第6回「名古屋ツーデーウオーク」初日に参加の一歩たち 08年4月5日 天気 晴れ 距離 40・20・10キロコース 
尾張野コース = 中村公園会場スタート・ゴール 七宝町〜国府宮神社〜清洲城公園方面の40キロ  清州城公園・西枇杷島方面の20キロ   萱津神社方面の10キロ

全国各地から名古屋ツーデーウオークにご参加の皆さまに支えられ、サイワイにも晴天にも恵まれて「せっかくウオーク」の金曜も加えた3日間でしたが、大勢のスタッフの影の努力が実って事故も無く無事にフィニッシュが出来た名古屋ツーデーでありました。

そして初日4/5(土)のレポートですが、これ等はハリコはほとんどオレのジョークだけど「朝6時集合は名古屋近隣以外の人には無理だよ」って言いながらも、それぞれに努力をして早朝から集合で会場設営がなされていた中村公園で、奥田事務局長の指示で舞台のデコレーションをしてホウキでステージを掃除のオレとヒゲおじさんです。


会場も準備万端で初日参加受付を開始した6時半ころでしたが、40キロという事と7時からの開会式という早い時間の為か、そうは多くない長距離ウオークの方々で混雑も無い会場です。

その中に前日のせっかくウオークから参加だったという東京の中村さんがおられたり、ママがメールで「良かったら」ってこの大会のことをお伝えをしていた「名古屋の親子」とオレが呼んでいるもこもこあずきさんが「今日は娘が仕事でね」って初めての40キロにお一人で挑戦だそうです。




自慢の長距離ウオーカーたちも揃って開会式となり待ち構えるサービス班ですが
「コレを飲んでからスポーツをすると脂肪燃焼効率が一段とアップする」というメーカーの宣伝協賛で
ミンナに配るスポーツドリンクです。


開会式のご挨拶やストレッチも有り7時半ころのスタートは大岩さんが旗手をお勤めで歩きだす皆さまですが、ゴール締め切りが午後4時半ですので、トイレや食事休憩なども含めて9時間でここに戻って来なくちゃで時速5キロが最低ペースとなる40キロです。
ママカメラが笑顔で出て行かれる阿羅漢さんや山賀さんなど、碧海幡豆ウ組を捉えております。


パパの初日は翌日30キロコースの矢印表示をするお仕事で参加の皆さまとは全くの別行動になりますが、既に金曜から一部表示をされていたコース責任者のタローおじさんと小川さんで、今日は今年から役員に加わった地下鉄の中村さんと、小川さんとワタクシの3人で行く30キロです。
40キロ組のスタートを済ませて我々も「いざ・行かん」です。
そこに歩仕事人さんや横浜のよっちゃんこと中村さんもご一緒に来場で記念のパチリのオレですが、次は9時から始める20・10キロコースの開会式だそうで、まだまだ参加者も受付にもゆったりとした時間が流れています。

その後のパチリは会場に残ったママカメラマンのパチリたちですが「おおぅ・筒井さんご夫妻も来られていたんだ」って、オレも会いたかったナ〜♪
兵庫の表さんとママのパチリは誰に撮ってもらったのか?、阿羅漢さんと一緒に早くから来られていた敦子さんは本日はチェックポイントでのお仕事で札幌の大島さんとのツーショットだし、埼玉の嶋村さんは「バスdeウオーク」でご参加で、途中の交通事情も有ってか開会式が始まった9時を廻ってからの会場入りだったそうです。





以降はママカメラマンやご本人さんとの2日目会場での出会い情報からですが、9時から始まった20・10キロ組の開会式では
札幌の照井さんとお名前が?の女性とお二人だったようです。
照井さんは「日曜の檄を頼まれていたはずだったんだけど、急に呼ばれちゃってさ」って仰ってましたが
どんなコメントの檄だったのでしょうか?



そして旗手は光崎さんがお勤めで40キロ組同様に、歩く前に飲むと効果がバツグンとかの脂肪燃焼を促進する
スポーツドリンクを手にして参加の皆さまが会場を後にされます。


「おおぅ・この人も来られていたんだ」って後でじっくりと眺めるオレのレポートですが、西尾城主酒の神の大竹さんもいるし、この日は顔を合わせられなかったバスDeウオークの添乗員の方と一緒の嶋村さんにもじっくりとご対面のオレです。

二人がコンビとなって何年になるのか名古屋ツーデーはもちろん熱田−伊勢初詣でウオークでも救護班の天野さんとママも全員がスタートした後はコース巡回だったそうです。
初日は中村公園会場から庄内川を越えて北に行くコースで、七宝焼きアートビレッジや甚目寺観音・更には稲沢の裸祭りで有名な国府宮神社まで足を伸ばす40キロコースですが、そこのチェックポイントはオレが伊藤家の食卓とよぶ三姉妹がお勤めのようです。
そして写真時間を見ると12時ころでしたが、そこに名古屋の親子のもこもこあずきさんも20キロを4時間半ほど歩いていてまだまだお元気な様子にビックリです。
昨年の淡墨桜ウオークの28キロ会場に行く途中で一度だけ出会っただけなのですが、その時も「歩けるかしら」って心配をされていて、それがご縁でこうしてママと記念のパチリです・・・この後も頑張って歩いてネ〜




更には午後2時前の清洲城ですが、敦子さんと小松原さんの二人が桜満開の木の下で
40・20キロを合せた第三チェックポイントの検印係をされておられます。


さてさて 場面が変わってハリコは午後3時過ぎのスタート会場ですが、40キロコースをゴールされた信州のアリババさんと、同歩だったのか三重の長岡さんと岐阜の古越さんの三人が帰られる時の一枚だそうでデス。
更に遅れること1時間の午後4時にオレと小川さんが翌日30キロコースの矢印表示を済ませて帰って参りましたが、ゴール会場でコーヒーメーカーの方が試供品を配っておられ手に頂いたそれを持ってのハイただいま〜の図でアリマする。




そしてママからもらったカメラで「さあぁ・並んで・並んで〜♪」ですが、伊藤会長はもちろん初めての40キロを完歩した
もこもこあずきさんや一緒に歩いたという山賀さん、そして20キロを楽しんだ落零会の表さんも加わり
チェックポイントの仕事を終えて歩いて会場まで戻られたという敦子さんもだし、初めてスタッフお手伝いの松原ママも加えての
オレのゴール記念の一枚デス・・・って、考えたらオレが入っていないヨーン。


午後四時半がゴール締め切り時間でしたが、「初めて歩いたの」って言う40キロ組のもこもこあずきさんと歩いていてお互いに知り合ったという山賀さんや阿羅漢さんとは、どんな歩きををしどんな会話をしてのご一緒フニッシュだったのでしょうか。
朝もご一緒だった西川ご夫妻と山賀さんが会場を後にされた4時過ぎでしたが、娘さんが会場まで迎えに来るというもこもこあずきさんが瑞穂区にお住まいだとか中学生になる孫が居るとか、考えたら今までの出会い総時間が1時間にも満たない彼女と我々で、残念ながら初日の後片付けなどをしていたら、知らぬ間に娘さんと合流をされたのか娘さんには会えなかった「名古屋の親子」です。

初日の後片付けをしている午後5時前ですが、その様子を我が愛歩の記録係りのヒゲおじさんが正統派の腰付きで撮っているのをママがパチリです。
今日は参加している事を知っていながら顔を合わすことが出来なかった大勢ですが、ミンナとの出逢いは明日の朝に期待をしましょうかネー
ではでは コレにて名古屋ツーデーの初日を ネー




 二日目につづく   目次に戻る