第8回「熱田−伊勢初詣で125キロウオーク」三日目に参加の一歩たち 2012年1月9日(月曜) 天気 薄曇り 距離 19キロ
コース = 近鉄本線・津駅 津観音スタート 〜 伊勢街道 〜 雲出川(昼食) 〜 伊勢街道 〜 松坂ゴール

三連休をウオークで過ごしたパパママでありますが、昨年12/4以降四人目の孫の誕生などとも重なり一歩も歩かずにいたものだから、1/7(土)熱田−桑名の29キロで我がママ共々互いに足がパンパン、1/8(日)の岐阜ウ協初歩き15キロが異常に長く感じるほど疲労困憊クタクタとなってしまいました。
と言うことで1/9(月)再度の熱田伊勢三日目は、当初は白子スタートのつもりだったけど急遽
津観音からのショートコース19キロとした我が家で、お陰でこれがストレッチウオークとなったのかゴール後は足の疲れも取れた感でアリマした。

さてさて そのレポートですが、乗った近鉄電車には大勢の参加者たちで福田女史や東京の坂本さんなども名古屋泊まりだったでしょうか、会場へとご一緒ですが、到着の会場にはやはり今年米寿となる広島の津田さん居られ、早速に横断幕前で記念のパチリをです。


更には札幌の照井さんも居られ、もちろん朝メールでここで合流をすることを知らせていた高蔵寺の森mamaご夫妻ともですが、一緒に宿泊をしたという西川ご夫妻の話題を交互に語るお二人に我がママは「朝からお腹が痛いわ〜」って大笑いです。
「笑門来福」の皆さまと歩かせて頂けるサイワイを感じながらの出発式は、ストレッチやコース上の注意も受けてイザスタートとなります。


初めて参加のショートコース、昨年までは白子を出て約3時間半、中間チェックとなる観音寺アーケード街のうどん屋さんで昼食でしたが、本日は10時にここをスタートのため「お昼はどうしようか」と思いつつ「たぶんコンビニがドコかに有るだろう」って何の用意もなくイザ・出発となりました。

ところが最初から伊勢街道へとで、コンビニどころかお店らしきものが無く、店が有っても閉まっているのか廃業なのか、かろうじて開いていた和菓子屋さんに「おはぎ」が売っているのを森宴会部長が見つけてくれ、早速に購入です。
そして進める街道ウオークですが、朝6時前に済ませた朝食では身が持たず歩き始めて一時間ほど





トイレ休憩を兼ねておはぎタイムとなりました。
今回ショートコース参加の楽しみはロングコースの方々が「どの辺りで追い越して行くだろうか?」ってこともで



突然のように後ろに居た森宴会部長が「さあぁ道を開けて〜、お通りだヨ〜」って、最初に来られたのが石川県金沢の方です。
時計を見ると11時26分、我々も1時間半ほどを歩いていたので白子から23キロほどの地点だったと思うけど
時速7キロ近いスピードでアッと言う問に消えて行き



それを追いかけるように岐阜県各務原の方



更にオレが勝手に池野メダカと呼んでいる愛知県豊田の女性ハイスピードウオーカー池野さんたち6人ほどの集団もデス。
ミンナして異口同音に「食事はゴール後だよ」って
一切の休み無しウオークだそうで、「頑張ってネ〜」ってその背中にエールを贈って声援ですが、頑張らなくちゃイケナイのはコッチだったかも。。。

時計を見ると12時で雲出川手前の橋の下で腰を下ろして風を避け森mamaから分けて頂いた昼食でお腹を満たしましたが「今ごろ西川・筒井夫妻や和田さんに海口さん達も、一緒に観音寺アーケード街で食事中かも?」って話もです。
後ろから近付いて来るであろうミンナを思いつつ、次々と来る白子組に抜かれながらも、立派な常夜灯や道標に足を止めたり、その説明板を読んだりもです。


こののんびりウオークのお陰で、会場入りのころは足首や足の裏に痛みを感じていたのが消え、正にストレッチウオークとなっている本日ですが、左は近所の方がウオーカーたちにカメラを向けていたので、昨日までスタッフをしていて「ようやく今日は歩けるわ」って豊田の渋谷さんも加わってハイチーズです。
更には馬に乗ったまま出入りしたという立派な長屋門の邸宅もですが、お伊勢参りの旅人を相手に儲けたのか広く立派な家が立ち並ぶ伊勢街道です。





午後1時50分、一宮の鈴木さんと碧海幡豆仲間の藤原さん



ゴールまで「あと3キロ」の表示となりましたが



岡崎の井上さんと、次々に元気な笑顔で後ろから来られ我々を抜いていきます。




一緒に観音寺をスタートした弥富金魚の柴やんや岡崎の橋本姫などとも互いに前後しながらですが
これらは向けるカメラに笑顔で応えてくれる皆さまのホンの一部で
割愛の皆さまにはハリコが無くてゴメンナサイね〜

笑いは脳を活性させて「病」に対する自然治癒の力さえもあるそうだけど、泣いても笑っても日々人の暮らしならば、大いに笑って過ごしたいもので、玄関の注連飾りさえも笑って見える伊勢参りの道中です。

昼食を持たずにスタートしたせいで、ずーっと前から「温かいうどんが食べたいヨ〜」って言っていたオレでしたが、ゴール手前に我々を待つように店の暖簾が「おいで・おいで」をしていて入った森ご夫妻とパパママです。
               中に入って早速に注文しようとすると店主が「頭が悪いもんでちょっと待ってよ」って言いながら
               先ずはと頼んだ2本のビールに対して中瓶だからとテーブルの上に栓を抜かずに4本置いて行く
               結局はうどんが出来るまでの間に空になってしまった4本のビールだけど、ハタと膝を叩いて気付く
               伊勢街道の旅人を相手に儲けた商売の極意を見たようです。
きっと昔の旅人もちょっと一杯のつもりなのに大徳利を前に置かれて、文句を言いながらも呑み干して、金を取られていたのでは・・・
そして出て来た太くて熱々のうどんですが、その濃い醤油味が疲れも有ってかなんと美味なのデス。





お腹を満たして松坂ゴール手前の赤い橋を越え



無事に19キロを歩き終えた森ご夫妻との午後3時でしたが



伊藤会長とのゴール記念のパチリもして



会場を後にしようとするとどこかで見た顔がゴールしてきたけど
ナンと日歩の甲斐根さんで再会が出来た今年もデス。 やはりご縁ですネ〜♪

大阪の戸田さんや西川ご夫妻グループなどは今道中のどの辺か?
翌日から仕事のためそのまま会場を後にしましたが、また何処かでご一緒ウオークが叶いますように
でわでわ コレにてネ〜