パパママ初挑戦・韓国ウオーキングの旅  2009.10/21〜27

 韓国訪問 第二日目の一歩たち 2009年10月22日(木) 天気 ピカピカの晴れ
第2日目 旅程 = 雪嶽山(ソラクサン)観光ウオークの1日〜 夕食は東草港で刺身パーティ〜  雪嶽パークホテル連泊

10/22(木)は雪嶽山(ソラクサン)の麓に立つホテルで一泊目を過ごした我々ですが、朝食を済ませて快晴の心地よい空気の中を雪嶽山観光ウオークに出掛ける一日で、朝のスタート前の集合写真からです。
「この先もし行方不明になった方が居た場合には、これが全員がまだ無事に揃っていた時の状況証拠だからネ〜」って、肝心のワタクシは手前の影となって写っております。


日本で言う国立公園のようなところだそうですが、ホテルから歩いて向か目の前の紅葉も、見上げる左右の山々も見事に素晴らしい風景の朝です。

柳さんのコースガイドで歩い公園内にですが、道を走る車の方向が違う事に違和感を感じつつ、ママやミンナからは「間違えて車道に飛び出さないようにネ!」って、安全確認をしてOKと思ったら反対から来る車に自分でも勘違いしそうです。
公園内ではトウモロコシというよりトウキビって感じの食感のこれです。


韓国の人は山が好きだと聞きはしたけど、平日の木曜なのに早朝から公園駐車場へは大渋滞だし、公園内もまだ9時過ぎなのに老若男女と大勢の人出で、これから乗るというロープウエィも1時間待ちだとのことで、マッコリを呑む人も居たりミンナでロープウエィ乗り場近くを散歩もです。

ロープウエイに乗って山頂部へ登りましたが、今から空中散策です。

ここは写真スポットのようで、写真屋さんが「このような写真を如何かね」って言うのを見て、そのツーショットのポーズを真似たパパママですが、異国の地に気分もハイ!になっています。そしてユキちゃんやオッパーさんと大村さんもです。
ところで顔は笑顔だけど、この直ぐ後ろは断崖絶壁で、日本ならば鉄柵などが有って当たり前のような場所で内心恐怖もです。





上から人が降って来るかと思うほどの登りだけど、恐怖に足が動かせず、自分の手も使って足を移動させながら
ママ〜 しっかり岩を掴んで手を離しちゃダメだヨ〜




足が竦むような頂上へだけど、中村さんのへっぴり腰からその恐怖が伝わりますでしょうか。



ミンナが行くので無理して登ったけど、やはり山頂部からの見晴らしは最高です。



でも、カメラを構えながらも下山を考えると胸はキュンだし足もガクガク・・・それに比べて女性陣の元気な事!

下山後はお寺へですが、どこかで見たような大仏様が座っておられ、仏教伝来は中国から韓国そして日本へとということが理解出来ます。

ユキちゃんやオッパーさんにも誘われてやって来た韓国ですが、ヘミジャさんやボッチャさんなどともご一緒となれたし、片言のハングルと笑顔のみで昼食に寄ったビビンバのお店の女性とも交流です。

午後はどんどん渓谷の奥へ




どのようなスタイルで出掛けようかな?って思っていたら、ユキちゃんから「普段と一緒で大丈夫よ」から言われ
いつものウオークのように△帽子でのパパママだけど、そのシルエットが川の巨岩に




韓国でもこの△帽子が珍しいのか、現地の方からも声が掛ってご一緒記念です。



柳さんのご案内でどこに行っても安心です。



夕食は東草港近くのお店でお刺身を中心に魚料理でご機嫌に
2日目にして韓国を堪能しています!


 三日目につづく 目次に戻る