「第11回大会・中川アルプス展望・さわやかウオーク」2日目に参加の一歩たち 10年12月28日(日曜) 天気 薄曇り 距離 15キロ 
アルプス展望・天竜・里山15キロコース = サンアリーナスタート 〜 大草城址公園 〜 かつらの丘 〜 六識園 〜 柏原地区集会所 〜 天竜川沿い 〜 会場ゴール

前夜は同行の友と夕食もご一緒で一つの部屋で一夜を過ごすまるで修学旅行のようですが、会場から直ぐの中川村が営む望岳荘で一泊をして朝7時半に会場入りです。
昨日も一緒に歩いた恵那の伊藤ご夫妻や同じ宿に泊まった愛歩の中村さん、我が家ご一行の皆さま、加えて岩村カッパの堀さんなどとも会場で朝のご挨拶からです。


遠方から参加の方々は我々と同じ宿だったり、近隣の民宿などにお泊りだったようですが、8時を回って参加者も全員集合となり出発式となりました。
写真が上手に撮れずハリコはなしですが、地元出身で北京オリンピックの競歩に出場したという方が指導のストレッチもあり、みんなでエイエイオー!の檄を飛ばしてイザ・スタートとなるサンアリーナ会場です。


生憎の曇り空ながらもお陰で冷え込みも柔らかく、旗手を先頭に20キロ・15キロ・6キロと順次会場を後にですが、へたすりゃ0度近いかもヨ」って厚着をしていたら直ぐに体内がホカホカとなり「もう上着も要らないワ〜」って我がママだけど、今日の森宴会部長はしっかりと厚着?です。

みんなしてワッサカ・エッサカと今日は昨日と反対の天竜川の東側の高原ウオークとなりますが、道中には養命酒発祥の地やら米澤酒造やら、望岳荘もコースの途中で、敦子さん曰く「なぁーんだ、ここで待ってりゃ良かったわ」だそうです。
滋賀の慶介くんもオジサンとオバサンが変な帽子をかぶり、互いをパパママと呼び合う我々に興味津々で、オレが身上調査の如くに次から次へと矢継ぎ早に色々な質問をするもんだからずーっと同歩のスタートからです。
でもこれがチビっ子と親しくなる秘訣なんだよネ〜


小一時間ほども歩かぬ大草城址公園チェックポイントでは手打ちそばの接待もです。
朝ごはんをシッカリ食べたのでまたお腹が空いていないけど、でも美味しい手打ちそばをみんなして「頂いちゃいますネ〜♪」ってお代りまでも頂いて、お腹一杯になった岡野前会長とご一緒の満足顔の敦子さんや我がママです♪


あちこちでリンゴやジュースや漬け物などの接待を頂き、本日もリンゴ狩りをさせて頂ける六識園さんへとやって来ましたが、昨年も奥さまと一緒に記念の写真を撮っていて、帰宅後農園の名前をネットで調べたらホームページを持っておられる事が判り、その写真をメールでお届けした高橋さんご夫妻の果樹園です。
今年はリンゴ狩りとは別にみんなに一個づつ紅玉を配ってくれましたが、敦子さんが「もったいないわ〜」って、今は貴重なリンゴだそうです。





リンゴ満喫ウオークの本日ですが、中川村の爽やかな空気を揺するようにガハハハ・ハって闊歩デス!

続いて行った柏原地区集会所でも毎年のように手作りの漬け物などを用意して待っていて頂けて、普段口にしないような田舎の味に「美味しいワ〜」ってテーブルに群がるミンナですが、いっぱい作って歓待して頂けるのはこちらのファミリーで、お孫さんもずいぶん大きくなっている今年です。




背中のリュックも軽く本日は15キロコースとやや短めの距離でしたので、ゴール手前の坂道も楽々と



まだお昼前にゴールとなりました。



ゴール後はみんなして米澤酒造さんを訪問。



そして六識園さんを再訪問。リンゴのお土産を頂いて帰路となった2日間でした。 でわでわ ネ〜