第27回「花と緑と陽光の中を 飯田やまびこマーチ」二日目に参加の一歩たち 2013年4月28日(日曜) 天気 晴れ 距離 20キロコース
コース = 飯田市中央公園スタート 〜 柏原 〜 山田体育館 〜 御大の館・湯ヶ洞 〜 元善光寺 〜 麻積の里 〜 飯田市中央公園会場ゴール

4/28(日曜)も飯田市役所駐車場にマイカーを置かせて頂き、今日は来るだろうと思っていた岩村カッパの堀さんに電話を入れると会場に向かっているとのことで早速に飯田中央公園会場で合流だったけど鶴おじさんが待ち受けてくれていて色違いのが上手に合体した夫婦鶴を頂いたパパママです。
そして今日は互いにジィーは無い横浜の中村ヨッチャンとご挨拶だし、元ウオーキングマガジンの山木さんもです。

更には、昨日ゴール後に会えた坂本さん同様に舟下りコースだったという徳島のサッちゃんこと佐々木さんとも二日目にしてご対面デス!
「アレエェ〜 久し振りじゃない!」って言ったら、「お前が来てなかっただけだろう」って突っ込まれそうだけど、久々にミンナと会えてホントに嬉しいヨ〜ン♪なのデス。
体調を崩してウオークから暫く離れていた中村ヨッチャンですが、今はネットを駆使して交通の確認や宿の手配もで全国各地を飛び回る毎週だそうで、そんな会話を弾ませていたら次から次へと懐かしさいっぱいで、やまおさんとも二日目にして再会です。


二日目は20・30キロコースが一緒になって7時スタートとの事で、まだ早い時間なのに既に出発式も始まり、愛知の恰さんも知り合いだというごみ拾いウオーカーの千葉の中村さんとも出会えちゃいましたし、これまた愛知の福田女史ともデス。

各地で大きな大会が有り長距離コースの出発が7時位っていうのも有るのは知っていたけど、まさか20キロスターも併せて一緒の7時だなんて、前日の会場で事前に教えてもらっていなかったら勝手に会場入りを前日同様の8時頃にしていたかも。
お陰でいっぱいの出会いですが、函館の泉さんとも会えちゃった今朝なのです!





20・30キロ一斉スタートですが



大混雑の中をパパママの△帽子を見つけて
後ろから追い付き声を掛けてくれた札幌の照井さんとまたまた二日目にして再会。



昨日の美味しい抹茶の接待をスルーしようとした旭川の吉田さんに
「折角北海道から来たんだから」って寄ることを勧めたら



「昨日は有難う」って、2日目にして旧知の如く親しく会話です。


もちろん上ハリコの通り現在は名古チョン生活の上山さんもご一緒ウオークで、我が掲示板に数度登場の通行人その1さんも居たり、同郷から参加だという方に熊本弁で会話の上山さんだったり、前後して歩くUFOおじさんこと小林さんもです。

スタート会場から延々の登り道に10度以下だったといけれど汗ばむ程でリンゴや梨の花が咲く果樹地帯を抜けてまたまた森林の中へとだけど熊出没注意の看板もデス。
でも普通は看板を見ても「ハハ〜ン、でもそんな事が有る訳ナイよな!」って気楽な気分で歩を進めるけど・・・





通った真横に果物や肉を入れた大きな檻が口を開けて置いてあるのを見てビックリ。
しかもそのゲージのとてつもない大きさに2度ビックリで、リアルに大きな熊が出るエリアのようでヒエェ〜です。
余りの驚きに飛び退いてしまい写真がヘタだけど
皆さまにも後ろの檻が分かりますかネ〜




日本各地のウオーキング大会の中でもトップクラスと思われる27回目を迎えている飯田やまびこマーチですが
比較的お天気に恵まれない事が多いという本大会と言われるのがウソのような連日



広大なりんごの園を歩き何ヶ所もで接待を受けて楽しく歩く本日
時間感覚と腹の減り具合に時差を感じるけど



でも2時間以上歩いてまだ朝9時をちょっと回ったばっかりです。




東の山並みの奥に更に一段と高くそびえる真っ白な山々
歩きながら山の名前を教えてもらったけど
左側は
仙丈ヶ岳3033m、真正面は富士山に次ぐ日本二番目の標高北岳3192mだそうで
素晴らしい南アルプスも一望のウオーキングです。

そして着いたところが元善光寺、定番の本堂地下を歩く回廊巡りにエントリーですが、もちろん旭川の吉田さんにも勧めたけど、横にご一緒の方は旭川歩こう会の荒木会長だそうです。

元善光寺を出て直ぐに「麻積の里というチェックポイントに来ましたが、可愛い女の子達が通過確認印を押してくれお茶や漬け物、飴など様々の接待もで、敷地内には旧座光寺麻積学校校舎が残され、なぜか歌舞伎舞台と学校を兼用するという県宝指定建造物だそうで、その歴史ある建物の横には立派な桜の木が花の時期を終えて若葉が繁る風景です。




朝7時過ぎに一斉スタートをした20・30キロコースの面々ですが
約3時間半を経て、背中に威圧のような空気を感じて振り向くと・・・20キロ組とは明らかに違う歩きの方々が




慌てて体を道の端に寄せた我々ですが、その先頭集団トップグループの中に岡崎の鈴木さんの笑顔もデス。



皆そしてアッと言う間にピユ・ユーンと視界から消えて行った彼ら

様々の方々と出会って前後するやまびこマーチ二日目も飯田の街に戻ってきましたが、歴史を感じるレトロでお洒落な建物って思って眺めていたら現役で使われている小学校の校舎だそうです。
更にゴールが近付いて来た中央公園近くでは、これまた岡崎の間瀬さんや橋本姫と一宮の八手又さんたちと出会い、参加されていたことを知った二日目ゴール直前に出会いと「気を付けて返ってネ〜」ってまとめてご挨拶なのです。


20キロを歩いて約四時間で戻ってきた中央公園会場に到着はまだ11時過ぎ、ゴールデンウイーク休暇で奥様の待つご自宅町田に帰るという同歩の上山さんとお別れをして、暫し飯田の街を散策もでしたが、地元の方にお聞きした情報で入った蕎麦屋さん、ワカサギやタカノツメなどの山野草の天ぷらも美味しく、信州蕎麦でお腹を満たして大満足のゴール後でした。
大きな大会で久々にいっぱいの皆様に出会えましたが、楽しい愉しい2日間、本当に有難うございました。 でわでわ これにてネ〜