第10次中仙道ウオーク・森ご夫妻隊8日目「細久手から中津川」に参加の一歩たち 09年4月4日(土曜) 天気 曇りのち雨 距離 34キロ
コース = 細久手宿・大黒屋前スタート 〜 琵琶峠・石畳 〜 大湫宿 〜 十三峠 〜 大井宿(恵那駅にて昼食) 〜 中津川宿ゴール

重なった名古屋ツーデーを欠席して出掛けた中仙道ウオークですが、名古屋2DWは毎年有るけれどコチラはたった一度の機会で逃す訳にはイケマセン。
そんな訳で4/4(土)はマイカーで集合場所まで40キロ弱をスイスイと走り7時半前に到着の
細久手宿・大黒屋さん前ですが、既に黄門さまが準備万端で玄関を出られていたり見送りの女将さんとの記念のパチリをしている皆さまです。
ワタクシもその女将さんに色々お話をお聞きしましたが、中山道が出来るのと同時に開いた旅籠だそうで、途中で男系が途絶えた時は養子さんを迎えもして守った旅籠と家系で「私が16代目で今は娘に17代目を譲ったわ」って85歳だそうです。
そんな玄関前のスナップ写真たちですが、今日の恵那までご一緒だという権田さんが向けるカメラの先には朝のスタート時にミンナと別れてご帰宅だという畑中さんと16代目の女将さんで、その後も交代で女将との記念のパチリをする皆さまです。
つかの間の再会となった畑中さんとママを思い出記念としてパチリとさせて頂いたオレですが、一瞬の出会いながらも笑顔で手を握り「お久し振りですね」って言うだけで、一夜を過ごし語り合ったかのような思いになれるお互いなのです。





午後から雨だという予報に早めにスタートですが、快調の足取りのミンナの今日は中津川宿までの30キロです。



私のマイカーにはミンナの荷物が乗り森ママが運転をして伴走となりましたが
琵琶峠石畳みへと進む我々を
森ママと「今日は楽をさせてもらうわ」っていう鈴木さんが車道に車を止めて手を振って見送ってくれます。



車も通れぬ道を歩く第10次中仙道ウオーク・森ご夫妻隊です。

開道400年を越えた中仙道ですが、壊されたり崩れたりしているものが多いという一里塚たちだけど「今日歩くこの東濃地方にはキチンとした形の一対の塚が多く残っているんだよ」って清田のダンナさまが教えてくれました。
その
八瀬沢の一里塚はこんもりとした丸い形で美しく豊満な女性の胸を思わせ、写真は一対の片方だけですが胸の谷間を歩く小人になったような錯覚になります。
更に進む琵琶峠の途中には皇女和宮の句碑が建っていました。

                      「住み馴れし 都路出でて けふいくひ いそぐもつらさ 東路のたび」

「道」というものを通して人々の生活や人生があるのは今も昔も変わりませんが、一つ一つの石を踏み歩きながら400余年の歴史の上を歩かせて頂いていることを実感出来る中仙道を細久手宿から大湫宿へです。

大湫宿を過ぎると
十三峠になりますが、ミンナして坂を登っては降りを繰り返し一つ目・二つ目と峠の数が本当に十三個有るかどうかの確認です。

でも微妙な登り降りも有り「これは峠とは言わんだろう」とか「やっぱりこれは峠だな」って、登り降りを繰り返す中を数える数がそれぞれバラバラで阿羅漢さんは「九つ目だ」といい、筒井ママは「まだ七つ目よね」って風です。
そんな中を途中に有った説明板によると「十三峠に七つ足して二十余の峠が連なる」って事で、ハッキリした数は不明のようで、ミンナして数えるのを途中で止めてしまった十三峠です。





森宴会部長と清田のダンナさまが毎年参加の中で貼り続けた赤いテープの道標ですが
連綿として続けてきた伊能仲間の中山道ウオークも十年を節目として終えられるとの話も有ります。
元々は次に続く仲間の為にと貼り続けてきたそうで「もうその必要もないしな」って今年はそのテープを貼ることをしないお二人ですが
10年間の想い出も語り合いながら道中です。

朝からの計画で「昼食休憩は大井宿(恵那市)にしよう」とのことで、距離から類推すると午後1時ころの予定となり、途中でちょっとおやつタイムの休憩などもしましたが、恵那駅近くのコンビニで昼食弁当を仕入れる我々です。
お友だちとしてリンクをしている歩きメデスさんが恵那駅からご帰宅されるので思い出パチリのコンビニ前ですが、恵那駅の待合室を利用した食事の後は本格的な雨となり雨具を付けて中津川宿を目指し歩が進みます。





途中から降り出した雨の中仙道を歩きながら



降り敷く雨の中、雨宿りをしながらも広重や北斎の浮世絵を思い「いつの世も晴れの日も有れば雨の日も有るのだ」って



、当時の人々は風雨の中をどんな目的で歩いていたのか・・・現代版の中仙道を歩く風景です。



そんな歩きも34キロの道中でしたが無事に
中津川宿の本日の宿泊先にゴールをして
ミンナでストレッチもして解散となった8日目でありました。
これは森ママに撮ってもらった駐車場の輪止めブロックを使った阿羅漢さんご指導のストレッチ風景デス。

ではでは これにてネ〜