岡崎ウ協4月例会「木曽三川巡りウオーク」に参加の一歩たち 08年4月27日(日曜)  天気 晴れ  距離 18キロ 
コース = 名鉄・新木曽川駅スタート 〜 黒田城址・法華寺 〜 光明寺公園 〜 138タワー 〜 河川環境楽園(昼食) 〜 笠松競馬場ゴール 〜 名鉄・笠松駅

GW2日目4/27(日)は前日のお遍路6日目に続いて二日連続で超久々に岡崎ウオーキング協会の例会に参加させて頂きました。
でも、何気なく「明日の岡崎は木曽川駅よ」ってママから聞いて勝手にJRだと思い込んで乗った電車ですが、下車した場所に人が居ず偶然に一人だけ「こっちの方が電車代が安いから」って同じ電車だったと言う春日井の清水さんとJR木曽川駅の改札口で一緒になって知った集合場所は
名鉄・新木曽川駅なのでした。
JRから名鉄まで清水さんの案内で歩いて10分ほどでしたが、前日のお遍路でご一緒だった植野さんや益子さんたちと二日続きで朝のご挨拶でやれやれのパパママです。
岡崎ウ協は昔から初級・中級と二つのコース設定をして例会を運営していますが、本日も二手に分かれて何処へ連れて行ってくれるでしょうか?


間瀬さんのコース説明や益子さんご指導のストレッチなどの開会式を終えてイザスタートですが、ヒゲおじさんも居られたり吉田さんや小川さんもだったり中村さんもだったりと、一緒にお遍路行きだった皆さまとも肩を並べて先ずは黒田城址からでした。
そして二年前の淡墨桜ウオーク・一宮コースとして、ユキちゃんやえっちゃんと一緒に来たことがある
法華寺白山神社を逆コースのように巡るスタート直後の一宮市北部地域であります。

のんびりと最後尾を中級アンカーの益子さんとお話をしながらでしたが、我が家の三人の孫の話にもなりそれを聞いていた同じ道産子の木下さんが「孫ちゃんにどれでも好きなのを持っていってよ」って、彼女自身のリュックに付いてるマスコットたちを「取っていいわよ」って言うんです。
オレと同じ道産子で日高出身だという木下さんは趣味の手芸でフクロウを作ったりトンボを作ったり最近はカエルから更に野菜シリーズへと進化をさせていて、あちこちでウオークをしていると、ウオーク仲間たちがリュックや帽子に彼女からもらった事が明かに分かるマスコットを付けていますが、リュックから出した袋の中の色々も「さあぁ遠慮しないでよ」って萌生ちゃんたちの喜びそうなのを選ばせてもらったワタクシです。




そして前を見ると一宮七夕ウオークの主役・小川の完ちゃんチ近くの光明寺町から138タワーへと歩が進んでいます。

一宮七夕ウオーク二日目の会場にもなる木曽川沿いの138タワーを中心とする広大な光明寺公園の途中で何度かトイレ休憩などもする本日リーダーの間瀬さんですが、何時からこのスタイルになったのか目立つ赤いベストのようなのがスタッフのユニフォームのようですし、青色のタスキもよく目立ち他所に無い色で斬新であります。




県内各支部も様々な特徴を出して例会運営に努めて居られるようですが
たくさんの赤い色の方々が安全班や救護班などそれぞれの役務をこなして進む岡崎ウ協の例会なのです。

大勢のウオーカーのせいなのが大型トラックのせいなのか気持ち悪いほどに揺れる川島大橋の歩道橋を通って愛知県から岐阜県側へと歩を進め、お昼休憩は東海北陸自動車道のサービスエリアも兼ねているという河川環境楽園というところで昼食休憩となりました。




今朝この人に会わなかったら参加出来なかったかもの清水さんや
光崎さんや弥富金魚の柴やんたち大勢と一緒の昼食でしたが
涼やかな風の中を小さな子供たちを連れたいっぱいのファミリーが遊ぶのを眺めながらの昼食休憩です。


ママが「すぐそこで売ってたの」ってソフトクリームで、牛乳の濃厚な味がたっぷりのを食後のデザートに美味そうに食べていましたが、見に行くとお遍路仲間でもある安城の竹下さんもペロペロで、今日は奥さまはお仕事で一人で参加だそうです。




さあぁ 昼食休憩中に迷子になった人が居ないかどうか人数を確認して午後のウオークが始まります。

河川環境楽園ということで「川と水」をテーマにした公園ですが、陽気に誘われて裸んぼになって噴水の中を駆けるちびっ子もいる楽しい風景を眺めながら、公園を出てとんぼ公園という「ありのままの自然を大切に維持しているんだろうな」って人の歩く手入れ部分と、ほったらかしの湿地帯を共存させたようなところを進みます。




遠くに午前中に居た138タワーも見えますが、堤防以外に遮る視界の無い木曽川流域を歩かせてもらえる本日です。




車の通らぬ木曽川右岸の堤防道路をどんどんと下流方向へでしたが
水辺を渡る風に吹かれながら午後2時半に
笠松競馬場へと到着をしてゴールとなった18キロの本日でした。



初めて入った競馬場というところでしたが本日はお休みのようで、競技トラックの中で競争馬たちがのんびりと草を食んでいましたが
テレビや映画でしか見たことのなかった馬券売り場や予想屋さんの立つんであろう小さな小屋などに「へえぇ〜」です。



パドックというところや着順表示の掲示板などもみさせて頂いて解散となった岡崎ウ協でありました。
どうもお世話になりありがとうございました。 ではでは これにてネー


    目次に戻る