第6回「名古屋ツーデーウオーク」2日目に参加の一歩たち 08年4月6日(日曜) 天気 晴れ 距離 30・20・10キロコース
那古野コース = 中村公園会場スタート・ゴール 荒子観音〜名古屋港〜堀川方面の40キロ  徳川園〜名古屋城方面の20キロ   円頓寺商店街方面の10キロ

「春に三日の晴れ無し」という格言があるそうですが、二日と空けずに雨が降るツーデーの翌週で「なんと晴天に恵まれた名古屋ツーデーのせっかくを加えた3日間だったんただろう」って感じる大会後のお天気です。

さてさて 4/6(日)の名古屋ツーデー二日目のレポートを始めます。
前日より1時間遅い8時に30キロコースの出発式を行なうということで集まる参加の方々ですが、目を引いたのがこの大会に参加をして頂きながら熱心に「立山まるごとツーデーウオーク」の案内パンフレットを配っておられた富山の藤谷さんです。
まだウオークを始められて「3年目なの」って言いながら「もう、はまっちゃって・はまっちゃって」って、地元は元より各地の大会にも足を伸ばしている今だそうで「是非とも立山に来てちょうだい」の7月第1週目に開催だとのことです。
先ずはその富山の藤谷さんと、今年の熱田−伊勢の初日に因さんと同歩だった宮城の方からも声が掛かり出会い記念のパチリです。


更には初日40キロスタートの檄をされた札幌の照井さんとママとヒゲおじさんで、次は「やっと逢えたね佐々木さ〜ん」って言ってたら東京の坂本さんもご一緒で、受付で多忙な岡崎の益子さんを加えての「再会フォ〜♪」です・・・このフレーズはもう古いかな。。。

30キロコース参加者も揃い定刻の8時前から始まる出発式ですが、この春から日歩の新会長になられたという村山さんや豊国神社の宮司さん、そして我が愛歩城のご当主・伊藤会長のご挨拶も有り、続いてオールジャパンカップという全国47都道府県を完歩の方々の表彰や、東海北陸マーチングリーグというブロック大会の完歩者表彰やら、更にはコース説明や丁寧なストレッチ体操など、やや早めに始まった出発式の所要時間が40分弱で、旗手のワタクシにスタートの指示が出たのが8時半で有りました。




ママカメラマンが走り回って会場を出る先頭を捉えてくれていますが
物に感情が有るように感じる心を西洋の人には理解されにくいそうです。
グローブやバットなど自分の体の一部ともなり同化するかのように思える道具というものに「魂」を込める
そんなスポーツ選手の感情に近いものを握る竿の先でひらめく旗に感じるのです。




オレはいつも旗手を務める時に「誇り高い彼をシッカリきれいに掲げよう」と思い
風にそよぐ彼を「喜ぶ愛歩旗」って感じますが
真っ青な空の下を愛歩旗に続く皆さまにとって「ステキな一日になりますように」と思って1キロほどの先導をさせて頂きました。

長い開会式でも愛歩旗を持って舞台横から参加者の皆さまの顔ぶれを眺め、スタート後の1キロポイントでも通過をされていく皆さまと一瞬の交錯のオレなのでした。
それを補完するかのようにママカメラマンが一人一人をアップで捉えてくれていますが、練馬の坂本さんと徳島の佐々木さんは上着もお揃いだったけど中のベストもお揃いのようで、お二人の親しさを改めて確認のオレです。
そして東京の中村さんも足取りも軽くだし、札幌の大島さんもステキな笑顔ですが、近眼ママがご本人を確認してから押すシャッタータイミングの絶妙さで良い写真が撮れていますデス。


30キロ組のスタート間無しという事もあり、ワタクシが愛歩旗を下ろして立ち止まった場所で先頭から最後尾までを見送ったのが約10分間程でしたが、落雫会の小旗を持つ歩仕事人さんや岐阜の三輪さんや横浜のよっちゃんらものんびりと最後のほうでした。
そして何人かの方からは「やっぱり20キロに行こうと思うけど、このまま真っ直ぐで良いかしら」とかも聞かれましたが、三重の津村さんは「足が遅いから」って事務局の許可をもらって10キロコースに進まれるそうです。
04年4月25日のオレの比叡山年輪ウオーク記録を見て頂けると判るかもですが、90歳の津村さんが最高齢の年輪賞を受けておられたことを思い出すワタクシです。
あれから丸四年・・・元気な津村さんが名古屋ツーデーの10キロコースに向われます。
・・・津村さーん・お気を付けて行ってらっしゃいネ〜♪〜


ミンナを見送り一旦は会場に戻ったワタクシですが、逢いたくて会えなかった埼玉の嶋村さんともやっと会えた二日目朝の会場で、更には「あれれ〜」ってオレの声に「あらら・ばれちゃった、でもお世話の名古屋へは来たかったもんでね」って「今日はプライベートだよ」言う日歩事務局の甲斐根さんともお会い出来た9時前です。
この後は30キロアンカーで直ぐに会場を後にしたオレと小川さんと中村さんですが、捉えるママカメラマンの20キロスタート旗手は原田君がお勤めで、アリババさんも元気に会場を出る様子がパチリとされています。


2日間とも裏方のワタクシが会場を出た後の様子はママカメラマンで、この2日間で今朝の一瞬しかお話が出来なかった埼玉の嶋村さんも元気にスタートの9時20分頃の様子です。
ゴール後は今回利用の東京からの「バスDeウオーク」が、オアシス刈谷の大浴場に寄ったとかで「ゆっくりと汗も流して帰れたわ」って帰宅後のママへのメールだったそうです・・・桜の花が満開の名古屋市内コースを楽しんで頂けたでしょうか。



ママも各コースの皆さまがスタートした後に天野さんとコース巡回に出たそうですが
昨年から務めていた町内会総会と重なった本日で
午後1時からの町内会総会に出て担当だった会計報告を済ませる為に一旦は自宅に戻り
再度会場に戻った午後3時半頃だそうです。


スタート時間からほぼ6時間を経過して再度会場に戻るママとゴールをされて会場を後にされる皆さまが交差のようですが、向けるカメラに飛び込む笑顔で、岩田さんと神谷さんや、三重の佐藤さんと渡部さんも元気に歩かれて家路に向うようですし、背筋を伸ばした西尾城主酒の神の大竹さんたちもです。

更には確か徳川園のチェックポイントを担当だったという敦子さんや、地元愛知の方々もお役目を終えて会場を後にされる時間のようです。

                      午後、町内会の用事を済ませ戻ってくる途中に会場を後にする皆さまと運良く遭遇♪
                                    :*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

                               そして、ゴールではこちらの笑顔が皆さんをお出迎えです・・・って、これはママのコメントです。


そして30キロアンカーのオレと小川さんと中村さんや、20キロアンカーの吉田さんや同じ小川だけど一宮七夕ウオークで主役を務める小川の完ちゃんたちともコース合流点で一緒になって矢印表示を回収しながら、会場に戻った午後4時15分ころをママがパチリです(でも気持ちが慌てていたのかちょっとピンボケ)

奥田事務局長や伊藤会長のご挨拶も有り後片付けもして終えた第6回名古屋ツーデーウオークの満足顔のスタッフの皆さまです。




大過無く 無事に終わって ひと安心  豊国神社に 影が伸びゆく

                 
                       最後のおまけは、パパが「撮って、撮って♪」とおふざけの一枚たちです・・・失礼しましたm(_ _ )m
           
                      ツーデーにご参加くださった全国の皆さま、本当にありがとうございましたヾ(*゚∇゚)ノm(_ _;m三m;_ _)m

                              又、何処かでお会いできるのを楽しみにしています。。。竹樋ママ。


更にオマケの貴重な二枚ですが、初日土曜の矢印表示の取り付けに出掛けての一服休憩中と、二日目の矢印表示を回収中の桜満開の30キロコースです。
コレは一緒に歩いた中村さんがメールで送ってくれたものですが、なかむらさーん あ・り・が・と・う(*^^*) の一枚たちです。
でわでわ これにてネ〜♪〜




    目次に戻る