第20回記念大会「びわ湖長浜ツーデーマーチ」初日に参加の一歩たち 2012年5月12日 天気 晴れ(強風) 距離 20キロ
国宝彦根城コース = 彦根総合運動場スタート 〜 彦根城 〜 米原小学校 〜 長浜ドーム 〜 ながはま大仏 〜 さざなみ街道 〜 豊公園会場ゴール

毎年恒例となった知多四国巡拝と重なって、ずーっと行きたかったけど断念の続いていたびわ湖長浜2DMで、今年は二人遍路になって叶った本大会へとですが、過去のレポートを確認すると7年振りとなる今回です。
5/12(土)先週来の薫風の5月に去ったはずの低気圧が戻ったのか、暖気(軽い)が上空へと押し上げられその下に冷たい寒気(重い)が入り込む事によって吹く強風ですが、1週間前の各地を襲った竜巻以降も居座り続ける日本海側のようで、朝の愛知は快晴ながら名神高速で1時間半ほど、晴天かと思っていたら曇り空の
長浜豊公園会場へと朝7時過ぎで有りました。

当日申込みで参加でしたが、パンフレットを見て船で琵琶湖を移動する「琵琶湖満喫遊覧船20キロコース」ってのにエントリーしようかと思ったら既に事前申込みで満員、「電車で移動出来ますよ」って教えて頂き「国宝彦根城20キロコース」へとです。
会場へ向かう途中で「聞覚えの大きな声がしたから」って、愛歩の板垣さんに声を掛けられましたが、オレが勝手にお笑いてんぷく(天白)チームと呼んで親しくしていたそのお仲間のお一人、板垣さんと久々の再会です。
昨年春に浅井さんが往かれ寂しくなったけど、細くない細井さんや明るい藤井さん、更には小島さんの事なども・・・


国宝彦根城コースの会場となる県立彦根総合運動場へと行くと、小牧のよっさんご夫妻や、四日市の長さんなど、見知った顔もたくさんで、ナンと小林さんご夫妻も参加の本コースで有りました。

空は厚い雲に覆われて、快晴の愛知小牧を出た今朝との差に信じられぬほどですが、寒いほどの中の開会式では特別ゲストとして築城400年祭を期に生まれたひこにゃんの登場で、全国各地に名も知れぬユルキャラが多い中、全国区のひこにゃんに熱い参加者たち、みんなして写真を撮ろうと前へ前へで我がママもですが、ミーハーのご一緒記念を小林夫人に笑われながらも手を振ってのスタート時、さあぁ 先ずは国宝彦根城へとネ〜

一旦は彦根城をグルリと巡るコースで緑陰の中に時々姿を現す天守閣にに足を止めたりもでしたが、声を掛けて頂いた広島の大霜さん、09年に出掛けた広島ピースウオークの「懇親パーティで一緒だったよ」ってお話、広島でも「第1回瀬戸内安芸灘とびしま海道ウオーキング大会」というのが開催の今週だそうで、「事前にコッチに申込みをしていたもんだから」そして「仲間はミンナお手伝いだろうな」って気にされていたけど、大きくても体は一つ楽しんで今日という日を大切にネ〜であります。
写真では分かり難いけど、飛ばされて田んぼに落ちちゃうじゃないかと思うほどの砂交じりの強風もで、一気に歩いた
米原小学校CPへとです。




道路沿いの気温表示が13℃と一気に早春に戻ったかのような冷たさで自然と足が速くなるけど、色々なツツジが咲き誇り



藤の花も優雅に揺れる中



琵琶湖でこの時期にのみ楽しめる魚釣り
湖畔近くの川を群れて泳ぐ稚鮎の引っ掛け釣りだそうで、生きた稚鮎がバケツにいっぱい。
つくだ煮にすると美味しいそうで「持って行くかね?」って聞かれたけど、ウオークの途中では断念でアリマする。。。

同歩となった京都の女性、リュックに付いた冠バッチの絵が韓国体育振興会のマスコットマークで、もしかしたら韓国の方かと思い「アニハセヨ〜」って言ったら「コンニチワ〜」で京都の女性、久留米つつじマーチで大勢参加だったという韓国の方から頂いたとか・・・誰ぞパパママの顔見知りも来ていたでしょうか?
その先のCPでは後続だったという、碧海幡豆仲間の安城市竹下ご夫妻とも一緒になりました。





コースの途中にあった神社境内への太鼓橋
我が家の四番目の孫TUKIちゃんももう直ぐ6ヶ月となり、ごろごろと転がりながらも室内を知らぬ間にワープするようになっているけど
もう暫くするとハイハイが立ッチとなるかも。



二足歩行の我々ですが、そのように当たり前の歩く日常がスポーツとなりレクリェーションとなるウオーキングを知って14年目
まともには登れぬ太鼓橋に挑んだ我がママだけど



わずか3m先に並ぶように優しい橋もアリマシタとさ。

琵琶湖を囲むように広がる近江米の水田を経て遠くに見えていた長浜ドームがグングンと近付き各地からスタートして豊公園に向かう10・15キロコースとも合流ですが、岐阜や愛知の仲間と出会えたりもです。




更には福井からお母さんと一緒に二回目の参加だというチビっ子、小一のMAKIちゃんと二年生のREINAちゃんとも会話です。

「姉妹?」って聞くと、ちがうぅ〜
「じゃあ、近所なんだ」って問うと、ちがうぅ〜
「判った!従姉妹だろう」って言うと、いとこってナニよ〜
「お母さんどうしが姉妹のことだよ」って教えると、またまた声を揃えて ちがうぅ〜




午前中の曇り空から青空に変わって、さざなみ街道の名前が似合う強風に白波の立つ湖面が美しく
新緑とも相まって足取りも軽いゴール手前ですが湖岸沿いのこれ
我がママがポールで叩くと「夕焼け小焼け」の曲となり



二人とそのママたちがギャラリーとなった暫しでしたが、、仕事仲間の親しい母親達が縁で仲良しのMAKIとREINAだそうです。
昨年来の参加だって言ってたけど、「来年は15キロを一緒に歩こうか?」って言ったら「ウ〜ン」と「ウン」
今度は揃わぬ二人だったけど楽しいいっ時で
正に世代を超えた交流の輪のびわ湖長浜ツーデーマーチなのでした。


二人のチビっ子と同歩をしていた時に撮られた一枚が翌朝の朝日新聞でしたが、そのながはま大仏を過ぎて豊公園会場に無事にゴールとなった午後1時半です。

今朝会場に入ったときも真っ先に探した徳さんの事ですが会えぬまま彦根へで、何時とどのようなことがキッカケで親しくなれたかも忘れちまったけど、知多四国巡拝と重なって本当にご無沙汰の徳さんの顔を見たくって探したゴール会場でのパパママなのです。
本部業務に忙しい徳さんを探してやっと会えた7年振りの再会となった20回記念大会ですが、奥さまはウオークコース上だそうで「ワタシも年を取っちゃったヨ」って仰ってたけど、変わらぬ笑顔と旧交を暖め合った暫しです。
そして今朝の「ひこにゃん」に続いてこの春に誕生をしたという
三成くんとも記念のパチリですが、スタート時に配られた抽選券で故郷グッズというものをゲットしたワタクシなのです。




ゴール会場でこれまた再会となった長野の石井さんご夫妻
互いに愛用の△帽子がご縁となっての交流で暫しの談笑でしたが、同じ「道産子」で「花のニッパチ組」と知った今回です。



更には途中で参加していることを知った竹下ご夫妻を待ってゴール記念のパチリもです。
ではでは ツーデー2日目も参加しちゃいますヨ〜ン♪