碧海幡豆ウ協6月例会「美濃三不動と犬山成田山ウオーク」に参加の一歩たち 2011年6月5日(日曜) 天気 くもり 距離 15・19キロ
コース = 名鉄岐阜線・苧ヶ瀬駅スタート 〜 山中不動 〜 迫間不動 〜 各務ヶ原公園(昼食) 〜 日の出不動 〜 大安寺 〜 犬山成田山 〜 犬山駅ゴール

6/5(日)は碧海幡豆ウ協6月例会へとで名鉄岐阜線・苧ヶ瀬駅下車で、ここ二ヶ月ほど参加が叶わずご無沙汰感を感じながらだけど、変わらぬ笑顔が迎えてくれて向う集合場所の苧ヶ瀬池へとです。
このコースは4年前の1月に歩いた事があり、参加した人にとっては思い出深いと思いますのでその時のレポートも下に添付しますが、さて本日はどんな一日に?

    ↓ 笑っちゃうような07年1月の時のレポートです。 URLをクリックすると見られますヨ


    http://takehipapamama.hippy.jp/07walk/070107/070107.htm

四日市の長さんもご参加の本日でしたが、珍しく中村さんも参加で二人して上から下まで合わせたかのようなペアルックにハイチーズの朝で、四年半前のリベンジだというコースリーダーの伊奈君が先導をして先ずは山中不動へとです。
晴天ならば暑かろうと思っていましたが、新緑も茂って一層に大きな緑陰となったトンネルを風が通り心地良い朝のスタートです。





水野ママや



水野パパとも、あの雪の日の思い出を語り合いながらのウオークでしたが



白爪草の白い絨毯に重ねて思う降雪のあの日のことです。

穏やかな一日の事は記憶が薄れてしまうけど、辛かったり大変だったりの思い出は人生の節として心に深く刻まれて
いつも繰り返して思い起こされるもので
今東日本で苦悩の皆さまの現状が早く「過去の思い出」となられるようと願わずには居られぬオレです。


緩やかながらも続く登りの遊歩道をフウフウ言いながらも歩き通して迫間不動へと到着ですが、ここでグロッキーの水野ママがリュック当番となってみんなして背を軽くして一番奥の岩屋堂に参拝です。




「怒髪天を突く」の如く怒りに満々ちた形相で参拝者を睨む不動明王ですが
仏法の障害となる物事に対する怒りを表したその威厳の形相が民衆の心を引きつけ
強い不動尊に頼ろうとする弱き民衆の信仰の元となっているそうです。

大きなロウソクを立てて不動明王に祈る驚くほど大勢の方々でしたが
いつの時代も誰もが常に心の支えというものを必要としている事を実感なのです。

本日は敦子さんともご一緒ウオークですが、各務ヶ原公園で昼食休憩を済ませて三不動の最後となる日の出不動へと参った碧海幡豆ウ協で、更に続いて大安寺へとです。




大安寺山門の石柱に刻まれた二文はウオーカーの為に有るような碑文で
大好きなこれらだったけどお天気のせいか上手に撮れなかった写真を皆さまは読めますでしょうか?

右に
「歩歩是道場」・・・歩々是道場とそのまま読みます
人生を歩歩と表現したのでしょうが、オギャアと生れたヨチヨチが
ピョンピョンと跳ねるが如くに青春を過ごし
齢を重ねてヨタヨタと しかしどの一歩も己が人生で、全てが修養の場なのです。

左に
「脚下起清風」・・・脚下清風を起こすと読みます。
胸を張って背筋を伸ばし、手も足も大きく元気に振って、大自然に向って颯爽の快歩
自分自身が清風を与えるような人になれ!って言ってます。




迫間不動からほぼ一本道を下るが如くに並ぶ社寺でしたが、その先は中山道鵜沼宿へとで

最近改修されたのかJRと名鉄をつなぐ空中歩道と命名の構内を通って新鵜沼駅前へとです。
最近は足腰が弱ったという水野ママでしたが、四年半前の雪風景と重ねて見たくて歩き通した新緑の美濃三不動で、彼女一人がショート15キロのフィニッシュとなりました。


木曽川を渡る橋の上から名鉄電車に乗り込んだ水野ママに手を振って見送って進んだ犬山成田山へとですが、互いのお仕事の都合でご一緒ウオークが少ない竹下ご夫妻も本日は二人揃ってだったけど、負けずにパパママも犬山城をバックにツーショットをデス。

余談だけどご一緒ウオークのお友達が教えてくれた歴史の事で、ここ犬山は江戸の成瀬家の所領で治外法権があり、八百津町で材木を筏に組んで木曽川を運河として名古屋へとだけど、台風などでバラけた材木を川沿いの住人が盗んでも領内に逃げる犬山の者は罰せられず、江南方面の住人は捕まると打ち首だったそうです。
歩いているといろいろな事が勉強になります。


ゴールとなる犬山駅へとですが、我が家はマイカーで出掛けた犬山駅へとで朝から賑やかさを感じていた駅周辺は「犬山踊芸祭」(とうげいさい)開催の土日で、大音響のよさこいソーランの音楽に合わせて「そりゃ♪そりゃ♪そりゃ・そりゃ〜♪」って演舞のあちこちでありました。

雑踏の歩道を抜けて駅前にゴールのロングコースは19キロでしたが、終日の曇り空も30度近い気温に蒸し暑く我がママは真っ直ぐにコンビニへだったけど、手にして来たのはやっぱりガリガリ君です。




北海道・花街道ウオークに出掛けられるの西川ご夫妻の無事の行程を祈ってバイバイとなった本日ですが
気付いたら海口さんも既にモナカアイスを平らげるところでアリマした。

でわでわ これにて ネ〜