第13回 知多新四国88カ寺 お遍路ウオーク 1日目

         期間 = 2007年2月10日〜6月23日まで10回に分けて基本日程は「第二・第四土曜日」開催
         運営 = 愛知県ウオーキング協会  世話役幹事のみなさん 大代表は奥田さん

  一番札所から九カ寺を巡拝  07年2月10日(土曜)  天気 晴れ  歩行距離 19キロ
集合 名鉄本線・前後駅(AM8:30) − 1番 曹源寺 − 2番 極楽寺 − 3番 普門寺 − 4番 延命寺 − 6番 常福寺            
 − 7番 極楽寺 − 8番 傳宗院 − 9番 明徳寺 − 10番 観音寺 − JR武豊線・東浦駅ゴール(PM3:30)

ハイ!行って参ったお遍路初日でございますが普段のウオークとは全く違って、何キロ歩いても歩いたという感じがせずただただ弘法さまの手の平の上をクルクルと遊んでいるような。。。そんな一日を過ごして来たパパです。
そしてナニを隠そう!隠さない!! エッヘンのオッホンのアハハハ・ハなのでゴザリマスが、黙って歩けばピタリと行ける!
昨年まではナビ野儀さんに騙されながらあっちをウロウロこっちをチョコチョコとただ付いて歩くだけのオレでしたが、初日の全行程をマスターしたオレですヨ〜ン♪

さてさて 前書きがいつも長過ぎて本題が短いワタクシのカキコですが、奥田大代表の依頼で早めの6時過ぎに家を出るワタクシは先ずはお遍路初日の朝の定点となっている我が家の前でまだ寝ぼけたママを前に本日のカメラテストをさせて頂きます。
でも余りに早過ぎて一番乗りで前後の駅に到着の七時半と思いきや車両が違って気付かなかったヒゲおじさんと同着の初日集合場所の名鉄本線・前後駅で、後を追うようにナビ野儀さんや益子さんも登場でしたが肝心カナメの愛歩城代大家老の奥田さんは参加者もボチボチ後のギリギリ8時にご到着で有りました。
さあぁ 定刻8時半 出発式を始めますヨ〜ン


奥田さんの朝の挨拶は「同年代の仲間に手紙を出しても臥せているとか体の具合がどうだとかの話しが多いこの頃なのにこうして今年もお遍路に参加出来ている自分自身が本当にウレシイし、大勢の皆さまにも早朝から元気にご参集を頂きこの上なくウレシイです」と、奥田さんらしい素直な喜びを大きな声で発声されていて、そんな可愛いご挨拶を「オレもウレチィよ〜」のパパなのでアリマする。
そして徳島の佐々木さ〜ん 下呂で出会ったあなたがパパママの事をたいそうお褒め頂きここの掲示板もご覧頂いているとのお話を指宿で出会ったという鶴田ママや岩田さんから聞きましたが「そうたいしたものでもナイ」と伝えておいたと言う暖かいお二人とママの本日を見て頂き「木村の親分」とパパが呼び愛歩の影のご老公でもある木村さんの体操姿で有りますヨ〜ン〜


前後の駅前に居るとお遍路装束の方や菅笠をかぶった方々がお一人だったり何人かご一緒だったりもする風景を目にしますが、それぞれの人生を思って一番札所から巡拝をされるのでしょうか。。。
パパはてっきり来られると思っていたしあの笑顔が見たくて楽しみにしていたのに、昨年までの12年間で休んだのは去年の風邪とその前の日にち間違いに場所間違えというたったの三回だけだった猪又御大が体調が思わしくなく今回は遠慮しますとのお話だと言うのです・・・奥田さんのご挨拶の意味には猪又御大のことも含まれていたとは露知らず・・・猪又さんから頂いた扇子を後で披露しますが、リュックに入れた扇子の猪又さんとご一緒にオレは今年も知多新四国を歩きますネ〜

先ずは前後の駅を出て以前はこの道が無くて駅から一旦右に曲がって左へ行ってその先を左だったけどってナビ野儀さんの説明でしたが、今は真っ直ぐ行って曲がってチョーンの1番札所の「曹源寺」さんでこれまたママの定点パチリをさせて頂きますデス。


来年が知多新四国霊場開創200年目の記念の年になるとのことも有ってか節目の年に向けて曹源寺さんも正面山門の化粧直しや屋根瓦の吹き替え作業中でしたが、例年より特に多く感じる今年初参加の皆さまに巡拝の作法や弘法堂でのお参りやご朱印を頂く世話人が居ることなどの説明もして、頭の上に気を付けてくぐらせて頂く山門なのでした。
そして風にひらめく「赤い卍」と「南無大師遍照金剛」と書かれたのぼり旗が一斉に手を振って迎えてくれているような本堂前ですが、覚えているだろうかと心配のコーラスももう四年目のワタクシは・・・



                   熱海のカイガン(海岸)散歩する、寛一お宮のお宮さん
                   目が金にくらみ・・・見えなくなった寛一のこと
                   パパもカイガン(開眼)散歩する
                   四年目にしてあら不思議・・・見えないものが見えてくる
                   クネクネ・コチョコチョ・遍路道・一本道に見えてきた
                   ワタシのカイガン本物か??

さてさて まだ一番札所・曹源寺さんの境内ですが、山門の屋根の葺き替えを見て本堂正面の屋根も見上げると顔だけのはよく見るけれど鬼さんがドッカと座って我々を見ているではアリマセヌか!
何時から座り始めて居たのか気が付かなかったけれど、来年には開創200年を迎える一番札所としてコイツはこれからどれほどの人生を眺めるのだろうか・・・オレとも友だちになろうネ〜
今年も木村の姐御の先達(コーラスリーダーの事をお遍路業界ではそう呼ぶのです)で般若心経を歌わせて頂きましたが、このように弘法堂の正面は常に開けておき他の参拝の方々の迷惑にならぬよう礼儀を守ってナムナムです。

                  「線香の 香りとともに 先達の 胸に沁み入る 高らかな声」

今年も一番さんで新しい納経帳(スタンプ台帳のことをお遍路業界ではこう言うのである)を手にしたパパママですが「さあぁ歩きましょうかネ〜」って今年のお遍路が始まりました。


自分たちが過ごしたあの日あの時というものはその一瞬たちによって成立っている・・・ほら「今年もよろしくお願いしますネ」って木村の姐御が歌う先達の美声を誉めたら「冗談でも嬉しいわ」って言ったよネ。
でも本当にお腹の底まで響いてくるし張りも有り清らかに澄んだ般若心経は格別で、普段のお喋りとは全然違って本当にステキなんだよネ〜
そして境内でみんなが納経帳にご朱印(お遍路業界ではスタンプのことをこう言うのです)を頂いている間に、大垣の辻さんが飴をお接待下さった(お遍路業界ではお菓子などをもらう事をこう言う・・・しつこいオレでしょう・・・)ときの思い出だってハリコです。
そうです!全ての人が一瞬一瞬というものを生き生かされていて、今が有り歩が進むのです。

やっと9時10分ころ一番札所を出て伊勢湾岸自動車道の高架下を行く我々ですが一番からやや南下をしながら皆瀬川沿いの道を歩き曲がるキーポイントが記憶にシッカリのこの立派な道標で、考えたら2番札所までの中間くらいに立っているんだけどドコを指して誕生札所ってことなのでしょうか??

まだまだ分からぬことだらけだけど何事も全てを知ってしまっては面白みがナイ・・・少々秘密や隠れた部分が有るほうがナンでも魅力なんだよネ〜・・・って、道を記憶しなくちゃだしミンナの道中風景も押さえなくちゃだし、けっこういそがしいオレなんだよネ〜

2番札所・極楽寺さんに到着が9時45分で朝パパが前後の駅でウオッチをしていた歩き遍路の人たちが丁度お参りを終えて出て来るところとすれ違いましたが、聞くと我々と同様に毎年歩き通されていて今日は8番さんまでだとのことです・・・いっぱいのお仲間と一緒に大勢の人たちが弘法さまのご縁で同じ道を歩かれている知多新四国の霊場なのです。
そして車で来られていたグループのお参りを待って我々も本日2回目のナムナムでしたが、お参りを終えて覗く弘法堂の中には千体佛が並んでいました。

                  パパはコイツ等を眺めて「耳」というものを感じる
                  目は半眼にして座して動かず、ただ五感の内の「耳」のみで
                  俺のこころを見ていやがる
                  この一年はどうじゃった 楽しかったかい 嬉しかったかい
                  そうかそんな悲しいことも有ったのかい
                  大勢の座仏たちがこころを一つにして俺の気持ちに耳を傾けてくれている・・・


極楽寺さんを出て来た道を真っ直ぐに進むと200mほどで同じ並びで3番札所・普門寺さんへと参りましたが、今年もママは納経帳のお世話係りでタローおじさんとそのママの早苗さんたちとお手伝いをしています。
納経帳を託す人も託される人も一つになって巡拝が進みますが、全てが共歩きの輪になっている一瞬たちです。
そしてオレも断言しますが、ココ3番までは絶対に一人ででも来れる自信が出来ましたヨ〜ン♪・・・って、百寺近い今からのホンの序章の始まりなのです。


お参りを済ませ普門寺さんを出たパパが好きな風景ですが、ココの背の高い弘法さまが塀越しに次のお寺に向かう我々のことを見送ってくれているのがお分かりでしょうか。
オレは「今年もアリガトウね」って思いながらパチリもして出ますがママも上着を脱いだ暖かい10時15分でしたデス。
そして2キロほどの分かり難いクネクネを必死になって記録もしたり風景を目に焼き付けるのに忙しくてカメラが出せませんでしたが、細い路地をウロチョロとして陸橋越えのイエローハットが川を曲がってグランド手前の橋越えたらサークルKは横断をして宮田歯科を過ぎて曲がって公園角も曲がったらたどり着けた四番札所・延命寺さんです。
境内にはきれいに咲いた紅梅が目を引きママも携帯カメラで写真を撮ったりもしていましたが


鶴田パパに教えてもらった真魚ちゃんがスケートの真央ちゃんになったり秋篠宮家の真子ちゃんになったり何度も頭の中で記憶の整理をしながら「インプット・インプット」って歩いていていましたが、ここから次までは大きな幹線道を行くので覚えやすくてまたまたチョット先頭のナビ野儀さんたちなんぞをパチリの余裕のワタクシなのです。
そして「大府森岡」の信号でガックンと曲がって「あいち健康の森」を横目にコチャコチャ行くと3.5キロほどで山門の奥に更に土管色の陶器の門柱が立っている6番・萬年山常福寺さんに11時40分に到着なのです。


四年目にして見えなかったものが見えて来た気もするし絡まっていたアレコレが整って見えてくる社寺たちですが、手入れされた美しい石庭が有りそして以前にも知らずにパチリをして紹介をしたことも有る石の変なヤツが座っているのは常福寺さんでした。
「おおぅ お前はココに座っていたんだっけ」ってパパが頭を撫ぜてやると後ろに居た鶴田パパが「これは天邪鬼(あまのじゃく)だわな ほら閻魔様に足で頭を踏んづけられているだろう」って初めてコイツの名前を教えてもらいましたが、気さくな冗談のバトルを繰り返せる間がらの誰かさんが「それはパパと一緒だな」って言うんです。
天邪鬼・・・そのまま耳で聞き慣れた「あまのじゃく」って字をパソコンに打ち込んだらすんなりとこの漢字が出てきて「へえぇ〜」のパパだけど天探女(あまのさぐめ)という、人の心の中を探り逆らう邪鬼の名が転じたとも言い、仁王様や四天王に踏まれている子鬼のことを天邪鬼と呼び仏教では「人間の煩悩を表している」とも言うそうです。

                    人はどれほど「心」に服を着せて生きているのだろう
                    本心をさらけ出さぬことを「和」と尊び「理性」とも言いながら
                    窮屈な日々を過ごしてはいないだろうか
                    でも四六時中をそのようには生きていられないのが人間でもある
                    肩書きや役職などに身を包み、さも「らしく」している人の「イヤな本性」を見た時
                    パパの天邪鬼が飛び跳ねる


あいち県民の森という健康をテーマにした大きな県立公園を一旦は北から西側に大きく周り込むようにして来た常福寺さんを出て西側の門から入ったのが12時丁度でしたが、ここの真ん中写真に写っているガラス張りの建物で昼食休憩となりました。
食事休憩後は全員でミーティングもして、今まではコースリーダーはナビ野儀さんだしアンカーは決まり事のように世話人代表の奥田さんで、お世話係りも自然に決まっているかように何人かの特定の方々が受け持たれていたのですが、これからも永く続けて行きたいという思いも有り「輪番制でリーダーやアンカーも交代してやろう」という事や、納経帳のお世話係りにも新たな方のご協力を求めたりと「新しい知多新四国お遍路ウオークの形」を作って継続して行こうとの意志が表明された昼食後でした。
さあぁ 食事も終えて午後のスタートでバブル期の構造物だと揶揄する人もいますが、そのようなタイミングと力によって出来もし活用もされているお洒落なデザインの「あいち健康プラザ」を抜けて出る12時50分でした

「県民の森」を出て曲がり角さえ注意していれば何とかなりそうな道中を「はまマンション」というネーミングの昔ながらの二階建てアパート(住人の皆さま悪意はありませんのでゴメンね〜)の手前を右にカックンとして右に登って真っ直ぐに突き抜けて行きたくなるような細いトコをまたまた左にカックンとして「オレは着いただヨ〜♪」って森岡町の7番・極楽寺さんには1時20分の到着だったのです。
、ココの弘法堂(お遍路業界では弘法さまの居られる場所をこう呼んだり大師堂とも言ったりします)の中には子供の木像が正面に立っていました。
ソレを見ていたら鶴田パパが教えてくれたけど「コレは真魚 (まお)さまだな、弘法大師の子供のころの名前じゃな」「海に居る魚は四六時中目をつむらないだろう。同様に真魚さまもカァッと目を見開いて何時も修行したってことなんだな」だそうです。


                      「木像に 向かって合わす 手の中に 見える光と 感じる暖か」

                      「青き空 青き心で 合掌し 声を揃えて 歌う心経」


     極楽寺門出て右で、また右へ、曲がってぶつかる広い道、歩道を使って横断さ
     テニスコートが川をして、それを渡って真っ直ぐに、行っちゃイケナイ左カーブ
     みんなの道だよ子が遊び、自転車の人ドコへ行く、おばちゃん我々遍路だよ
     弘法さんをワッショイショイ オレの道だよ 遍路道
     ドコまで続く遍路道、登って下ってドンをして、左したらばあら不思議 傳宗院へ着いちゃった♪

県民の森から西進をして着いた極楽寺さんから今度は南進の8番・傳宗院さんですが、パパの今年の目標である「道を覚える」の強い意志は不動のままのココまで「自信は有るか」と聞かれたも「胸を叩いて任しんさい!」のワタクシで有ります。
でも般若心経は歌詞カードからはちょっと目をそらしてしまうと「観自在菩・・・般若・腹へった〜・どこ読んでんじゃ〜・わしゃワカラン〜・・・」って横の方に笑われるワタクシなのです。
未熟さとベテランをかき混ぜてひねってこねたようなオッチョコチョイを楽しんでいる四年目のワタクシのお遍路ですが、皆さまは真面目にしていますので誤解のありませんようにネ〜


弘法寺という所は「山門」があり境内正面に「本堂」が有り横に「弘法堂」があり、そして「納経所」にはだれぞが座っておられハンコペッタンをして頂ける配置となっているのが定石なのですが、ナゼか8番・傳宗院さんでは一旦境内を右に出て庫裏屋裏の別棟に弘法さまが座っておられるし専用の山門も持っておられる。
一見して同じように見える弘法寺もそれぞれで人間同様に個性を持った姿・形をしておられ我々を迎えてくれますが、お遍路を通して木村の姐御から教えて頂きもう忘れない寒アヤメも咲いていた小春色の1時45分ころでした。
お参りを終えて一旦お世話係の方に預けた納経帳を戻して頂き、ナビ野儀さんの先導で知多半島の色って感じプンプンの黒壁の路地を森岡からオレの社会人としての原点でもある緒川の町へと南下が続きます。


      オレの社会人としての原点でもある緒川の町で思い出す色々
      まだ若くて仕事をしながら夜学というものに通っていたあのころ
      夜9時を過ぎて授業を終えてバス停でバス待ちをしていたら
      誰かと勘違いをしたのか停まった車から声が掛かり「同じ方向だから送ってあげるよ」って
      乗せて頂き、車中でお互いの自己紹介なども
      その方が「一緒に軽くご飯でも」って連れて行ってくれた「喫茶店」でしたが
      初めて入る「喫茶店」というところで任せて一緒に頼んで頂いた「イタリアンのスパゲッティ」
      木の台座に黒い鉄のお皿、そして赤いケチャップ色の熱々のスパゲッティが乗り、更に上に目玉焼きが
      知らずに真似てかけたのがケチャップの追加だと思ったらタバスコというもので
      ついつい初めて食べた知らない味に目を丸くして
      気が付いたら夢中で食べてて、熱い鉄板に口をつけてしまい
      辛いやら熱いやら・・・
      そんな田舎者のパパに「困ったことが有ったら何時でもネ」って名刺も頂きご馳走にもなったあの夜
     パパより10才くらい上だったかものあの方は今もこのお近くにお住まいだろうか・・・

心で「あの人を思う」ということが大切で、オレにとっての「忘れられないあなた」がいっぱいの日々ですが、生きているのでは無く生かされている事を日々実感して歩が進みます。

        「肩並べ こころの中の 手を握り 君と一緒の 歩幅に合わせる」

さあぁ 大きな通りから狭い道へ曲がりますが、看板も有り間違えぬ曲がり角を笑顔たちのお通りです。


緒川から石浜へと歩を進め記憶に鮮明な黄色い看板の案内に従って再度右へと曲がり9番・明徳寺さんへと到着が2時15分でしたが、木村の親分が指差すのはココ数年工事中だった道が「通れるようになったのう」ってパパに正しい巡拝路を教えてくれます。
山門をくぐって「ハイ!こんにちワ 弘法くん」ですが、昼食後のお世話係りの募集で手を上げられた中村さんも加わって受け取るスタンプ台帳組をパチリとしたりして「我等が遍路はドコまでも」って「さあぁ 般若心経でも歌ちゃおうかナ〜」のパパです。

午後の有る時間を過ぎると急に冷ややかになるこの時期ですが風は有るものの暖かい空気の中で声を揃えてナムナムもして手を合わせていると「どこかから弘法さまが来てミンナの背中をナゼナゼしてくれる」そんな風に感じるオレです。
今年初めてご参加の方も多く「今日は歩行距離とスピードの点でどうだろうか?」って心配も有った朝ですが、お天気にも恵まれてか順調に晴れやか色の心地で歌った後の一服も出来る余裕で巡拝が進んでいます。
そしてこの後は迷路へと突入で写真が無くなってますが、黒壁の路地をウソかホントか信じられんほど左・右・また左・そして右だしまた左ってかなり不安材料を残しながらも必死になって道順をインプットしてメモもしたオレなのですが・・・もう一回行けるかナ〜・・・わかんないナ〜・・・イエェ〜イ


今後の資料の意味もありレポート中に時間記録をいっぱいカキコの今回ですが道を覚え移動時間の確認もする・・・今回も朝の受付でコース日程表などの資料も頂いているのですが、信じていたらばどうも距離も巡拝順もアヤシイ・・・一応は信じているのですが「現地・現物」をこの目とこの耳とこの足でチェックのパパです。
そしてかなり不安を残しながらの9番から10番・観音寺さんへの道順記録でしたが、太陽も傾きかけた2時50分にご到着と相成ったのであります。
覚えた所はシッカリと覚えたけど何回歌っても覚えられないところは全く覚えられない不思議な歌を、木村の姐御の透き通り腹に響く先導で歌った本日9回目ですが何時になったらミンナのように歌詞カード無しで歌えるようになるだろうか・・・
今日は杉岡博士や鶴田パパにもいろいろを教えて頂きお勉強だっぷりのパパでしたが、道も覚え歌詞も覚え道中のアレコレやお寺のコレアレなど・・・頭がパンクしそうな一日を、でもナンとかフィニッシュしようとしている午後3時・・・オレには惨事じゃあぁ〜


さてさて やっとこさ終えた初日の新知多お遍路レポートですが、新しい納経帳を手にして九つのスタンプを頂き加藤翁とのツーショットも撮ったり、帰り道では鶴田ママとナニを話しているのやら楽しかった一日でした。



  二日目につづく   目次に戻る