岐阜ウ協「美濃路と竹鼻別院や映画資料館見学ウオーク」に参加の一歩たち 09年2月8日(日曜) 天気 晴れ 距離11キロ
コース = 名鉄竹鼻線・南宿駅 白山神社スタート 〜 美濃路 〜 佐吉大仏 〜 竹鼻歴史民族・映画資料館 〜 羽島公園(昼食) 〜 福祉ふれあい会館ゴール

前日何気なくパソコン君を開いてみるとかめさんが2/8(日)の岐阜ウ協に参加だとの書き込みにビックリで、慌てて岐阜ウ協のHPで情報を得るワタクシでしたが、集合場所行きの交通機関の「名鉄竹鼻線って聞いたことが有るような無いような?」だし「南宿駅??」ってこれまた聞いた事のない地名なのです。
ネットで調べると名神高速・岐阜羽島インターから遠くなくマイカーで行くことにした当日ですが、ゴールの「羽島市役所前駅」に車を置き可愛い駅を四つほど乗ると「
南宿駅」へと到着の朝です。
早めに到着したつもりの集合場所の白山神社には既に大勢の人が集まっていて、その中にいたかめさんと今年の初出会いですが、遅れてきた岩村カッパの堀さんとも同様に今年初めてで謹賀新年のご挨拶です。

更には紀乃ッピともですが、2週間前に結婚をしたばかりだと言い来週はスペインに新婚旅行だという熱々振りの二人を祝った一緒のママのハートマークが分かりますでしょうか!
昨今の「500選ウオーク」は大人気のようですが今例会も「美濃路」がその一つとなるそうで、遠くはかめさんも含めて東京埼玉から来られた方が居て、大阪からだとか、後でハリコしますが広島の山岡さんも遠路はるばるの前泊だそうです。
出発式ではその遠路組の方々の紹介も有りましたが、やや風があるものの空が眩しいほど真っ青な中を鞍岡さんが旗手となり中村さんのコース先導でスタートした9時過ぎの
美濃路です。

そして歩き始めてから声を掛けられて気付いた岩田の敏ちゃんですが、最近は毎日10キロ前後を歩いているといい、昨年夏に孫のくるみちゃんと一緒に参加以来の出会いで、来て良かった岐阜ウ協総会ウオークの本日です。
美濃路を進む先では本日が岐阜ウ協の総会日だといい、車に総会会議資料などを積んで来た河瀬会長が行く先々を先回りして安全班を務めて頂いております。


かめさんと歩く美濃路ですが「グランドホテル」と呼ぶマイカーに宿泊をしながら全国各地に遠征してウオークをされ、その車中から即日発信のウオークレポートたちもノートパソコンと携帯電話を使った無線ランとなっている今です。
以前は「携帯電話のかめさん」で、歩きながらも片時も離さぬ携帯を片手でピコピコだったのが、今はデジカメ片手のかめさんとなっています。
美濃路から離れて
竹鼻町というところに歩を進めましたが、江戸中期に作られた建立者の名をもつ「佐吉大仏」が祀られる大仏寺というところにやって参りました。
明治期に火災でお寺が消失をして今のコンクリート製のお堂に替わったそうですが、お腹に響く大木魚や大きな輪鐘を自由に叩かせて頂けミンナで参拝で、かめさんの掲示板にハリコの佐吉大仏はこのアングルから撮ったものです。

同じ竹鼻町内を移動して「大谷派別院」と石標のあった「竹鼻別院」というお寺にも寄りましたが、こちらにも「竹鼻別院の藤」として有名だという太い幹の藤の古木が境内に有ったけど、張った枝ぶりから十分に花の咲く時期の見事さが類推出来る立派なものでした。
更に巡る竹鼻町の時代を感じる街並みでしたが、次は
竹鼻歴史民族資料館というところです。

郷土資料を展示だそうですが、近所の土蔵から出てきた映画ポスターが今はこの館の目玉となっていて「傷も汚れも無いポスター類が8000枚も揃っているのは当館だけデス」って、戦後の映画が華やけし一時代を語るに十分な量の資料を地元の資産家が収集所蔵をしていたものしょうか。
それに併せて映画館専用の映写機の展示や、古い映画フィルムの収集にチカラを入れている現在だそうで、そのフィルムを使って毎月1回映画観賞会も模様されているとの館長さんの説明でした。




まだテレビというものが一般的で無かった時代の大スターたちを説明の館長さんにミンナしてウンウンなのでした。



昼食休憩で寄った羽島公園を後にしてわずか2キロ、30分ほど歩いてゴールとなった羽島市福祉ふれあい会館で11キロの
ゴールをして1時半に解散となった岐阜ウ協の総会ウオークで有りました。  でわではネ〜