碧海幡豆ウ協3月例会「知多半島横断・佐布里池観梅ウオーク」に参加の一歩たち 11年3月6日(日) 天気 晴れ 距離 14・17・20キロ
コース = JR東海道線・大府駅スタート 〜 あいち健康の森 〜 吉田公民館 〜 愛知用水路歩道 〜 佐布里池公園(昼食) 〜 佐布里パークロード 〜 太田川駅ゴール

昨日は愛知県内の中学生の卒業式でしたが、我が小牧市内でも式を終えて着飾った親御さんと一緒に晴れやかな顔をして校門出る子達が見られた日中で、冷たいながらも穏やかな三月風景となっていました。
我がリンク先の高蔵寺の森ご夫妻やあるきメデスさん、そして安城の西川ご夫妻も四国遍路の旅の途になっていますが「遍路」は春を意味する季語だそうで、卒業生同様に芽吹きの季節に相応しい四国路となっているでしょうか。

さてさて 3/6(日)は表記タイトルの観梅ウオークへとです。
いつもは受付をされている敦子さんも前記の通りご不在ですが、互いに協力をして朝から受付を店開きはご覧の皆さまで、出発式ではたかが一支部(失礼)の例会としては珍しいカラー両面刷りの見やすいコース図を用意の本日で、距離も14〜20Kmまで3コースを準備の至れり尽せりデス。


今例会の下見をご一緒にした樋田さんがコースリーダーとなりイザ・スタートのJR大府駅ですが、黄旗を持ち先頭に立つ海口さんや伊奈君が安全班、そしてワタクシはカメラを持って記録係の本日です。
先ずは「あいち健康の森公園」へとで、御歳87歳で来年1月には米寿を迎えようとする当会マスコットの横井さんもご一緒の本日ですが、全国を股に掛けて歩かれる四日市の長さんに岡崎の間瀬さん、弥富金魚の柴やんなどスーパーウオーカーもこぞって頭を下げに来られる彼女なのです。


蛇行するように公園内を巡る遊歩道で最後尾にカメラを向けましたが、案の定でアンカー手前を歩くのは水野ママで、更にやや離れて最後尾を歩かれる赤旗の水野パパです。
一人で巡拝をする人の白装束の襟に「同行二人」とあり、「君は一人じゃないよ。ワタシが付いているからネ。」って意味の弘法さまの言葉だそうですが、「あんたら仲が良いね」ってオレに言う水野パパにも、このことと写真を添えて返したい同じ言葉でアリマす。


下見時にトイレ借用をお願いしていた大府市南部地区高台に位置する吉田公民館ですが、管理をされている常盤さんが出迎えてくれ丁寧に見送りもして頂けましたが、彼の奥様は我が小牧の住人だそうです。
ワタクシがHPを持っていることを伝えると「高台の緑の館をPRしてよネ〜」って事で、一旦は全景を撮りに下ってみたけど、皆さまも気軽に寄れる「吉田公民館」を覚えてネ〜・・・って、軽い歩は続きます。


途中休憩を何度か繰り返し奥池公園から愛知用水路遊歩道を通って目指した、梅の花咲く佐布里池(何度も伝えるけどこれで読み方は「そうりいけ」なんだヨーン)へとデス。
そうそう 今回登場のこのグッズですが「各休憩場所に長く列をなして来る参加者に出発時刻を知らせる為に」と、農園の手を休めて技を凝らして作った海口さんの作品だそうです。
リーダーの樋田さんが持つ初めて見るコレに集まる皆さまでしたが、オレが「柄は便所モップのものだよ」って言うとチョット引き、今度はマグネットプレートの数字をひっくり返すと「いたずらしちゃダメじゃな〜い」って集まるミンナで、苦心の海口作品を遊ぶオレです。





梅祭り最終日だという本日は公園の駐車場に入れない車が路上駐車するほどいっぱいの人出でしたが
広過ぎる公園内はゆったりと観梅の出来る場所が有り、思い思いにくつろぐミンナです。



今回は四国遍路で不在の西川夫妻でしたが、我がママが敦子さんに梅林の花の写真を送ったら「四国は雨です」ってお返事メールだったけど
こちらは青空の下で水野パパから頂いたビールで花見酒なのです。



  「お酒呑む人 花なら蕾 今日も咲け(酒)咲け(酒) 明日も咲け(酒) ああぁ こりゃ・こりゃ♪」 ご機嫌だネ〜♪




これは海口さんカメラで撮って頂いたものをハリコです。有難うゴザイマス。

このレポートを見た釧路のヤンアロ様が「北海道とは3ヶ月違う」って言ってましたが、菜の花が満開となり、淡い黄色の木はサンシュだと教えて頂いたけど、花の香りに包まれて花満開ウオークの本日です。

歩く距離やスピードが魅力だと言われる碧海幡豆ウ協で、それを特徴にしてコース計画を立てていますが、梅の香の遊歩道を横切るたくさんの交差点で、後ろから前に走っては安全班に努められる海口さんです。
「歩くのは自己責任だから、黄旗安全班を止めよう」との話のところも有るそうですが、参加者が無事にゴールされるよう努めるのは企画側の責務です。


昼食会場となった佐布里池公園でショートコース14キロをフィニッシュされた方を残して進んだ佐布里パークロードでしたが、最終ゴールの太田川駅一つ手前の尾張横須賀でミドル17キロの方々とも分かれ、本日ロングコース20キロも無事に全員が完歩となった3月例会です。
岡本会長から〆の挨拶や観梅に続いて観楼ウオークとなる次回例会の予定などを伝えて解散となりました。
でわでわ これにてネ〜