愛歩1月例会「名古屋市内・天満宮巡りと熱田神宮初詣でウオーク」の一歩たち 07年1月21日(日曜) 天気 薄曇り 距離 19キロ
コース = JR中央本線・大曽根駅 山田天満宮スタート 〜 名古屋ドーム 〜 上野天満宮 〜 桜天神社 〜 白川公園(昼食) 〜 大須観音 〜 熱田神宮ゴール

1/21(日)は前夜の曇り空が放射冷却を抑えたことも有ってか本当に暖かい空気の中を中央線・大曽根駅を下車して着いた「山田天満宮」でした。
人とは勝手なもので学問の神さまに一生懸命お参りをしたりお守りやお札を頂いたりもした我が子の受験期を通り過ぎてしまうと両手を合わせたお参りにも熱が入りませんが、センター試験に向う子どもたちや受験を控えた親御さんにとっては幾らでも手を合わせたいこの時期だと思います。
その山田天満宮に前日の中日新聞や名古屋市内のタウン紙に愛歩例会の案内が出たことも有ってか大勢の参加者で溢れた境内なのでした。
余りに周りが大人数過ぎて反ってコジンマリとした初出合い写真たちになってしまいましたが、垂井の伊藤さんや今年初めてのメガネ君や受付をしている須田ママと多恵子さんや睦子さんとも久々に新年のご挨拶をさせて頂く朝です。


新年の伊藤会長ご挨拶も天満宮の境内ということで手短でしたし、咲き出した梅の花を眺めながらのストレッチも伸びた若芽のついた枝に注意をはらってカッパの堀さんの横のストレッチママはご覧の通りです。
パパは参加者数だとかは気にしないしカキコもあまりしないんだけど今日は300名超だといい、コースリーダーや旗手の先頭が動き出した9時ころから、パパたち黄旗安全班は1ヶ所毎のお仕事に時間の掛かる長蛇の列となっていました。


先ずは「山田天満宮」を出て、昨年はセ・リーグ日本一を飾った我がママDゴンズ君たちのホームグランドである名古屋ドームに参りましたが、エントランスを中ほどの外野側で列詰めトイレ休憩となりました。
今年も既に熱田・伊勢Wで新年のご挨拶をした方もいっぱいですが、ユキちゃんからの伝言の理事の原田さんのことを伝えた橋本姫や、来月からまた始るお遍路の先達を務めて頂ける木村の姐御(パパママは今年の初出合いデス)や岩田さんたちとも出会い記念のパチリをさせて頂きます。


パパママは地元歩きを中心として過ごしている日々で関西などに出掛けた数少ない経験からですが、主催団体のスタッフたちが前を固めてスタートして曲がり角や危険な歩道などで一人づづ抜けて要所の安全確保やコースの案内をして頂ける・・・その仕事で一旦散ったスタッフたちも全員が通過してアンカーが来るのを確認してミンナと一緒に歩を進め、それを休憩の度などに隊列を整え直してゴールフィニッシュまで繰り返す。
団体によっては更に前を行く斥候役の方が居られたり先頭スタッフの方が矢印シールを随時その場で貼り付けてアンカーたちが回収をしていくというスグレ技を使っておられるところも有るようです。
現在の愛歩役員会の運営会議は現役組では出席が困難な平日の夕方からが多くてパパは名前だけの役員のようなものですが、何かの打合せが既に有ったのか前記のような運営に近い形がとられるようになり一般参加の方が多い本日の様な例会ではモッテコイの形で歩が進んでいます。
本日のコースリーダーはタローおじさんと黒メガネの小林さんで、旗手は「今日は無風でイイね〜」っていう後藤粛さんが旗手を務めて快調な歩が進みます。
でも快調過ぎて本来曲がるべき道を真っ直ぐ行ってしまい一本隣の道をUターンするようにして(後続組は気が付いて戻る我々の先を横道から続々なのでした)歩いていたら「昨日は喜寿を祝ってもらったの」って言う愛歩役員の大先輩の片岡さん(チェックのベスト)ですが、歩きながらも周りのミンナで祝福のいっ時なのでした。


名古屋ドームを出て東に向かい天満緑道というところに入る手前を左に曲がって「上野天満宮」だったのを、大勢過ぎる参加者の後押しが過ぎたのか勢い余って直進してしまいかなり行ってから一本隣の道をUターンでしたが知らぬ人は気付かず(オレもでした)に無事に二番目の上野天満宮へとやって参りました。
コチラももちろん天満宮さまですので祀るのは菅原道真公ですし学問の神様として、お参りに来られる方を見ていると「あれはお子さんのためかな」とか「こっちはお孫さんのためですネ」って受験期の本人以上に熱い思いで合格祈願のお参りをされ、木のこけしに入れたおみくじを引いては更にそのこけしを境内に飾り更にお参りを繰り返されておられました。
この土日は全国一斉のセンター試験もなされていたようですが、穏やかなお天気に先ずはヤレヤレなのだと思います。


名古屋ドームでもそうでしたが上野天満宮でも大人数の参加者が少ないトイレに行列をして微妙に全体の予定時間が狂い始めていていましたので、先ほど間違えて直進した天満緑道をもう一度進み予定の「覚王山日泰寺」は「初弘法」の本日だそうで大混雑だったのでココは寄らずに通過です。
その大きなお寺の立派な五重の塔と咲いてもおかしくない陽気の桜の木々をバックに堀田パパやスタッフでいそがしい吉田さんも上手に入れてハイチーズなのですが桜の時期だとイイかもネ〜


予定時間を超過となって長蛇の列を引っ張って行く先頭は初弘法で混雑する覚王山日泰寺をとばして一路西進で、名古屋ツーデーでも通ったカトリック布池教会を眺めながらアリババさんの住む諏訪方面を通って長野につながる国道19号線を越えて、更には高山方面から富山に通じる国道41号線も横断をしてテレビ塔の有る久屋大通り公園を抜けて・・・フウ〜・・・曲がって曲がってやって来たのが本日三つ目の桜天神と呼ばれている「桜天神社」なのでアリマしたデスヨ〜ン。
菅原道真公が祭神のここは「昔は広りゃあ境内で桜の大木がいっぱい繁っとったもんだで」って教えてくれる方がいましたが、名古屋の中心街で土地を周りを大きなビルたちに取られてしまったのか、今はコンクリートの壁たちに囲まれて何気に歩いていると気付かぬほどの小さな間口の桜天神なのでした(ここの道真公はスリムかも)


人が集まれるスペースのない桜天神前に列を止めることも出来ず進む先頭集団にガードスタッフも不在となってしまいましたが、何とか無事に計画時間通りに12時半にショート13キロコースのゴールでも有り昼食休憩場所でもある白川公園へと到着となりました。
パパママはお弁当を持たず白川公園が昼食場所だという事前の情報に近くの和食のお店に入ってペコペコとなったお腹を満たしてきましたが、食事を終えて公園に戻ると「ショートで帰った人も多いから昼からは楽かもね」って仰る本日リーダーのタローおじさんと早苗ママのところでもう一度一服のママをパチリです。


そして食後に愛歩シリーズウオーク完歩表彰では鈴木さんの奥さまたちに達成記念品が贈られましたが、見ると愛歩報道班のヒゲおじさんたちに交じってメガネ君もパチリとしていてそれ等の全体をパチリのワタクシなのです。
さあぁ午後1時半、残り6キロほどですが再度隊列を整えてお二人のリーダーと旗手や役員スタッフが前を固めて動き出しましたが「目指せ熱田さん」デスよ〜ん


全く寒くない白川公園で食事も終えて動き出した午後1時半、伏見通りを南下して大須観音の境内を通って混雑の仁王門通りも通り途中から右に曲がるとパパは初めてでしたが「英国寺」というキリシタン迫害の霊を祭っているというお寺も案内をして頂けましたが隊列が動いたままでしたのでまたじっくりと見学をさせて頂きたいと思います。
そして直ぐ隣りの東本願寺・名古屋別院でトイレ休憩ですが、残りは4キロを割りここまで来れば終わったもおんなじでヤレヤレのお参りや大一服もした境内の皆さまです。





東本願寺別院を出て歩が進みますが、今回のウオークは先頭を上手に
黄旗班のヒゲおじさんや吉田さんやゆきさんなどなど大勢のスタッフが前を固めて安全に配慮をした体制で
後藤粛さんの旗手振りも板に付いてきた持ち方となり旗の立て方も形がきれいになっています。


街を走る車や町並みのお店の中からも「アレは何の行進じゃ」ってジロジロもされ愛歩旗の文字を読み取り「へえぇ〜ウオーキングなんだ〜」って感心やら驚かれたりもしますがちょっと新聞やタウン誌に紹介をされるだけで初めてご参加の方も大勢来られる・・・パパも前日の中日新聞の「愛歩ウオーク紹介の記事」を見ましたが載った場所も目に付きやすい位置でしたし、今回の「名古屋三大天神巡りと熱田神宮初詣で」という企画も興味を引き、何と言っても穏やかで暖かいお天気が味方してくれた本日かもデス。
途中で高座神社にも寄りましたが無事に午後3時に熱田神宮西門に到着をして一旦はアンカー到着まで全員が待って、揃って本殿で今年一年のウオークの無事を祈った愛歩例会19キロなのでした。




    目次に戻る