愛知ウ協12月例会「伊勢湾・セントレア眺望ウオーク」に参加の一歩たち 09年12月12日(土曜) 天気 暖かな晴れ 距離 14キロ
コース = 新舞子マリンパークスタート 〜 大野海水浴場 〜常滑公園(昼食) 〜 多屋海岸(多屋の松並木 〜 伊勢湾沿い 〜 常滑駅ゴール

12/12(土)は超久々に地元愛知県ウ協の例会に出掛けたパパママで、集合場所は名鉄空港線・新舞子駅へとなのです。
知多お遍路ウオークとも重なる前半年の出席率は悪くないけど、後半はアチコチ外のウオーク大会などへも足を伸ばす事が多く、気が付くと8月参加以来でしたが「どちら様で?」とか「おおぅ、足は有ったかネ?」ってイヤミを言われちゃうほどです。
新舞子駅を下車すると吉田さんが案内で、垂井の伊藤さんとも再会ですが、彼も気ままなウオークの日々だそうで「今日は来年のお遍路の申し込みを兼ねてね」って我々同様に久々だそうです。
集合場所は駅から海岸へと向かった
新舞子マリンパークというところですが、植野さんが待っておられ来年から岡崎ウ協が始めると言う「さくら街道300キロウオーク」へのお誘いなどです。

古くから新舞子は遠浅で長汀という好条件を備え,知多半島でも有数の海水浴場として栄え、連なる旅館には名古屋辺りの旦那衆が芸子を連れてきたり、家族連れで賑わい「知多のマイアミ」とまで呼ばれたここだそうです。
それが工業化により海岸地帯がどんどんと工場群に侵食もされ、過っての水のキレイさも失われた伊勢湾でしたが、各企業が公害というものに意識を向ける余裕が出来てきて取り組みもし、再整備もされ人口島としての今のマリンパークとなっているようです。




朝から強い日差しでママもオレも直ぐに上着を脱いだけど
12月半ばとは思えぬ暖かさで、出発式やストレッチもして公園内を一周するころには薄っすらと汗です。


如何にも知多半島らしい空気を残す旧道を通って新舞子に隣接する大野海水浴場へと歩を進めますが、本日のコースリーダーは地元の室谷さんで旗手は後藤粛さんです。
小一時間ほどしっかり歩いたつもりが、海岸の堤防を上がって海側を見るとスタートしたマリンパークが直ぐ近くでしたが、真ん中の一枚はナビ野儀さんと半田の山本さん、右ハリコには片岡さんともうお一人のコースリーダーの堀さんだけど、トイレ休憩中の話題は既に来年の知多遍路となっていました。
それにしても歩いていると暖かさを超えて暑ささえも感じる本日です。


パパは黄旗安全班をしていたので気が付かなかったけれど、今日のウオークに大学生が二人参加をしていてママと会話を弾ませていたようです。
聞くと可愛くて初々しくて二人は平成2年生まれで年が明けると成人式だそうですが、保育関係の大学の授業単位の一つとしてこうした行事への参加認定が欲しくて参加したとのことだけど、早足で歩くジジババの元気さに驚いているそうです。

知多のお遍路道を逆行するかのようなコースで道中の途中には幾つかの札所も有った大野地区を抜けて常滑公園で昼食休憩となりました。
パパママはヒゲおじさんやお笑いてんぷく(天白)チームと一緒に体育館脇のベンチのような陽だまりでしたが、長いこと座っていると直射日光が眩しく暑いほどです。
さあぁ、一時間ほどの休憩をして午後のスタートです。


久々にお会いした加藤翁86歳も先頭付近を快調な歩きで、途中の列詰めで足を止めるとストレッチもだけど、本日参加の最年長者と来年成人式だという最若輩20歳の間にワタクシの人生の全てを入れても余りある年齢構成の本日の共歩きウオークです。 スゴイね〜




午後も海岸通りへ出るコースでしたが多屋海岸という地名だそうで、道中には多屋の松並木という古くからの海岸に向かう小道が有り
きっと真夏には水着を着たチビどもがキャーキャー言いながら浮き袋を腰にはめて走ったであろう
昭和の時代が思い出されるようなステキな松並木と海岸風景です。



普通ならば風も強くて寒いほどの時期であろうに、海風が歩く体に心地よく
対岸に見える四日市港や御在所岳方面までも見渡せ



向かう正面には中部国際空港も見える素晴らしい青空と海のロケーションです。




一緒に歩く大好きな奥田大家老や金庫番の阿部さんですが
パパママが愛歩に入会した時から既に役員をされていて協会を支えて来られたけど、この方々が居てウオークの楽しさを味わってきた
我が家の愛歩歴11年目も最終となる例会日です。



今年蔵王温泉ツーデーで温泉の湯を一緒に楽しんだ青木さんや浅野さんとは既に来年の遠方ウオークの話題でしたが
もう鬼も笑わない12月半ばです。


多屋海岸から向かった常滑駅の途中には2005年の愛知万博と合わせる様にして開港をした人工島のセントレア空港に通ずる海上道路でしたが、当初計画ではホテル群が立ち並び一大レジャーセンターや巨大ショッピングモールも建設される予定だったけど、昨年の世界不況の煽りを受けて頓挫したのか雑草に埋まるままの広大な造成地でした。
晴天に恵まれて快調な14キロの歩は全員が無事に
常滑駅に午後2時前にゴールとり、ストレッチもして解散となった納会ウオークの本日でした。
アンカーの吉田さんや中村さんもお疲れ様でした。 でわでわ コレにてネ〜