「伊能ウオークの歩いた道を辿ろう・名古屋大会編」に参加の一歩たち 2013年7月7日(日曜) 天気 晴れ 距離 12キロ(パパママは千種迄) 
コース = 名古屋城公園スタート 〜 朝日新聞・名古屋支社前 〜 久屋大通 〜 建中寺 〜 徳川園 〜 ナゴヤドーム 〜 千種公園(昼食) 〜 千種駅ゴール

関東地方は梅雨明け宣言をしたという先週末、中部地方の発表はまだ無いようですが、雨模様で肌寒さを感じていた天気から一転して35度超の猛暑日となり頭クラクラの愛知小牧の土日でアリマした。
そんな中、これから連日となるであろう猛暑日を迎える準備として、汗腺をカッと開いてドバッと汗を流して、バタン・キューって爆睡ができるようにと、7/7(日曜)は「夏バテ解消準備ウオーク」のパパママです。

名誉会長に本部隊員であった西川阿羅漢さんが居られ、碧海幡豆ウ協創設十周年企画として「伊能ウオークが歩いた道を辿ろうin愛知」で岐阜駅から豊橋まで当時同様のコースを六日間で歩いた昨年来、今回は名古屋大会と銘打った2000年12月3日コースを辿る本日です。
日中の暑さ対策として8時に集合場所は
名城公園へと参集で、会長の岡本さんは町内会役員で多忙となり不参加が多い今年のようで、当時のまま西川さんが保管されていた地図を使って歩くとの説明は海口さんです。




阿羅漢さんが保管されていた当時使用のものに、本日タイトルを重ねてコピーの地図です。

朝日新聞が企画して1998年に始まった2年間に渡るロングウオークも終盤を迎えた時期の名古屋大会、今は親しく会話をさせて頂ける阿羅漢さんですが、当時はウオーカーの多くが芸能人を見るかのように眺めた15人の本部隊員のお一人。
パパママもご一緒ウオークをさせて頂いたあの日ですが、垂涎の目で眺めていた本部隊員の帽子を着帽してご参加の西川さんと懐かしいコースを歩きます。
先ずは藤の回廊を巡って名古屋城外堀へとですが





愛知万博のの時に降ろしてキンキラ・キンに磨き直したという金の鯱をバックに、敦子さんや女性陣に並んで頂きました。

主催の朝日新聞が連日のように伊能ウオークの様子を紹介し、デイリー参加者を募っており当時は「歩くことの何たるか」も知らずに新聞を眺め「家の近くを歩くようだからちょっと行ってみるべかや」って方も沢山居て「思いの外のスピードで歩くのが心地良くって」って、ウオークを始めた方も多く今日も明日も明後日も!って追っかけウオークにハマった人も大勢の当時です。
そんな様子を朝日新聞写真部の金井三喜雄さんが専属カメラマンとして撮影していたことを後に知ったパパママですが、左ハリコと同じ場所でパパママが三角帽子をかぶって歩いているところを撮って頂け翌月曜に新聞記事として掲載して頂けた当時です。
その記事を愛歩の方が見られ「パパママが写っていたわよ」って、わざわざ朝日新聞に連絡をしてキレイな写真を手に入れて送ってくれたのが親しく可愛がって頂いた塩見さんですが、今も我が家の宝物の一つなのです。
思い出すナ〜!懐かしいナ〜♪って、歩が進みます。


一部広報では9時集合となっていたとの事で、全員がスタート後の名城公園に待機していた海口さんや水野パパママでしたが、途中で合流となり白壁通り貞奴邸などを巡って途中休憩となった10時前、薄雲と吹く風に助けられながらもやはり暑い本日。

内臓から冷やすが一番と太っ腹(本当に!)の海口会計兼事務局長が「ミンナにアイスをおごったろう!」って、会費を使って大判振る舞いデス。
12年前の伊能ウオークが切っ掛けで歩くことを覚えたという水谷さん曰く「今まで12年もウオークに参加しているけど例会でのこんなサービスは初めて!オレも碧海幡豆ウに入会しようかな」って、暫し冷たいアイスを堪能の皆さまです。





コースは久屋大通から徳川家の菩提寺・建中寺徳川園




更には
名古屋ドームを巡って千種公園で昼食休憩となった11時半でしたが



今朝摂った水分や歩く途中で補った水分も全て体外放出で喉はカラカラお腹もペコペコ。
緑陰の千種公園で食べるオニギリのナンと格別なことか
遅れて席に合流の水野パパママが写ってナイけど、水野ご夫妻の手料理も久々に味わう昼食休憩です。




いつも言うけど、ウオーキングと言ってももちろんミンナして一緒に設定されたコースを一緒に歩くけど



歩くという行為そのものが全ての目的ではナイ!



互いに語らい腹の底から笑い合い、気が付けば肩を並べて進める歩が重なっている



そして知らぬ間にゴールが勝手に近付いて来る。
何ごとも自然体でげすナ〜




千種公園での昼食後、12年前のコースは千早公園から仲ノ町公園へと巡りそこがゴールとなって
仲ノ町公園横の栄小学校で伊能本部隊員の講演会を聴いたり
伊能全図の展示を見た記憶が有りますが
本日はそのまま名古屋駅に向かってゴールの19キロです。



パパママは十分に汗も出しお腹も満たして
コース途中12キロのJR中央線・
千種駅でフィニッシュとしました。



残り7キロの途中では再度アイスクリームが振舞われるとの事で、足取りも軽い皆さまと手を振って別れましたが



早い帰宅の後はもちろん、冷たいシャワーとビールだヨ〜ン♪

でわでわ この夏も無理をせずに炎天ウオークを楽しみましょうネ〜