第14回「出会いふれあい・一宮七夕ウオーク」初日に参加の一歩たち 2013年7月27日(土曜) 天気 晴れ 距離 26キロ 
コース = 犬山城横 体育館前スタート 〜 江南スイトピア 〜 思いやり橋で岐阜県側へ 〜 エーザイくすり博物館 〜 138タワー公園 〜 葉栗会館 〜 真清田神社ゴール

変わらず続ける7月最終週は、ぼんぼりウオークと名付けられた前夜のナイトウオークから始まった「一宮七夕ウオーク」の3日間で、パパママは7/27(土)の二日目から参加です。
思考を凝らしてスタート地や時間が都度変更のこの大会に、さて今回の集合時間は何時だろう?って、一宮歩こう会のHPでも午前スタートの記載が有るものの詳細が不明、事務局に電話確認をして判明の出発時間は午前10時とのことで、早めに会場入りをした
犬山城前へとです。
最初の出会い記念はもう直ぐ8万キロウオーカーとなる大会コース責任者の小川の完ちゃんとですが、広島の山岡さんからはあさひさんのメールメッセージも頂いた好天の出発会場です。





そして横浜のなおきちさんや名古屋単身赴任の上山さんも来られ



我がウオーク原点仲間の木村婦人は、旦那様に奥様のマイカーで会場へアッシーをしてもらったとの事ですが
「さあぁ、車を降りて出会い記念だよ」って言ってたら
数日前に「自転車で転んで、足が痛くてサ」って車中からピースサインの木村の旦那さまデス。

更にはソウルから東京へ1200キロを歩いた朝鮮通信使ウオーク以来の再会となったヒゲ無しの信州のアリババさんや、二年間を要して二回目となる日本一周ウオークを先日完歩した岩山さんもご参加デス。

受付を済ませた参加者たちは列を作ってスタートとなる10時を待ちましたが、地図を配ってくれるのは昨日電話をした事務局長の竹内さんたちで、定刻となり地図を受け取った参加者全員が会場を後にして、犬山市から一宮市の138タワーや真清田神社を目指します。




なおきちさん撮影(ご一緒ウオークとなり我々を撮ってくれました)



最高気温が36度超という予想の本日ながら
陽射しは厳しいものの水辺を渡って吹く風が涼しく心地よく、城下町を抜けると木曽川堤防をひたすらに下流へとです。



後ろに犬山城が遠ざかりほぼ固定メンバーとなった我々ですが
上山さん曰く「今日は薄墨桜ウオークと違って下りばかりだから楽だね」って
流れに沿うように我々もサラサラと水の如くに歩いています。


いつの頃からか地域ボランティアの方々が自然を上手に残したままに遊歩道の周囲を整備され、花が咲くアメリカフヨウやディゴに目を向けたり緑陰の中に響く蝉の声に真夏を感じたり、五感を全開して歩友との語らいもです。




一宮からスタートする逆コースだった頃は昼食休憩場所に決めていた「江南スイトピア」でスタートからまだ一時間ほど
11時を回ったばかりだったけど一旦は休憩となった我々で



エアコンの効いたレストランで「内蔵も冷やそうや」って言うアリババさんに賛同の上山さんもビァジョッキを手にしていますが
もちろんワタクシは水で( ^^)/▽▽\(^^ )乾杯でアリマする。

って我がHP、独断偏考ガチャガチャカキコがワタクシの特権と言いながら、後で突っ込まれぬように正しい実態を申しますと
我がママやなおきちさんをも誘惑して全員で「さあぁ、一杯」だったのです。



そして冷たい麺類も頂いてお腹を満たし
体からしっかりと熱気を追いやって腰を上げて歩を進める我々です。




一旦は思いやり橋で木曽川対岸へと渡って岐阜県入りをしてエーザイくすり博物館CPへとですが



毎年恒例で接待をして頂けるウコンやドクダミも入っているというキンキンに冷やした薬湯を頂き
(なおきちさん撮影)



海女さんが心して一気に水中に潜るかのような気分で
再度炎天の中へとです。



途中ではアイスキャンディも食べながら、木曽川を渡って再度愛知県側へと戻ります。




なおきちさんも氷菓子にご満悦ですが



(なおきちさん撮影)



遥か遠くに見えていた一宮市のシンボル
138タワーもどんどんと我々に近付いて来るようにデカくなり



とうとう足元へとです。

我がリンク部屋で元気に歩くなおきち君のHPを運営の主ですが、彼のカメラ技術が素晴らしくって
一緒に歩き一緒のように写真を撮るんだけど撮った写真のその様子が
オレとは全く異なりイイんです。
皆さまもなおきちさんチでその作品をご覧下さいネ〜♪

138タワーCPとなる園内レストランで、猛暑ウオーク克服の基本は水分補給と体力維持とばかりに、あちこちのテーブルでウオーカーがかき氷やビールもですが、「この程度なら適度でよろしかろう」って広島組も賑やかです。
そして同様に「泡の出る麦茶」ってヤツを手にするアリババさんや上山さんや河合さん達で、でも前を見るとラーメン鉢に顔を突っ込む我がママだけど、塩分補給も猛暑ウオークの大切な基本なのです。


ここ数年、午後スタートの炎天に焼かれて「猛暑ウオークもこれで十分」とばかりに138タワーパークでフィニッシュのパパママでしたが、スタートを午前中にしたことが正解か、意外に疲労感もなくそのまま真清田神社を目指して歩くこととなり、138タワーCPの女性スタッフ陣と再出発記念のパチリをして138タワーを背にします。

途中CPのスタッフも木陰でグッタリとなる午後2時、葉栗会館CPに到着です。
そして「歩こ〜・ア・ル・コ〜♪わたしは元気ぃい〜♪」ってドカドカ・ドンドン気合で歩く我々に太陽が多少西に傾く午後2時半、向かう正面から全身にギラギラの陽が容赦なく襲い、名岐バイパスを渡るミンナもお疲れモードだけどゴールはすぐそこなのデス。


我がデジカメ君の記録によると午後3時9分に真清田神社に23キロを歩き通して無事にゴール、23キロ完歩検印は堀田ママからでしたが、初めて会う信州のアリババさんも「面は割れてるぞ」って、我がウオークレポートに何度も登場の彼女のことをとっくにご承知です。




ゴール後は本町アーケード街の七夕祭り会場へとでしたが



世界各地からも参加が有るというコスプレパレードと重なりすごい混雑だったけど



漫画の世界を知らず何のコスプレなのか分からないけど
可愛かったりカッコ良かったりの外国の方々が先頭となって大行列とそのギャラリーです。




七夕パレードを楽しんだ後は「さあぁ、ミンナして完歩祝いの慰労会だヨ〜ン」って
駅構内の居酒屋へとですが、大勢のウオーカーが出入りもして賑やかに心を割って語らって



気が付きゃデジカメ君の時間記録によると入店から退店まで丸3時間。
既に一緒に入った上山さんも先に帰られたけど午後7時を前にしてお開きになった我々です。

「日本の歩きたくなる道・500選」達成の東京の鴨井さんとも親しくなりましたし
岡崎の間瀬さんも同様に先ごろ500選完歩の記録を達成されたとの話題もでしたが
各地を共歩きするなかでより一段と深くなる交流
またどこかでお会いしましょうネ〜

でわでわ 二日目レポートに続くヨ〜ン♪