第4次朝鮮通信使ウオーク(一宮〜鳴海 37キロ)に参加の一歩たち 2013年5月6日(月曜) 天気 晴れ 距離 37キロ
コース = JR東海道線・一宮駅スタート 〜 稲沢市 〜 清洲城公園(美濃街道) 〜 名古屋城(昼食) 〜 白川公園 〜 東海道 〜 笠寺観音 〜 鳴海駅ゴール

5/6(月曜)に出掛けた朝鮮通信使ウオーク、ソウル出立からの第36日目。
一宮駅から37キロを予定する本日ですが、既に昨日まで34キロ・37キロと長距離ウオークを重ねている連日で、しかも関連した行事などの移動も含めて長くなることが有っても短縮は一切ナシの実踏距離です。
でも三史紹介の出発式では笑顔もだし、昨日ゴールフィニッシュをしたという江平渉君小6の妹ちゃんから、ミンナを激励のために焼いたクッキーに添えられたという手紙も紹介です。





一名は体調を崩して静養だといい
一名は体に発疹が出来て病院行きだという本日ながら、韓国から歩く従事史の檄で出発



先頭旗の押川さんたち



そしてコース先導をする吉村よっさんの奥様もディリー参加だし
飯田でご一緒だった上山さんも参加の本日です。


上山さんという方が参加されることは敦子さんから電話もあって事前に知っていたけど「どの方かしら?」って聞く嶋さんに紹介の我がママでしたが、縁が縁をつないで弾む交流ですし、一緒に歩けばもう仲間です。




GW後半となって一気に気温も上がり陽気も良くなった数日
喉を潤したり



寒い寒いと言っていたあの日が恋しくなるような暑さに辟易ですが
ちょっとしたトイレ休憩でも靴を脱いで足を乾かしたり



ソウルスタートから伸ばし続けているという信州のアリババさんと
ヒゲの遠藤さんを意識してツーショットにしたワタクシですが、重い髭剃りシェーバーが荷物にならず、これもイイかも!




彦根からコース先導を務める吉村よっさんと我がママもホッコリと腰を下ろしたりもですが



稲沢市から清須市へと美濃路街道ウオークで



清洲城公園へとです。



清洲城に着いて休憩所に入ると何処かで顔が!ナント桑名のエミちゃんで
「歩行距離を考えてココからにしたの〜」って、彼女が到着して10分も待たずに現れた我々の歩く速さにビックリだったそうで



我がママが撮る出会い記念の写メはどこに発信でしょうか。



朝鮮通信使ウオークの状況をブロクで日々発信の金井カメラマンですが、ラムネで一服デス。

清洲城公園では在日韓国人の方々の出迎えも有りましたが、短い時間での交流もアッという間に再スタートとなり記念の写真を撮って見送りを頂き、歩を進める通信使ウオーク、まだ本日行程の1/3も歩いていません。
37キロの先は長いヨ〜ン♪


エミちゃんも同歩となり美濃街道を通って庄内川を超え名古屋市内へと足を踏み入れましたが、昼食休憩予定の名古屋城手前で、バスを降りて来た女性がハングルで声を掛けてくれた若山さん。
埼玉在住ながら実家の名古屋へ来ていて、「以前に朝日新聞で通信使ウオークの事を薄っすらと知っていた」との事で、「たまたま偶然に通信使ウオークと出会えた」と言い暫し独学で学んだというハングルを駆使して韓国の方々と交流もして同歩となりました。
歩く仲間が増えちゃうヨ〜ン♪


「本ウオークがスタートして以来の最高気温かも」っていう薫風の五月の太陽は、夏日となって隊員の顔を背を焼き疲労を蓄積させる、歩きの「基本は腰にある」と言われるその腰が40日近い連日の苦闘で痛むのか、体を傾けて歩く隊員の方もです。




でも信州のアリババさんのは、我がママとツーショットのために体を傾けただけだヨ〜ン♪




たかが軽量の昇り旗なれど持ち続けて歩くのが疲れた体に苦痛の種、「元気なデイリー参加の皆さまのご協力を!」って
スタート前のヒゲの遠藤さんでしたが、鯉のぼりの下がる新川沿いの熊ちゃんや



陽が傾きかけた中を一宮の鈴木さんもです。



そしてアンカー旗を持つ遠藤さんを守るように上山さんの旗が続き
あれあれ〜「何年振りに歩くかしら」って、最後尾にエミちゃんだヨ〜ン♪

5時半をやや過ぎて名鉄本線・鳴海駅にゴールとなりましたが、到着式は駅コンコースでですが、互いの健闘を讃える安齋先生たちや、完歩証を頂く上山さん等デイリー参加者たち。




パパママには「結婚記念日の祝いを兼ねて」って言って、第四次のペナントも頂けたヨ〜ン♪

鳴海駅コンコースを利用しての解散式を終えて、パパママも名古屋宿泊だという本部隊員の方々と一緒に同じ電車で帰路となりましたが、別れ難い思いながらも又の再会を祈って記念のパチリをミンナと何枚も。


名残惜しい思い出レポートに未使用の写真たちを♪



パパママも江平さんのお孫さんが焼いた可愛いクッキーを頂きました。



普段はご自身が「被写体になる事がナイ」って言う金井さんにカメラを向けると、宣会長の腕を引っ張って




信州のアリババさんと宣会長、何を語り合っていますでしょうか。

でわでわ また何処かで再会をネ〜♪