碧海幡豆ウ協7月例会「上高地散策バスウオーク」の一歩たち 07年7月29日(日曜) 天気 薄曇り後晴れ 距離 10キロ
コース = 安城・知立・守山SAで貸切バスに乗込み〜上高地大正池スタート〜田代橋〜河童橋〜明神橋〜明神池〜河童橋バスセンターゴール・・・貸切バスで帰路に

7/29(日)の碧海幡豆ウ協例会ですが、北海道1000キロウオークから帰られて間ナシの西川さんご夫妻が幹事をされて、昨年の乗鞍岳に続く第二弾のバスウオーク!今回は上高地行きなのです。
週間予報で心配をされていたお天気でしたが陽射しが眩しい朝で、バスは安城をスタートして知立でも仲間を乗せパパママが待つ守山SAに来てくれたお約束の7時半なのです。
開くドアからは西川さんご夫妻や西尾城主酒の神の大竹さんもですが、一旦トイレ休憩をしてさあぁレッツラGOです。
今思うと「バス車中の写真がナイんだよな〜」なのですが、朝からバスの中で全員でビンゴゲームが始まり二列そろえてビンゴというルールだったものだからなかなか出ずで、ワイワイガヤガヤってやってたら長い恵那山トンネルも気付かず混雑も無いままにスイスイで長野道入りです。
「ああぁ 今頃はアリババさんは一宮だね」って言いながら高い高速道路の上から諏訪湖を眺めた我々ですが、松本インターで降りてからも「ほんとうにどうしたの?」ってくらいスイスイで、どんどん登る梓川沿いの幾つもノ大きなダムを眺めたり目の前の迫る高い山々の風景を楽しんでいたらあっと言う間に沢渡(さわんど)です。
ココからバスを乗り換え更に長いトンネルをグングンと登って行くと標高1500mの上高地・大正池へと11時半に到着なのです。
ひんやり空気の大正池河畔から自由散策となりましたが、大正池−河童橋−明神池−河童橋コースの10キロ組のみが団体歩行で阿羅漢さんとパパがリーダーをしてアンカーは水野パパ、そして敦子さんや水野ママは近場組の責任者として河童橋近くのバスセンターに拠点を構えます。


久し振りの上高地ですが、焼岳を背負う大正池に林立だった立ち枯れの木々たちはすっかりと減ってしまいましたがこれも自然の摂理ですし、
歩く足元には名前は分かりませんが美しい花たちが咲いています。
今日は55キロウオークのリーダーをした岡本さんの奥さまもご一緒で、オレに馴染んだのか向けるカメラにVサインですが「いいところへは一緒なの♪」って、この春も島々を渡るお遍路ウオークの時にご夫婦で歩かれた岡本ママです。
心地良い空気にいつしかのんびりと大きく深呼吸をしながら、梓川を上流へと歩を進めます。


近隣の3000m近い山々から流れ込む清水たちをかき集め早瀬となって流れている梓川を上流へと歩を進めますが、涼を求めて観光に来られた感じのラフスタイルの方々や、いかにも山登りでございますっていう重そうな大きなリュックを背負いシッカリと重装備の方々などの中を、こんな時に「ああぁ オレ達ってやっぱウオーカーだよね」って混雑する散策路を周りの人たちよりもやや早いスピードで歩きを楽しんでいます。




立ち止まっては風景や周りの緑も楽しむ我々で田代橋では10キロ組の記念フォトを撮ったりもですが
先頭をご一緒の阿羅漢さんは十数回もここに来られているとことで
穂高登山のベース基地になっている上高地だそうです。


途中で何度も足を止めたことも有り大正池から約50分で河童橋へと到着でしたが、流石にバスで簡単に来られることもあってか大勢の観光客でごった返す上高地銀座であります。

でも週の初めから天気予報で「上高地の日曜日は良くない天気だ」って言っていたせいでミンナが遠慮をしたのか、朝からのバス道中でも全然混雑が無かったし「ぞろぞろ歩きの散策になるのでは?」って思っていた自然道も疲れないスピードで歩けるし、河童橋を過ぎて更に上流の明神池方面では万年雪が残る3000m級の山々を吹き抜けてくる風が本当に涼やかで「おおぅ 山の空気だネ〜」なのです。

前半は雲も多く涼しさの手助けをして頂いていた空から太陽も顔を出し緑陰の風景にも鮮やかさが増して行きます。
梓川を上流へと自然道を進んでいくと川の中に何本もの大きな木が横たわるのが見え樹林が切れて大きく開けた場所に出てきましたが、荒い山砂のその場所から山手を見上げるとかなり高い位置から山肌が削られていて土石流の流れた様子が見渡せました。
根の付いたままに横倒れの川の木たちは「えぐられた山のあの場所に立っていたんだろうな」って思いますが、何十トンもの土石や木々が山の急斜面を一気に下ったのは周りの様子からも今年の出来事のようです。
花の寿命のはかなさを感じたりもする我々ですが、自然というものは破壊と再生を繰り返しながら我々人間世界とは別のサイクルで生きているのかもしれません。

そんな自然の一面も眺めながら明神池近くの上高地明神館で一服もして歩を進めます。




、最近になって作り変えられたのか真新しい明神橋を渡り、川の対岸側に出て有料となった明神池の見学もする我々です。

涼風満点ですが、スタートした大正池から河童橋までが約4キロで河童橋から明神池までは片道3.5キロで行きは右岸を上り、帰りは左岸へ渡って明神池などの自然を眺めながらです。
上高地からの帰りの予定が午後3時半だったので「バスセンターのある河童橋に3時には戻りましょうかね?」っての阿羅漢さんと10キロ組ですが、明神池を出たのが午後2時で3.5キロほどを1時間ほどで帰っても余るいい具合の状況です。
写真では上手に撮れませんでしたが、緑の風景を眺めながらも真冬の景色が重なり、厳しさと優しさがいっぱいの大自然の樹林の中を歩かせて頂きます。
皆さんは「フットンチット」という言葉をご存知でしょうか?
語源はロシア語から来ているそうですが「フットンは植物」で「チットは殺す」と言う意味で、植物や水や自然界が発する自然免疫物のことをそう呼ぶそうです。
この物質はものの本によると結核菌・腸チフス菌・コレラ菌さえ死滅させることができると書かれていますが、自然界が自身を守る為に発するフットンチットの空気の中を歩く我々にとってももちろん有益で、ゆっくりと歩き大きく深呼吸を繰り返し森林浴を楽しむ我々です。





アンカーの水野パパがカメラを向けていた先をパパも撮りますが・・・自然だね〜♪〜

まだまだ歩く上高地ですが何度も足を止めアッチを見たりコッチを見たりとしていたら迷子になりようの無い木道伝いの一本道をミンナがどんどんと先を行き気が付くとアンカーの水野パパと三人になっていました。




清らけき 鏡のように 川面行く 己がこころも 流れに託して

碧海幡豆ウ協はまだ新しく小さな会ですが、西川ご夫妻や水野パパママなど「一人で三人分も四人分ものパワーを発揮の方々」に支えられて運営がなされ、この春に実施した55キロウオークが無事に完歩出来たのも水野パパのチカラが大です。
ちょっと照れる水野パパと我がママのスナップですが、雲が切れて残雪を抱く前穂がクッキリとしてきました。


のんびり歩きでこの時期の涼感をお届けしようとハリコ・カキコのワタクシですが、予定よりもかなり早く河童橋に到着の我々なのでした。
河童橋近くのお土産屋さんからなかなか出て来ぬ人も居られましたが、拠点基地として縁の下をしてくれた敦子さんや水野ママの待つバスセンターへと戻ったのが三時過ぎです。
それぞれに楽しい思い出といっぱいのお土産を抱えて上高地を後にしましたが、来る時同様にスイスイのバスに乗り稲穂が風に揺れる安曇野を眺め、左右にそびえるアルプスの稜線を眺めつつ、暮れなずむ夏の一日の陽が西の高い山に消えて行き東の空にぽっかりと大きくまん丸な月が煌々と光る午後7時ころに朝乗せて頂いた守山サービスエリアで下車のパパママでした。
ではでは これにて ネ〜





本日は84歳にして55キロを一緒に歩いた横井さんも一緒に10キロだったし
「テクテク歩いとったら日本海まで行って来ちゃってサー」って大竹さんも近場散策を楽しまれたそうだし
前以って予約をしたそうですが「帝国ホテルでランチをしてきたわ」って方も居られました。
それぞれに思い思いに楽しんだ上高地です。



    目次に戻る