「第4回 青春の秀吉・名古屋ツーデーウオーク」初目お手伝いの巻  06年4月8日(土曜) 天気 くもり・午後黄砂  距離 20キロ
4/9・20キロコースの矢印貼りのパパ = 中村公園会場 〜 黄金橋 〜 大須観音 〜 栄オアシス21 〜 徳川園 〜 名古屋城 〜 円頓寺商店街 〜 中村豊公園ゴール

4/8(土)陽が差す朝のお天気を見ながら6時過ぎにマイカーで家を出て、いつもの様にお決まりコースを40分ほど走って開会二時間前の7時ころに会場入りを致しましたが、既に準備万端で重役出勤のようなパパママでありました。
ニギニギしい緑色のスタッフジャンバーのミンナのどなたからパチリをしようかナ〜♪ですが先ずは我が愛歩の女性軍からにして、お次は「ヨッ大幹部〜」って言ったら真剣にママとダブルで怒られた我が愛歩のカンバン女優・福田女史と、先週の日曜もご一緒だった敦子さんも入って頂き「オッハーね〜」のパチリです。

更にはこれまた先週もご一緒だった歩仕事人さんと、同姓同名のお友だちつながりの東京の山田さん(04.11.27に登場)とも「まほろばウオーク」以来の再会でしたが△帽子を見せて無理やりに思い出させたパパでした。     さあぁ 朝の出会いたちをパチリパチリでご紹介が続きます・・ママと抱き合って再会を喜ぶのは同じ愛歩の近澤さんですがお互いにすれ違うと数ヶ月も会えない事も・・・でもオマエら、同じ愛知じゃ〜ん

コッチの写真も同じ愛歩仲間ですが、お遍路仲間もでもあり親しさが格別の名古屋近郊組みですし、そして外してはイケナイこのメンバーですが、縁の下の力持ちの最有力候補「荷物係り」の、ママからの返事が返せないメル友中山パパとそのママ(ペアルックで判りますでしょう〜)と、カッパさんと同郷の後藤さんと、黄色いのは先週も碧海幡豆でご一緒だった水野ママです。
聞くと二日間とも荷物番だそうですが、誰よりも一番大変で責任の重いお仕事なのです・・・ガンバッテね〜


ミンナにご登場頂いているとそれだけでこのレポートの半分以上を使ってしまいますのでハリコは断念しますが、ユキちゃ〜ん 垂井の伊藤さんに「もう直ぐですネ〜」って言ったらニマニマしていましたヨ〜
そうそうパパの朝のお仕事は「ハイ・コレです」が、見てください 大勢の参加者の皆さまに途中で一服などもして頂けるようにドリンクの用意組の面々ですが、配りやすいように上手にキレイに積んだでしょう〜(これはパパの努力が大半です・・・ホントだよ・絶対に・信じてよネ〜・・・)
そして開会式が終わりかけた時間に最近全国PRが行き届いている会の中安会長がパパママを見つけて来てくれましたのでご一緒パチリですが、そうこうしていると20・30キロ組がスタートして鼻の下を伸ばして(正しくは鼻の下のヒゲでした)嬉しそうに先頭の旗手をお勤めはゆきさんなのです。カッコいいよ〜 ヨッ大統領〜


本日初日はの30キロ組は昨年同様の津島神社行きのようですし、20キロコースは新設の清洲城方面を廻るコースのようです。
いまからおお大変のお土産配り組をパチリとして、パパはカメラを持って同時スタートで境内を出て右と左に分かれる皆さまをまたまたご紹介ですが、30キロコースに颯爽と会場を出て行く鶴田さんのうしろには先週のりちゃんとご一緒ウオークをしてくれ100円で24個入りのミカンをたらふくご馳走になった芝やんも居られます。


先日 本四国お遍路を三十数日で歩いたというパパたちと同じ小牧の住人のよっさん夫妻ですが「いつも一緒なのにナンで奥様もご一緒じゃあ?」って聞いたら「家を長期間留守にするのが心配だったから〜」って奥様のご説明でした。
今日はのんびりと20キロコースを行くようです・・・ガンバッテね〜〜
本当に素直でウレシイ時って人たちはナンてステキな笑顔になるんだろうか
今日のこの良き日にステキな面々との出会いを繰り返すことが出来るおのれ自身も嬉しい気持ちですが、その笑顔で足を運んで来てくれた皆さまにはもっと感謝デス。
きょんこちんともシッカリと顔見知りになりましたが、可愛過ぎるあのプログ(HP)のご本人をこれから時間を掛けてシッカリとリサーチしなくちゃ〜ってハイ・パチリです・・・半袖は寒くな・あ・い?


そして実は探していたおヒィーさんともお会い出来ましたが、薄墨で会って長島で会って本日もワーオの短いいっ時でしたが「さいか〜い!フォ〜」なのでしたデスますヨ〜ん(ナンじゃそりゃ)
更には愛歩だしお遍路仲間の常滑の鶴田ママと瀬戸歩の柴田さんですがイイ笑顔で20キロを行かれるとのコトです。


まだまだ続くスタート組ですが、久々の出会い(昨年の一宮七夕以来)の橋田のおぼっちゃまと西尾城主酒の神の大竹さんが20キロを行きますがどんな道中になるのでしょうか?・・・パパもご一緒をしたいほどデス。
そして第7次中山道ユキちゃん隊コースリーダーの伊藤さんはドッチに行くのかナ〜?
スタートのワイワイも最後の人も出て行ってママたちドリンク配り班のところに戻って行くとトントンと背中を叩いて声を掛けてくれる方が・・・おおぅ 因(ちなみ)さ〜〜ん〜
パパママのことを覚えてくれていた事も嬉しかったけど、滋賀のふーみんさんが「滋賀の宝です」って教えてくれた因みさんがお元気で参加されていることにも感激でした。
何キロ歩くの〜?って聞いたら「10キロだけど今から行かなくちゃゴールに戻れないからネ〜」ってやさしい笑顔で仰って「それでは私がご一緒を」って日歩の石田さんという方がエスコートをさてスタートをされました。


ミンナを送り出してパパたちも今から明日の名古屋市内コースの矢印シールを貼りに行きますが、カメラをママに渡して出掛けると前の仲間と左は本日ママとご一緒の救護班ドライバーの天野さんで、シール貼り組はその隣りのパパを入れた3人ですが碧海・幡豆でご一緒の刈谷の加藤さんと碧海会長の小森さんをママが渡したカメラでパチリです。
パパたちの担当区域は20・30の分岐点から名古屋城・能楽堂までですが、全コースの再チェックも兼ねてイザ出発となりました。

ココからは別行動のママにカメラを預けましたが・・・アレレ・レ〜 さっき因さんとご一緒にって言ってた石田さんが10キロの開会式でご挨拶をされていますネー  後から追いかけて行くのかナ〜??


10・ファミリー(5)キロコースのスタートも終えママカメラはホッコリの愛歩幹部連をパチリのようですが、兎にも角にも緑がまぶしいけど、阿部副会長は片岡さんの肩をシッカリ抱いてだし、ヒゲおじさんも渡部さんとのツーショットなのです。
そしてママたちの巡回も始まったようで新川沿いの鯉のぼりを捉えていました。


これは清洲城のヒトコマで天野さんに撮ってもらったそうですが「そんな格好でいいのかね〜って言って、なかなかシャッターを押してくれないのヨ〜」ってママの説明でしたし、荒子観音ではスタッフの鬼頭さんと本日はウオークをしている寺さんもご一緒に撮り、広島の善さんも捉えているお昼過ぎのようでした。
パパたちは9時半ころに一時空が暗くなり10分程でしたが強風とスコールのような雨をビルの階段下に避けておやつ休憩をして、順調に作業を進め丁度お昼ご飯にうどん屋さんに入った時間だったでしょうかネ〜


最初の写真はパパのバンザイポーズですが、四時過ぎに翌日名古屋コースの矢印マークを貼り付けて戻ってきたところをママが迎えてくれました。
ハイブリッジさんとコース責任者のタローおじさんは昨日貼った30キロコースの巡回をされて、パパと小森さんと刈谷の加藤さん(午後の用事でお昼に栄で帰られた)の三人はぺタコ・ぺタコを繰り返していて20・30キロの合流点からは上手に連絡しあって合流して四人一緒にペタコ・ペタコをして歩きました。
直進や曲がり角など貼る場所や高さにも注意が必要ですし視認性と目線を考えながらワイワイと順調な作業を進めて無事に会場に戻ってきた我々です。
そうそう 朝の10時前頃だったでしょうか?天気予報通りではありますが、ミンナが歩きに出掛けた方向の西の空が一気に暗くなり大須観音近くのビルの階段に避難しましたが15分ほどスゴイ風雨が有りました。  本日参加のウオーカーの心配もしたりしましたが、パパは持参の饅頭をミンナにも食べて頂き「良いおやつタイムだね」って言っていましたら直ぐに西の空が明るくなり雨も上がってくれました。
でもその後は暖かかった空気から冷たい空気に入れ替わり強風と黄砂で近くのビルもかすむほどの一日となってしまいました。

会場に戻った時には参加者もほぼ帰った後のようで遅めのゴールをされる方を出迎えたり会場スタッフミンナで集合写真を撮ったりのひと時であります。




心地よい 疲労の中に 満足の 色を浮べる 愛歩仲間と

パパたちが明日のコースの前準備から帰ってきた後も全てママカメラマンが撮影ですが、コレたちもママカメラマンのパチリたちです。
まだまだお仕事をするパパたちですが、今夜は無人となるため一旦はその場でお片付けでこのテントたたみ作業の指揮者ももちろん口八丁手八丁のパパが仕切ってチョチョイのチョイなのだヨ〜ン!・・・って言うワリにはへっぴり腰でしょうか?!


ほら 上手に畳んで今夜は風が有っても安心でしょう〜
今朝は旗手もやり35キロコースのアンカーもしていたゆきさんたちが戻って完全お開きとなりますが、長くもありアッという間に過ぎた一日をウオーカーの皆さんは楽しく過ごして頂けたのでしょうか?
パパママはマイカーで帰路に付き、自宅近くの定番の天ぷら屋で夕食も済ませて、お風呂で黄砂と汗で汚れた体もキレイにして爆睡街道まっしぐらと相成りましたなのデスよ〜ん


    

  二日目につづく   目次に戻る