パパママ初挑戦・韓国ウオーキングの旅  2009.10/21〜27


     本日より1週間 韓国を歩いて参ります!
     名前:竹樋パパ    日付:2009/10/21(水) 5:27

        岐阜ユースホステル主催の「紅葉巡り・谷汲山30キロウオーク」というものに出掛けたのがパパママのウオークの原点ですが
        「歩くと言うことの何ぞや」も知らずに参加して、30キロという距離を足の裏が火傷のような状態になって
        クタクタ・ボロボロでゴールした思い出から丸11年が経過しました。
 
        それが発端となってローカルウォーカーを自認しながら、ママとの同歩が始まったのですが
        本日ただ今から韓国に出掛けウオーキングをして参ります。
        紅葉真っ盛りの雪嶽山(ソラクサン)ウオークや、原州(ウォンジュ)国際大会歩け大会も旅程の中の1週間ですが
        昨夜はママに金是在さんからも「美しく美味しく親切な韓国を楽しんで来て下さい」とメールを頂きました。

        朝鮮通信使ウオークで知り合った韓国の方々とも再会が出来るかもですが
        ウオーキングの一番の楽しみは「友との出会い」や「再会」です!
        パソコンも持って参りますし、電話等も国内同様に活用出来るとのことですので
        掲示板にも現地からレポートが発信出来るようにしたいと考えます。

        でわでわ アンニョンケサヨ(韓国語では見送る側と送られる側で言葉が違うそうです。見送るほうはアンニョンカセヨ)
        チュルバム ハムニダ(さあ、出発です)!

                                                          出発の朝、我が掲示板へのカキコより

 韓国訪問 第1日目の一歩たち 2009年10月21日(水) 天気 晴れ
第1日目 旅程 = 中部国際空港(セントレア)発 ANA機 AM10:30発 〜 韓国仁川国際空港(インチョン)到着 PM12:30 貸切バスにて江原道東草市へ 雪嶽パークホテル宿泊

皆さま アンニョンハセヨ〜 
って、持ち込んだノートパソコンから日々の様子を速報形式で韓国から掲示板にアップの毎日なのでした。
第1日目となる10/21(水)は一週間分の荷物を大きなトランクに詰め込んで期待に胸を膨らませて出掛けた中部国際空港セントレアでしたが、余裕アリアリの2時間近く前に到着で、朝食を食べたりエントランスから発着の飛行機を眺めたりです。

何時もの如くでカメラで空港内でのママの様子も撮ったりでしたが、通関手続きの構内でシャッターを押してたら直ぐに係官が飛んで来てその映像を直ぐに削除でしたが、そこは何が丸秘なのか撮影禁止場所となっていました。
そしてANA機への搭乗ですが何気ないママのように見えるかもだけど、実は飛行機が大嫌いで緊張しまくりなのです。





離陸から約2時間、高所と閉所恐怖症に震えるママの手を握りながら
晴天に見える韓国の地上風景を楽しみながら仁川空港に予定通り無事に到着です。

中部国際からのパパママ、福岡空港からの大村さんやアルクハイマーこと中村さん、関西空港からのヘミジャさんやボッチャさんたち、成田空港からの佐藤さんや和田さんやオッパーさんや埼玉グループなど、日本各地の空港から合流のミンナを迎えて頂いた韓国の柳(ユウ)さんがご用意のバスで江原道(カンウンドウ)へと移動した我々です。
仁川から横に流れるハンガンと広がる大都会のソウルの街を眺め、高速道路を幾つも乗り継いで西海岸から東海岸への大移動の約4時間、車窓から眺める風景のなんと素晴らしいことか。
文字も違い走る車の流れも日本とは逆で、途中の目に付いた農村風景は刈り取りの始まっている田園や朝鮮人参の黒い幕を掛けた畑、唐辛子の赤く色付く畑や路肩のテント小屋での白菜売りの様子など・・・キムチの漬け物が始まるこれからなのだろうか。

日本と時差が無い分韓国のほうが日暮れが遅めなようでしたが、午後6時を回ってやや暗くなった頃に初日宿泊のホテルに到着をして、夕食は魚や豆腐のキムチ鍋で、汗が流れて止まらずビールがとっても美味しかったデス。

見知った人とも見知らぬ方々とも会話を弾ませ、どれも辛くて珍しい味に舌鼓を打ちながらでしたが、お腹を満足させてネットルームに集まった右の一枚は初日宿泊のホテルからユキちゃんが我が掲示板にカキコをしている様子です。
でわでわ 。




 二日目につづく 目次に戻る