「第11回・下呂温泉里山歩きツーデーウォーキング大会」初日に参加の一歩たち 10年11月20日(土曜) 天気 晴れ 距離 20キロ 
南飛騨健康・20キロコース = 萩原南中学校スタート 〜 JR高山線・萩原駅 〜 中部北陸自然道 〜 皇樹の森 〜 南ひだ健康道場 〜 スタート会場ゴール

11/20(土)全国各地で様々なウオーク大会が花盛りの中、我が家のHPトップページにトミコ画伯が動画で飾る表記タイトルの下呂温泉へと今年もやって参りました。
初日会場は名古屋方面からは下呂温泉を過ぎて更に10キロほど行ったところの旧萩原町の
萩原南中学校へとですが、マイカーで自宅から41号線をほぼ2時間、例年に比べて寒さが柔らかいように思う今年です。
会場に入ると地元下呂市の高田さんや今井さんが居られ早速に記念のパチリですが、スタッフの皆さまとも懐かしの一年振りの再会となります。

「今年もよろしくネ〜」ってご挨拶をして受付もですが、岐阜の古越ご夫妻や林さん、愛知の池野めだかさん(メダカは勝手にオレが付けたあだ名デス)も会場にです。

二年後に岐阜県で開催の「ぎふ清流国体」マスコットのミナモ君も開会式に現れましたが、2012年には県内各地で様々な競技が模様され、ここ下呂市ではハンドボールとソフトボールの二つが行われるとの紹介で、彼がリードのミナモ体操で参加者全員がストレッチ体操もです。
本日は地元中学校の生徒達も大勢参加でしたが、生徒達のうわさによると一般参加者を追い越してはならぬルールの本日とか・・・でもワタクシが思うには歩く前で判らぬだろうが「参加のジジババたちを、お主ら追いつけるかや?」なのです。


下呂市長のご挨拶なども有った出発式を終えてイザスタートで、20キロ組が先にスタートでその後に12.5キロ組、最後に生徒たちのようですが、岐阜ウ協の河瀬会長が手を叩いて見送ってくれます。
我が家も20キロコースへとですが、ショートを歩かれ明日は参加出来ないといい、本日が80歳となる誕生日だという高田さんと「また来年もね」って再会を誓い合って手を握りバイバイをしてコースへとです。





5町村合併で下呂市となって毎年のように初日開催場所を旧小坂町や旧金山町などと変えていたけど
ここ三年ほどは変えずに旧萩原町の本会場からのコースです。



昨年は雨の中をかめさんとだったし
一昨年はまだ3歳だった孫の萌生ちゃんをベビーカーに乗せて参加だったけど



年を重ねて懐かしささえ感じる下呂の里山を歩かせて頂きます。




今年は我が家の庭の木も落葉盛んとなっていて、「下呂辺りはもう遅いんじゃ」って思っていましたが



何がなにがで美しいことこの上無しの下呂の秋を満喫しながら




皇樹の森では美味しい豚汁を頂いて一服をして更に紅葉を堪能です。



あっちで「ワーオ!」こっちも「ほらぁ〜」って、我が景色を自慢しあうが如くに互いに艶やかさを競う左右の木々左右に首が痛くなるほどですが



会場から
益田川沿いに上って、対岸山手を戻るコースを20キロ、午後1時過ぎにゴールとなりました。
今回は宿の手配が遅れてどこも満室の下呂温泉だったので
2日間行き来しようという事になりましたが
信号のほとんどない飛騨川沿いの41号線を2時間ほどで、午後4時には帰宅出来た初日でした。

でわでわ ネ〜