(ママ)\(^ー^)≪★祝☆ 第7次中山道ウオーク ユキちゃん隊! ☆祝★≫(^ー^)/(パパ)

       名前:竹樋パパ    日付:5月8日(月) 6時37分

      パパはあまり詳しく有りませんが伊能ウオークがご縁で始まったという「中仙道」を歩く方々が居られます。
      そして今回は「第7次」ということだそうで札幌のユキちゃんが隊長となって明日(5/9)東京の日本橋をスタートされ
      京都を目指します。
      今回は塩尻近くの洗馬(せば)というところまで11日間の日程だそうで、この秋にも後半を歩かれ京都を目指されると
      いう事ですが無事の完歩を祈っている今朝のパパママです。

      隊長のユキちゃん(札幌)も、脇をガードのえっちゃん(函館)も今朝の飛行機で東京入りだそうですが
      コースリーダーはこれまたよく知っている垂井の伊藤さん(岐阜)がお努めだそうですし、かめさん(東京)や
      オッパーさん(埼玉)や速報班のゆきさん(愛知)も善さん(広島)もご参加のようです。
      他にも見知らぬ方々が大勢ご参加のようですが、どうかミナサマ ユキちゃん隊長をシッカリとサポートお願いしますネ〜
      「第7次中仙道ウオーク・ユキちゃん隊」のご無事を成功を愛知・小牧からパパママ二人してお祈り致します。

                
     「ユキちゃん隊 足弾ませて 中仙道 風に吹かれて 並ぶゼッケン」

    民宿から

      名前:ユキちゃん    日付:5月8日(月) 21時14分

     今晩は、パパさんのカキコを見て、ウルウルのユキちゃん、えっちゃんです。
     前夜祭を民宿のオーナーが盛り上げてくださっています。 どうぞ、道中の応援よろしくお願い申し上げます。


「第7次中山道ウオーク ユキちゃん隊の四日目 追っかけウオーク」に参加  06年5月12日(金曜) 天気 晴れ  距離 28キロ

パパママのこころの中で是非ともユキちゃん隊の「追っかけウオーク」というものに参加したいと、実は以前から決めていて5/12・13の土・日に参加することをナイショで隊長のユキちゃんと脇をガードのえっちゃんにだけは伝えていたのですが、5/11(木)の仕事が順調だったことも有り5/12(金)は予定通り休めることになりました。
そして家に帰ると現地のユキちゃんからも「明日の夜には会えるかしら?」って電話も有り「明日は何時ごろ出ましょうかネ〜」って会話になったのですが・・・

 ・・・明日の予定を見ると「熊谷」スタート・フムフム・ナヌナヌ・・ウ・ウ〜・・・イシシシ・・・ウシシシ・シ

そして日が変わった午前一時過ぎには慌てるように車に荷物を詰め込み「イザ・出発〜♪」でしたが、夜中の中央ハイウエィを走り、長野道を走る頃には中央アルプス越しの空が明るくなってきて「希望の光」のように感じたものです。
見知った参加者の方々を驚かすためにナイショにしていた今回でしたが、その一端を担いでいたユキちゃんやえっちゃんまでもを驚かすことになるなんてウハウハのパパです。
完全に夜が明けたころには上越ハイウエィで碓氷峠を越えて、予約をしていた高崎のホテルに朝五時半に到着できました。

マイカーを預けてユキちゃんに参加できるかどうかも分からなかった頃に送って頂いた手縫いのゼッケンを付けてルンルンで電車で熊谷に移動しましたが「集合場所はどこだろう」ってキョロキョロしているとナナ・ナント かめさん発見!
驚くかめさんをバッチシのウシシシシなのでありますデスヨ〜ン





「重責と 歩友やアレコレ 思いつつ 北国の冬 縫ったゼッケン」


かめさんと集合場所に行くと朝の打合せをしているユキちゃん隊長を発見でしたが、見てくださいこの顔を!
「ユキちゃんがこんな顔になるのでは!」って、ニマニマで夜通し寝ずにマイカーを走らせて来たパパでしたが、ウシシシ・シで心の中でガッツ!です。
そしてえっちゃんもコースリーダー垂井の伊藤さんもミンナミンナ、見知った方々を驚かせることが出来て初志貫徹!?(なんじゃ・それ)のパパでした。 わ〜い〜〜


駅前で出会い記念のパチリパチリを繰り返していましたが、出発式は駅近くの「星渓園」というところへ移動をして飛び入り参加のパパママも皆さんに紹介をして頂きました。     きっと中山道だけじゃなくてステキな歩きを全国や世界中で繰り広げているであろうステキな空気の方々と初めての方もいましたが、ユキちゃんたちや敦子さんからも何度もお話に聞いた「下宿の家主・嶋さん」ともお会いできました!・・・敦子さ〜ん 嶋さんと会えましたヨ〜♪〜

突然に参加をしたパパママは見知った方々を驚かせることに大成功をして、初めて出会ったミナサマには揃いの服と△帽子のこの二人は誰じゃいな?って思われたかもですが、お一人お一人ともユキちゃんやえっちゃんのご縁で参加をさせて頂いたことをご挨拶をさせて頂きました。
毎朝スタート時に朝のミーティングをやられるようですが、オッパーさんの点呼と伊藤さんのコース説明やユキちゃんから当日参加の方々の紹介も有り、ストレッチも交代でしましたが今朝は善さんがご担当でした。


パパは熊谷の町は仕事の関係で頻繁に来ていた時期があり駅周辺は詳しいつもりでしたが知らなかった「星渓園というお屋敷の中も拝見させて頂きましたが、この中の池は江戸末期に直ぐそばを流れる荒川の大氾濫で出来たものをそのまま残して庭園にしたそうですが上手に手入れがしてありました。
境内でも驚いて頂いたかめさんやオッパーさんやゆきさんともコッチャ・コッチャーって変な掛け声で写真を撮りましたが韓国語で「歩け歩け」って意味だそうです。     ママの隣りのパパたちと同じ△帽子の方は最近かめさんチでも書き込みのあるハット中村さんですが「ヘエェエ〜この方ですか〜・・・?!」って嬉しいパパです。

何回も何回も「ホントにおどろいた〜」って言う伊藤さんが先頭で、今日は熊谷宿から本庄宿まで歩きますがどんな中山道でしょうか?




歩道橋の上を歩くミンナに止まってもらってパチリをしましたが、この方々のお一人お一人ともチョットづつ声も掛けて頂き
会話もして頂いたりして歩が進みますが笑顔が返ってくる仲となってきました。

快調に歩が進み伊藤リーダーのご案内で途中のコンビニで昼食お弁当の確保もして、深谷駅前のロータリーで昼食休憩となりましたが渋沢栄一という実業家の生誕地でいろいろな事業を起したひとつに「レンガ製造」もあったそうですが、それが由縁で東京駅を真似て最近建てたということですが、立派過ぎで日本じゃないような感じのレンガ造りの駅でした。   さあぁお昼ごはんはユキちゃんやえっちゃんとご一緒ですヨ〜

ママがお昼休憩中に撮った写真たちですが左の一枚は6万キロを歩いたというiモードのかめさんでココでも携帯を握ったままですが、マイカーのオデッセィを住居として伊能ウオークのおっかけ隊を二年間も続けられた方です。
そして初めてお会いした斉藤さんですが、第二次・渡部園子隊の時からサポート役として歩かれた中山道だそうで当時は本当に少人数で、時には園子さんと二人で歩いたこともあったそうです。
真ん中写真の代々バトンのように引き継がれた△帽子を、本日かぶる大役をされている北海道から参加の菅さんですが、第7次ユキちゃん隊は女性隊として隊長がかぶるこの帽子を「参加の女性陣たちが交代でこれをかぶって京都まで行こう!」ってユキちゃん隊長の発案で今回は毎日交代だそうです。
その菅さんにくっつくようにしている嶋文子さんのことをパパは「下宿のオーナー」ってユキちゃんや敦子さんたちに教えてもらっていましたが一緒に歩きながらお話を聞いて初めて伊能ウオークの本部隊員だったと知りました。
嶋さんからはこのウオークが始まった元の韓国から参加の金さんのことをいろいろ熱く語っていただけましたが、彼の人間性の素晴らしさや優しさなどを自分のことのようにお話してもらいました。
エピソードとして話してもらった話をひとつ・・・拙い日本語を覚えるために伊能に全国各地から参加の誰を先生にして日本語を覚えたら正しい日本語を覚えられるのか、いろいろ地方色の強い言葉を避けて京都の公家言葉のようなお話をする方を真似て覚えたそうですが、ある日靴の紐がほどけている人に「お靴のお紐がほどけていますよ」って教えてあげたら、言われた人が「そんな丁寧な日本語は生まれて此の方聞いたことがナイ」と大笑いされたそうです・・・きっと真剣で真面目な方なんだよネ〜
右の写真は韓国友情ウオークのHPでも何度も拝見していました遠藤さんと、お名前は忘れたけど明るく気さくに声を掛けていただいた名前はナンだっけナー??





中山道ウオーク・四日目 昼食後の集合写真(ゆきさんも撮影側でした)

午後のスタートをして中宿歴史公園というところでも休憩をしましたが、ユキちゃん隊長とえっちゃん福隊長とコースリーダーの伊藤さんの三人がお揃い帽子なのをお気付きでしょうか・・・三人お揃いの帽子はこの3月の薄墨桜浪漫ウオークに愛知に来られたユキちゃん・えっちゃんが名古屋で今回の為に3人分お揃えになったものです・・・ステキな色で中山道にお似合いでしょう〜♪〜
横のオッパーさんは韓国のウオークの帽子をかぶっていますが、本庄が勤務場所だというあのあのさんに電話を入れていました。「あのあのさ〜ん もしもし ああぁ あのあのさ〜ん オッパーだけどさー・・・」パパはコレを聞いていて吹き出してしまいました・・・ネットのハンネで呼び合う人たちは楽し過ぎます。

深谷はネギの産地だそうでその畑でお仕事をする方に手を振り声を掛ける我々ですが、誰かが教えてくれたお話では白髪ネギとも呼ばれている細いネギなのだそうで、関東ローム層の肥沃な土で手入れもされて元気に育っています。





伊藤リーダーのお陰で知らない道もドンドンと歩が進みます。

オッパーさんが電話で「本庄に入りましたよ」って電話をしたら、仕事を早退して我々のところまで来てくれたあのあのさんですが、左のスーツ姿がその出合った時の現場写真?です。      最初ご本人は「塚本青年」と名乗っていたそうですがクラブウオークの仲間たちと話が弾むうちにミンナが「あのあのさん」って名前を変えてしまったそうで、今はご本人も「あのあの、私があのあのです」って仰っておられます。
そして一緒に本庄の駅まで歩きましたが駅手前のコンビニで冷たいビールで本日のゴール祝いをした我々でした


初日から参加だったという埼玉の阿部さんが本庄宿にゴールをしてお別れとなりましたが、優しさの空気がいっぱいの方でミンナは安倍かめさんと間違えないように「大きいアベサン」って呼んでいました。    そのうち誰かが「真面目なアベサン」とも呼ぶようになり安倍かめさんは「アッチは大きくて真面目でオレは小さくてフマジメかよ〜・・・」って嬉しそうにボヤいていましたが、右写真が本日解散の本庄駅前で撮った一枚です。
真ん中に「大きくてマジメなアベサン」と隣りに「小さくてフマジメなアベかめさん」に並んでもらいましたが、安倍かめさんは本当にほんとうは立派で日本を代表するようなステキなウオーカーなのです・・・ってフマジメなオレが言っても信じてもらえないだろうか?!?

この後はミナサマは予定通りのお宿に戻られ、パパママも今朝マイカーをお預けした高崎のアパホテルという所に戻りましたが、ホテルの温泉に入って駅前で食事も済ませましたが前夜の徹夜ドライブのせいで爆睡となったワタクシたちでしたデス。
無理をして来てユキちゃんやえっちゃんまでもを驚かせてウシシシ・シ〜・・・ってニマニマの顔のまま・・・ZZzZZzzz〜〜。。。


    
 二日目につづく   目次に戻る