21世紀の朝鮮通信使  ソウル−東京・友情ウオーク36日目をお見送り 07/5/6(日)


「清道旗(チョンドゥキ)を なびかせ進む 熱き輪の 優しさ強さと 過ごした七日」・・・その二日目(*^^*)

公式ホームページもご覧下さいネ

中山道・守山(JR守口駅)から朝鮮街道を通って彦根(JR能登川駅)まで 07年4月30日(月曜) 天気 晴れ 距離 28キロ

4/30(月)のレポートを開始しますが・・・実は午前中の写真がナイ・・・正しくは消えてしまった
もっと正しくは間違ってオレがカメラ内のメモリーをウオーク途中に消去してしまった・・・ウエェ〜ン
理由は普段通りに朝から撮影をしてたいたのですが、前日分のメモリーをカメラ内に残したまま知らずに撮影を開始した為にお昼過ぎに容量オーバーの表示が出たもんだから、一枚づつ古いのを削除するべきだったものを間違えて全削除をしてしまったオレだったのです・・・ガックシ

でも考えたらこれはパパに対して「すこしレポートを休みなさい」って言う天の啓示と思い「ネット仲間や金ちゃんの通信使公式ページをご覧頂いて下さいネ〜」って考えています。
だからメゲズに午後のメモリーゼロからの数枚のレポートで昨日の様子をご紹介デス。
守山を定刻の朝8時に出発した朝鮮通信使友情ウオークの我々は、中山道を通り途中から朝鮮人街道と表示されている追分を正史たちが歩いたという方向へと足を進めて近江八幡へと進んでいきました。
写真たちはその近江八幡を出た後のものです。


ソウルから歩いていた今は岐阜市に住む善さんが一旦離れていた本隊へと戻った本日でしたが白い「清道」の先頭旗を持って歩かれていますし、今日のコース先導は滋賀県ウ協のかめさんと同じ漢字の「安倍さん」と書いてあんばいさんと読むと言われる方が務めておられます。
隊旗ともなっている「清道」は「チョンドゥ」と発音して道を清めるとの意があるとオッパーさんが教えてくれましたが、この朝鮮人街道は朝鮮通信使と徳川将軍だけしか通る事を許されなかったという道だそうです。


わざとクネクネと無駄に長い距離を歩かせているようですが、日本の国が如何に広いかという事を通信使たちに実感させたがったという朝鮮人街道で、もう一つは当時から栄えていた近江商人の街を見せ、日本の国がいかに栄えているかを教えたのだと言う意味合いも有った様です。

当時の通信使一行も昼食休憩をしたという近江八幡で我々も昼食休憩をしましたが、近くの資料館にはその時の豪華だった食事の内容なども展示されていたそうですが、進む先では安土城にも寄り通り能登川へと進む我々です。




午後3時過ぎ 田植え準備の農家の方が一服中・・・不思議そうに我々の隊列を



午後3時45分 滋賀県ウオーキング協会 安倍(あんばい)さんの先導で能登川駅にゴール



解散式を終えて電車を待つ駅コンコースにて




神戸のYKさんが彦根から逆コースを歩かれ能登川駅にて合流となりました。

ママが電車で移動中の皆さんをカメラを持ってウオッチしていましたが、鈴鹿から参加の延与さんとも会話が出来るようになり康さんとも笑顔でご挨拶だし、ユキちゃんやえっちゃんのお陰で大勢のお友達が増殖デス。

そしてヘトヘト顔は韓国から取材で来たと言う東亜日報の新聞記者のお二人ですが昨日・今日と二日間を一緒に歩き、応援追っ掛け逆コースからのYKさんともゴール地点では有りましたが無事に合流することが出来て、通信使ウオーク本隊のメンバーに直接に激励の声を掛け差し入れを手渡すことも出来ました。
さあぁ オッパーさんとかめさんの今夜はどんな風なんでしょうかネ〜♪





彦根駅で一旦はバイバイですが、パパママは昨年秋に中山道ウオークユキちゃん隊が利用した
温泉付きのホテルに泊まり、また明日の朝ココで合流となります。


  翌日に続く  目次に戻る