名城カウントダウン2010 「名古屋史跡散策ウオーク」のお手伝いの一歩たち 06年9月24日(日曜) 天気 晴れ 距離 10キロ
コース = 中日新聞本社スタート 〜 名古屋市官庁街 〜 市政博物館 〜 メガネのキクチ 〜 徳川園 〜 名古屋城ゴール

9/24(日)もバーモントウオークに続いて愛歩のお手伝いで朝8時に中日新聞本社前広場に集合とのご指示の有った前日でアリマしたが「今頃はカッパの堀さんと恵那で合流して車中だったかも」と女々しい事を思いながら「アリババさんとも会いたかったわネ〜」などと諏訪湖ウオークへの後ろ髪を引かれながらも定刻通りに会場に到着です。
本日のウオークは中日新聞(地元紙)などが主催で「イベントの冠」がいっぱいなのでした。

   1.愛地球博閉幕1周年記念事業 ・・・昨年愛知県で開催された世界博覧会を記念して
   2.名城カウントダウン2010    ・・・名古屋城築城400年祭を四年後に控えたプレイベント
   3.中日新聞社 社創120年    ・・・新聞社に創立という言葉が適切かどうかですが120年記念だそうです

そんな中を今年は初めての出会いかもですが星野さんご夫妻とも再会が出来たし高蔵寺の加藤さんともお久し振りの再会となった本日でしたが、懐かしさと来て良かった!って思いの交錯する朝のいっ時なのでした。


まだ参加者がぞくぞくと受付をしている隅でミーティングが始りましたが本日も愛歩城の三役揃い踏みで奥田大家老から「皆の衆、よう参集くだされて かたじけない ココに愛歩城有りの気概で今日も一日頼みますぞ〜」ってなったのですが、重鎮の三役を含めて全員が交通安全の立ち番やアンカーなどと現場仕事の本日です。
聞けば本日のこのイベントウオークもハガキによる事前申込みと抽選により参加者数の制限をしたそうで本日の参加者は1000人ほどだそうですが、応募自体はその倍ほども有ったとの事で愛歩主催のウオーク大会への集客?に悩む方々にとっては一考を要する事実だとも思います。




さあぁ 我々は開会式はもちろん まだ続々と会場入りをする参加者と交差するようにして
お仕事ポイントへと移動なのですヨ〜ン


「上空には新聞社のヘリコプターが飛来して上空から花束を落として本日のウオークを祝うのだ」って聞いた集合場所での開会式の模様なども興味津々だったのですが、参加者の集合よりも早い8時半過ぎには下見を兼ねてコース上に出た我々です。
愛知県の官庁街を通り明治期の建築だという市役所庁舎をバックに記念のパチリなどもして「わたしの持ち場はココなのよ」って言うタローおじさんの早苗ママとも「頑張ってね!記念」のパチリもして担当場所へと移動が進みます。





各スタッフが各々所定の場所に向かいましたので全員ではアリマせんが
久々のMamuさんの
緑のスタッフ帽子が「ひと際キレイ過ぎだ」とミンナからからかわれていたひと時です。

コース途中には本日のウオークのスポンサー企業でもある「キクチメガネ」本店前も通るコースになっていて、立ち寄らぬワケにはいかぬワタクシが店内も覗かせて頂きましたが入ったところにメガネの歴史資料や写真なども展示されていてコレを見るだけでも寄らせて頂く甲斐があるというアレコレなのでした。
操業は大正期だといいココが本店で中部地方を中心に関東まで150店舗を構えるメガネ屋さんの「キクチ」だそうですが「私も定年になったらウオーキングでもしてみようかな」って仰る店長さんも交えて、もちろん「さあさあぁ・記念ね〜」ってパパが言ったら「イエイエ・ワタクシが!」って流石にお客さま商売の営業の方に逆にパチリをしてもらっちゃいましたデス・・・でも上の看板も切れてるし人物もセンターではナイ・・・


パパママは同じポイントでの道案内という指示でしたが時間に余裕が有ったので徳川園まで行ってみたところ、徳川園正面出入口の信号の無い歩道を渡る場所に誰もスタッフの配置が無いことが分かり、ママも「ワタシがココに立っていましょうか〜」って言ってくれていたのですが、振り向くと本日参加のウオーカーが既に目の前に来るでは有りませんか!
そこをママにお願いをして先頭の方々を案内しながら自分の持ち場に戻ったのですが、パパの所は楽チンで「ママ一人であそこは大丈夫かな〜」って気になっていましたがその後は続々と来るウオーカーに身動きが出来なくなったワタクシです。
ママが一人で黄旗を持って頑張っていたことに気が付いて頂いた愛歩城主の伊藤会長が、近くの持ち場に居たヒゲおじさんに応援をお願いして会長自身もママと交代となり、ママはその場から解放をされカメラマンを始めました。


最初のウオーカーが来られたのが9時半ころでしたが、よくよく考えると9時からの開会式だったようでフライングスタートをした人たちのようです。
たかが10キロほどのウオークで開会式も待たずにスタートして、史跡散策とのテーマにもわき目も振らず「一番でのゴールを目標に」ってのには笑ってしまいますが、ゴール締め切りが午後2時というのに1時近くに残り4キロほどのパパ達のポイントの前をダラダラと歩いている方々や近くの飲食店でどっかりとご飯中っていう人にも驚いてしまいます。
でも無作為の抽選に当たって参加された1000人もの方々だとそのような方々が居ても「已む無し」なのでしょうが、ほとんどの皆さんは楽しくステキなウオークで過ごしておられアンカーも来て我々も4時間近い立ちんぼからようやく解放をされました。

本日のお仕事は以上の通りでしたので史跡散策や名古屋城の写真も有りませんが、アンカーの更に最後尾から矢印表示の撤収などをされていたタローおじさんと太田の親分コンビもゴールをされてフィニッシュとなりました。

最後はゴール受付をされていた中日新聞のスタッフの方々とも記念のパチリをして、お昼ご飯を食べる間も無かった全員で能楽堂のレストランで遅い昼食をして解散となり帰路へとついた愛歩城の面々です。
ご活躍の愛歩のミナサマ 2日間お疲れ様でしたネ〜・・・って、足軽パパにはどってナイ2日間でしたヨ〜ン ではでは




    目次に戻る