「第10回横浜ツーデーマーチ」歓迎横浜の夜景見学ナイトウオークに参加の一歩たち 08年10月10日 天気 曇り 距離 12キロ
コース = JR横浜線・関内駅 〜 大通り公園スタート 〜 港の見える丘公園 〜 山下公園 〜 大桟橋国際客船ターミナル 〜 港みらい地区 〜 桜木町駅ゴール

横浜みなと未来地区に建つホテル群のどれに泊まろうかと悩んだ二ヶ月前ですが、最初は切ったスイカのような形のコンチネンタルにしようかと思ったけど「森に居ると森が見えず」のことわざに従って、ランドマークタワーも日本丸も大観覧車やコンチも見えるワシントンホテルの20階へと宿を取った今回であります。
10/10(金曜)は午前中に仕事を切上げてママと二人向った横浜ですが、スムーズな乗り継ぎがサイワイして「間に合わないかも」って心配も「何のその」四時前には新幹線・新横浜を下車して待っていて頂いたなおきちさんとも一年振りの再会です。
そしてなおきちさんに案内して頂いてホテルのチェックインも済ませて歓迎ウオークへと移動の桜木町での一枚ですが、なおきちさんがスマートになっていてどなた様も驚きデス・ます・よネ〜!
更に
関内駅・大通り公園集合場所に行くと米山さんや二年前に見知った受付の女性陣たちとも再会です。

また驚いちゃったのがオッパーさんが居られたり、先週の碧海幡豆ウ協でご一緒ウオークの「西尾城主・酒の神」の大竹さんが居られ、更には岡崎の益子さんで、大好きな愛知のお二人からも「あれ〜・こんなとこに」で「あら〜・こんなとこにどうしたの〜」って、周りが聞いたら「こんなところで悪かったな!」って怒られそうな横浜・関内で、すぐ横の横浜スタジアムは煌々として今日はBスターズさんとTガースさんの試合が始まる今夜だそうです。

ぎりぎりセーフで間に合った受付ですが、二年前は三十人ほどだったけど今回は大勢でストレッチもして、さあぁ横浜ツーデー・歓迎ウオークへとお揃いの黄色い上着と帽子のスタッフ役員の方々の案内でスタートなのです。
パパママにとっては二回目となる横浜の夜ですが、二年前は台風だったのか爆弾低気圧の襲来だったのかとんでもない天気の中のウオークで、その事で「あんな天気だったのに、あなたたちが喜んでくれたのが忘れられなくて」って声を掛けて頂ける横浜ウ協のスタッフの方々との再会ウオークです。


大竹さんも軽い足取りですが、異人館の建ち並ぶ山の手を歩き「港の見える丘公園」へとやって参りました。
スタッフの方の説明によると神戸でも同様の名前の公園を作っていたけど「横浜がタッチの差で早く」登録したのでゲット出来た公園の名前だそうで、歌で有名なのは「港が見える丘」といい、言葉というものはおもしろいものですが、「の」と「が」の助詞の違いで眺める港のイメージさえも違ってくるように思います。
歩きながらオッパーさんからヤンキー玲子さんを紹介して頂きましたが「ネットで見ているから初めてとは思えないわ〜」って気軽に会話が弾みます。


「赤いくつ〜・はぁいてた〜・女の子〜♪〜 いーじんさんにつーれられて行っちゃったぁ〜♪〜」って、童謡というものは可愛いようで恐ろしい詩が並ぶものが多く、大人からの子供たちに対する警鐘も兼ねていたのだと思いますが、赤い靴の女の子の像も座る「横浜人形の家」なども通ります。
そしてママに声を掛けてきた女の子ですが聞くと「東京から学校の遠足なの」って高校生で、この子の親の如くに「無事に幸せで安全な人生」を過ごして欲しいと思うオレで「異人さんにさらわれないようにネ〜」です。
でもこんな時間に大勢のジジババの大行列を不思議に思って声を掛けて来た探究心と優しさのある子だったんだよネ。
ママとの記念写真をありがとうネ〜


二年前はお天気の都合で中止をした「大桟橋国際客船ターミナル」というところへも案内して頂けましたが、広い構内に柱が一本も無いのが特徴で「建設時のデザインコンペの際に外国の人のこれが採用となったけど、この屋根のおかげで建設費が予想以上になったんです」って説明です。
更には歩いている途中から声を掛けて頂けましたが、元は愛歩でご一緒だった石文さんが「昨年二月に息子の誘いで横浜に引越して」って再会となりました。
「今も旗を持っているのかね」って聞かれ「あなたの旗を持つ姿にはいつも感心だったよ」って、横浜では月に10回ほども各地の例会に出歩く毎日だそうで、日歩のウオークライフという雑誌を見ては並ぶ愛歩の知った名前の方に懐かしく思う今だそうです。


関内駅を出て元町公園や港の見える丘公園や山下公園などと港風景を眺めながらの10キロほどでしたが、今年から変更だというツーデーマーチの開催会場も通って何度見てもステキなロケーションのみなと未来地区を通ってJR桜木町駅でゴールとなりました。




ご一緒ウオークながら撮った写真を見比べると「どうして違うんだろう」って思うけど、なおきちさんの撮る写真を見ていると
あたかも自分が今そこに立っているような錯覚さえ覚えます。
この一枚がどんな風かはなおきちさんチをご覧下さいネ〜




そして「オッパーさんや玲子さんもご一緒に」ってなおきちさんの案内で駅近くの居酒屋さんへでしたが
オッパーさんに中安さんからの巨人優勝の情報が届くなどして9時ころまで盛り上がった夕食でありました。
ではでは ツーデー前夜祭となる歓迎ウオークのレポートをチョーンだヨ〜ン



  翌日に続く  目次に戻る