碧海幡豆ウ協「家康公誕生の地・岡崎巡りウオーク」に参加の一歩たち 2013年3月3日 天気 晴れ 距離 10キロ
コース = 名鉄本線・東岡崎駅スタート 〜 岡崎城公園 〜 二十七曲り 〜 伊賀八幡宮 〜 大樹寺 〜 おかざき農業館(昼食)にてフィニッシュ

3/3(日)は恒例の碧海幡豆ウ協例会日となり集合は名鉄本線・東岡崎駅、高速道路を使って約50キロ・40分ほどと、電車より楽チンなマイカーで出掛けた当日ですが、出発式では3/18に逝かれた会友「西尾城主・酒の神」の大竹さんを偲び、大竹家からの会葬御礼が海口さんから披露され、一緒に歩いた日々を思って全員で黙祷です。




今から7年前 2006年3月5日の思い出写真を一枚ハリコです。

仏教では、我々の生きている世界から冥土に着くまでを「中陰」といい
「人は死後、魂を清めて仏になる為に中陰の道を歩き、あの世を目指す」のだそうです。



愛用のリュックにワンカップやタバコを詰めて
ご親族や歩友など大勢に見送られた大竹さんですが



二七日以芳忌を経て今彼が歩いているところはどんなだろうか。



乙川の堤防下の河原を進む中、大竹さんの思い出を語り合う敦子さんと我がママの土手上には梅の花が咲いていました。

本日のコースリーダーは「我が碧海幡豆会員が、岡崎ウ協の会長を兼務する」・・・元い、逆でした!
岡崎ウ協の会長が碧海幡豆の会員にもなって頂け、本日のコース先導も務めてくれる柴田さんですが、最初に寄った
岡崎城公園に到着と同時に動き出した「からくり時計」で、30分に一回づつという9時作動を意識してのご案内だったようです。

                      遺訓を謡曲にして謳い舞う家康

                                 人の一生は重荷を負いて遠き道を行くがごとし、急ぐべからず
                                 不自由を常と思えば不足なし
                                 心に望み起こらば困窮したる時を思いだすべし
                                 堪忍は無事長久の基、怒りを敵とおもえ
                                 勝つことばかり知りて、負くることを知らざば、害その身にいたる
                                 おのれを責めて人を責むるな、及ばざるは過ぎたるより勝れり


岡崎城公園を出て徳川300年の祖家康公生誕の地を行く我々ですが、東海道を行き交う旅人の多くが草鞋を脱いで一泊をしたであろう岡崎宿、ストレートな街道では道の左右に並ぶ旅籠や店の数も限られるとあって、迷路のようにジグザグな道を作って多くの店舗を並べたという「二十七曲り」、その迷子になりそうな路地のようなところを地元リーダーの柴田さんが案内です。




路地際のお店には雛人形も飾られていた桃の節句の本日ですが



まだまだ冷たい風の中、次に寄ったのが
伊賀八幡宮へとで



赤い大鳥居を前に阿羅漢さんの「お内裏様」は確定だけど
誰が「お雛さま」で「三人官女」なのかもめる四人なのデス(オレの脚色だヨ〜ン♪)




碧海幡豆ウ協のアイドル横井さんもご参加の本日で
「いつも一緒の山下さんが来れないって言ったけど、東岡崎なら一人でも来られたわ」って
相棒がお休みでもキチンと参加の今年90歳。

「やっぱり歳を感じるわ〜」って体力が落ちたことを語る彼女ですが
そりゃあ90歳にして益々意気軒昂では、世の中のバランスが合わぬと言うものです。



嘆く体力の衰えなんぞ感じられぬ横井さんが先頭集団を歩いて更に2キロ、徳川公の菩提寺
大樹寺へとです。

我が家がウオーキングというものを始めて15年目、それをこの様な形にホームページというものに残すようになって10年目、多くの歩友との出会いを重ね語らい笑い合う。
いっぱいのお八つを我がママの手に乗せてくれる刈谷の神谷さんとも、ずーっと一緒にだし、赤旗アンカーの水野パパとも何年来のお付き合いだろうか。
みんなみんな大切な一人一人デス!


8.5キロほどを歩いて、岡崎市北部に位置する「おかざき農遊館」にて昼食となった本日ですが「お弁当は用意しなくて良いわよ」って敦子さん、「故郷、尾鷲のサンマじゃなきゃダメなの」という、美味しいサンマ寿司や、水野パパが「みんなの顔を思い浮かべ、1週間ほど前からこの日の献立を考えてる」という、それぞれの好みも勘案の手料理も並びます。
そして話題は大竹さんの事ですが、相当懐かしい写真をトップ二段目にハリコでしたが、我がホームページに「西尾城主・酒の神」が登場したのは開設の年、5月の「長良川ツーデー」が最初でした。
みんな若いネ〜♪

           ↓ その時のレポートはコチラをクリック見られます。 でわでわネ〜

http://takehipapamama.hippy.jp/sonotaw/t04.5.15/t04.5.15.htm