〜」ってご挨拶や手袋を外して握手をしたりしながらワイワイとしていましたら、今日のゼッケンに名前を書いたのを目の前に差し出す笑顔が有りましたが今度は正真正銘の初出合いの「しーちゃん」でアリマした。   「ワーオ しーちゃんはこんな方なんだ〜」って一瞬思いましたが、でもそれも束の間で気ごころの知ったママのネットお友だちで、お互いにくっつたり離れたりしてはハイパチリってトミコさんも交えて写真のパチリ合戦になってしまいました。   その間にもワインちゃんや放生さんや中安さんを始め落雫会の皆さんや四国の高島君や次から次と新年のご挨拶と握手の連続でありました。
そこに「まだかな?どんな姿で来るのかな?」って思っていたメディックさんがマンガのマンマ??の雰囲気でパパママとの出会いや、お二人の生徒さんの初挑戦のウオークのお見送りの為にわざわざ会場まで足を運んで頂いたのです。   赤川次郎ファンクラブつながりからネットで知り合いになったママの大切なお友だちですが、ママの笑顔がコレまた初出合いの喜びをそのままに現れていますデス♪


パパママはウオーキングの仲間でもあり我が家からリンクしているお友達などもご紹介をしたりしていましたが、皆さん各自が名刺というものをお持ちでそれぞれにHPアドレスなどの書いたそれを交換をしたり、お互いに写真をパチリパチリのワイワイタイムの朝となりました。   そんな時間を過ごしていたらアッと言う間に開会式も始まりストレッチ体操などもしてウオークのスタートとなりメディックさんとの短い出会い時間も終わってしまいますがスタートも始まってミンナが移動をしている中を「ママとメディックファミリーさまたちの思い出の一枚」って、大阪城をバックに気合いを込めてのハイチーズなのでした(下のデカイのでハリコです)




「出会えたね ワクワクドキドキ したけれど 来て良かったね 大阪の町」 ママのネットお友だちと大阪城をバックに

見送りのメディックさんに何度も「バイバ〜イ・行ってきますネ〜」の手を振って「太陽の広場」を後にしましたが、ほぼ最後尾に近い中を前を行く大勢のウオーカーを眺めながら余裕の記念写真も撮りながらの楽しいウオークが始まりました。
周りには善さんや愛歩組のゆきさんやカッパの堀さんも同歩調で居てくれ、ガンコ者さんからは我々やトミコさん・しーちゃんのエスコート役をして頂き大阪市内のアレコレの説明なども自然体でして頂けて軽い歩調ながらもまあまあのスピードのウオークとなっております。


大阪城を抜けて中之島公園のバラ園も通り、ガンコ者さんに教えて頂いたライオン橋の下をくぐって中央公会堂も市役所や日銀などの古い建物の名前も教えて頂きながら御堂筋に入って行きます。
スタートから1時間弱、時々はトミコさんやしーちゃんの歩き方もチェックですが我々の前に軽いステップで出てはカメラを向けたり、町の風景を撮ったり信号機の地名表示もパチリなどと余裕の歩きに感心のパパなのです。


大阪ドーム手前で我が旧来の相棒だったデジカメ君をヒョンなことから落としてしまい拾い上げてビックリ!今まで何度も落としていたのですが丈夫なヤツで何ともなかったのに今回はカメラの胴体が開いてしまい口があいてしまっています。    オオゥなんて可哀相なことになってしまったのやら・・・でもぼやいても返らぬデジカメ君・・・パパの油断でゴメンね〜
そこで年末に購入した二代目デジカメ君の登場になりましたが、果たして掲示板上に上手に写真がハリコ出来るのだろうか??・・・不安だなぁ〜
長堀通りというところを通り大阪ドームまで来ましたが途中はトイレ休憩をホンのちょっとしただけで全く休憩らしい休憩もせずに9キロを歩いています。  長距離ウオークの自由歩行の場合は自分自身がシッカリと時間コントロールをしながら適時休憩を入れるのが良いのですが、前半はワリと体力も有りついつい休憩無しが当たり前のようになってしまっていますがお二人は大丈夫でしょうか?
九条通りのアーケード街でもトミコさんはまだ軽いステップで我々の先に行きカメラをコチラに向ける余裕が有るようですが、パパは小腹さえも空いて来てお店をキョロキョロしていたところ和菓子屋さんでドラ焼きが売っていて早速にミンナとも歩きながらのおやつタイムを致しました。


考えたら頑張って迷惑を掛けまいと思って歩いていたであろうトミコさんとしーちゃんですが、約3時間・13キロ近い距離をほとんど休憩無しで歩かせてしまいました。   パパはまたまたお腹が空いて来ましたが丁度良いところにラーメン屋さんが有り、しかも一杯180円なのでアリマす!早速にそこで休憩と昼食タイムにすることにしましたが、お店の気さくなお兄さんがシャッターを押してくれたりトミコさんが持参のオニギリもお店の中でラーメンと一緒に食べることを許可して頂き、ガンコ者さんやカッパさんもご一緒で全員でなかなか美味のラーメンとトミコさんのおにぎりでお食事となりました。   やっぱ今考えるとやっとこさの腰を下ろしての大休憩だったけど、初めてウオーク挑戦のお二人のことを思うと中間で同様の休憩をするべきだったよナ〜。。。(レポートをカキコしながら思っています お二人 ゴメンね〜)
でも食べ終えてお店を出ると既にアンカー班が店の外で待っていてくれて、ガンコ者さんのお知り合いでもあった為か笑顔でご一緒パチリにも入って頂けましたし、その後はかなりスピード調整をして後ろに下がって頂けましたデス。


昼食休憩を終えて横をユニバーサルスタジオ行きのユニークデザインの電車が通り道路向こうにはラスベガスを思い出すようなホテル群を眺めながら歩を進めますが、壁には昭和の写真展という映像写真がいっぱい並んでいました。    お腹が落ち着きチョット元気快復かな?っていう思いと、疲れて歩き方がチョット不自然かな?などとも思いながらお二人を見ていましたが、パパも昨年の1月のこのウオークでは前の週に徹夜で熱田から伊勢神宮まで歩いた後遺症で両足首がガタガタと悲鳴をあげていました。    あの時のことを思い返して「どうしょうか?」ってガンコ者さんともカッパさんともお話しをしましたが、USJでの16キロゴールポイントでは「無理しないでね」って言いながら「大丈夫です」って言うお二人に「天保山渡しの舟」にも乗ってもらいたいし「なみはや大橋」の上からの風景も見て欲しいナ〜って思いもあり、そのまま歩を進めることにしました。

USJポイントでは「くじ引き」が有り、全員して仲良く大当たりの五等でウエットテッシュが頂けましたが歩いているのとは訳が違う寒い中を我々の為に盛り上げて頂けているスタッフの方々と記念のパチリをしましたし、大阪の住人でもちろんUSJに入ったことがあるというお二人と一緒に思い出作りに入口まで行って撮った写真たちです。

USJ入口での記念スナップの写真を撮ってから天保山渡しの船着場に来ましたが、ママたち三人の女性陣は携帯電話から自分たちの掲示板に書き込みをする方法などを話題に会話を弾ませていましたが、初めての出会いだとか2回目の出会いだなんて信じられないほどです。
そして最後尾に近かったことも有りホンのちょっとの船の到着待ちでしたが、強風に揺れる桟橋を渡り上手に船を操る船頭さんの腕前に感心をしながらアッという間に安治川河口を渡って、もう二回目で驚かない公園の小山より低い本当の天保山という山?を通りはるかに高いなみはや大橋を登ります。





「大丈夫〜 無理しちゃダメだよ 言ってよね 二人の健闘 よく分かるから」

きっとこの橋に登る前に見えた橋の驚くほどの高さと全景に「腰が引けたのでは?」って思いましたが、強風にきれいにチリが飛ばされて良い具合に南からやや西に向きを変えた太陽君に上手に照らされた大阪市内のビル群や湾岸風景がクッキリと見えていてトミコさんもしーちゃんもことのほか感激のようです。
朝スタートの大阪城はビル達が邪魔で見えないようですが、午前中に歩いた大阪ドームもお昼過ぎのUSJもはっきり見えますし、通天閣も生駒の山並みもミンナみんなクッキリはっきりと見え見事なロケーションなのです。    大変にお疲れやら痛いやらの足腰だったと思いますが、お天気も最高でこの風景たちにその痛さも一瞬は忘れられたかもの風景でアリマした。
さあぁ コレを見ていただけたら大満足ですので後は橋を下りたらバスで移動にしましょうネ〜


 「無理をして 連れて来ちゃった なみはやの 上で見せたね ステキな笑顔を」

なみはや大橋を越えた後はパパが昨年リタイヤしたのと全く同じ場所のバス停から、女性軍三人様で難波経由で住吉大社まで移動をしてもらいましたがバスに乗った途端に爆睡の三人様だったそうです。
トミコさ〜ん しーちゃ〜ん お二人のウオーク距離は21.5キロだったんですヨ! しかも休憩もほとんど無く街なかウオークで五時間チョイはスゴイことですヨ〜
残ったガンコ者さんとカッパさんとパパはといえば、バスの出発を見送って全開ウオークとなり残り6.5キロを千本松のめがね大橋も一気に越えて1時間チョイで女性達と同着で住吉公園ゴールに到着を致しました。


通天閣の近くの昨年と同じお店にガンコ者さんがご案内をして頂けましたが、勝って知ったる一年振りのこのお店でパパはソースの二度付け禁止のお話も説明したりしましたが考えたら大阪の住人のトミコさんもしーちゃんもとっくにご存知だったかも?!
「アフターウオーク」と呼んだり「反省会」などと訳の分からぬ名前を付けての慰労会でしたが本当にお二人は良く頑張られましたし、ウオーク中とは違う色々なお話しも出来た楽しい1時間ほどを過ごして解散となりました。
カッパさんは翌日も関西の例会に参加とのことでトミコさんたちとJR方面へ行き、パパママはガンコ者さんの案内で難波から近鉄で帰りましたが安いキップを手に入れて頂き爆睡をして帰りました。
ではでは 一気に徹夜をしてカキコとハリコをしましたので、どなた様も読まれる気にもなれないと思いますがコレはパパママの思い出記録です。
つまみ食いの写真チラチラなどをされて楽しんでくだされば幸いですが、コレで安心してパパの仕事始めが迎えられるというものデスなのだダヨ〜ン!!    ホンじゃネ〜



    目次に戻る