「第18回 諏訪湖一周ウオーク」に参加の一歩たち 2013年9月22日(日曜) 天気 晴れ 距離 16キロ
コース = 諏訪市湖畔公園会場スタート 〜 諏訪湖間欠泉センター 〜 岡谷湖畔公園CP 〜 釜口水門 〜 渋崎CP 〜 諏訪市湖畔公園ゴール

先週に続いて二週連続となる三連休を、春のゴールデンウイークに対してシルバーウイークと呼ぶのだそうですが、真っ青な空と黄金色の田園風景は比べるもなく甲乙をつける必要のない其々であります。
早速にその9/22(日)となりますが、前夜の奈良から来訪のお客様との夕宴もあったので決めかねていた諏訪湖行きを目覚めてから決定が朝5時半!
寝ボケる我がママを横に「さあぁ・行くよ〜♪」って、早速に車に乗り込んで我が家を出たのが6時前と、何とも慌ただしいものの勝手知ったる中央道を180キロ弱、スタート会場に到着が8時半です。
もちろん来て居ることを確信のカッパの堀さんは長〜い事前申込み参加者の行列の中に居られ、我が家は列の無い当日受付へとでアリマす。




そして顔合わせの朝、地元諏訪のアリババさんはもちろんカッパさん一緒に来られた明智の鈴木さんや
信州の郵便おじさんこと降旗さん、元愛歩仲間の吉田さんもご参加の本日です。
さあぁ 気持ちの良い青空の中、今から諏訪湖を楽しんじゃおうかナ〜



「カッパさん達が来ることは知ってたけど、まさかパパママが来ているなんて」って
諏訪のアリババさんに目を丸くして驚いて頂いて本大会参加の主目的の半分を達成したようなもんで



先週の「うみまる・うーみん」、そして本日は「諏訪姫」とのスリーショットもです。



地域を挙げて盛り上がる大会も18回目を迎えたそうですが
時間を追って大勢の参加者で賑わう会場内となり、花火を合図に一斉スタートだと言うその出発式もそろそろでしょうか。


諏訪市長のご挨拶や諏訪姫も一緒のストレッチなどもでしたが「山林火災続発や、夏恒例の大花火大会が豪雨による中止など、様々な困難の今年ですが、青空の本日諏訪湖を楽しんで欲しい」との挨拶を受けて、花火が打ち上がりバルーンアーチをくぐってイザ・スタートとなりました。

従来は時計回りだったものが、今回から反時計回りとしたといい「逆回りの新たな風景を楽しんで欲しい」との大会運営説明もでしたが、歩き始めて1キロも行かずに「諏訪湖間欠泉センター」へとで、ちょっと待つと噴出時間になるとの案内板噴出時刻表に立ち止まって穴を囲む我々だったけど、周りはミンナ地元以外の方々でしたでしょうか。
20分ほど待つと噴出するとの説明だったけど、大勢のギャラリーに噴出時間を早めてくれたのか、間無しに穴の奥からグツグツの音がして浦島太郎の玉手箱のような白い湯気が・・・
そして一気にボコ・ボコボコ・ドバーって、一瞬に周囲の全員が後退りだったけど、その瞬間のスゴさは鈴木さんの表情でご理解頂けますでしょうか!?


今年は偶然にも何度か顔を合わせられ、地元長野県情報を色々と教えて頂ける降旗さんですが、現役を終えられ自由な時間が持てるようになった最近で、多くのGH(グランドホテル)族と言われるウオーカーの仲間入りをして車中泊を繰り返しながら、今年は北海道のウオーク大会へも出掛けたと言う彼です。
写真は無いけど湖岸近くでレガッタの競技や、33時間という期限内に何周回れるかに挑戦だというウルトラマラソンも行われている本日で、体を動かすに快適な爽やかな風の中です。





そしてその諏訪湖の何処に自分が居るのか一目瞭然の案内板が1キロ毎に、これも我々ウオーカー同様に
ランナーにとっても良い目標になるのだと思います。






湖岸近くの標高は760mほどだという諏訪市ですが
その標高のお陰が有ってか陽射しは強いものの湖面を渡る風のなんと涼しいことか、コスモスやススキが繁る絶好のロケーションと
ウオーキング日和に快適な歩が続きます。



コース途中に「諏訪湖一周ウオーク乗船場」というところが有りましたが



コレはマチガイ!湖岸を半分歩いて船でスタート場所に帰るという「諏訪湖半周ウオーク乗船場」でアリマす。



でも、もちろん我々はスワンの船を後ろ目にそのまま一周コースを行くんだもんネ〜♪


進んだ先は岡谷市となり、ナナカマドの実が赤く色付く岡谷湖畔公園CPでは「岡谷太鼓」に賑やかな演奏が迎えてくれましたが、渡るコンクリート製の堰は「釜口水門」といって天竜川の起点となるそうです。
我が家恒例参加の中川ウオークでも天竜川沿いを歩きますが、水源が諏訪湖であったことを改めて教えて頂きヘエエ・エ〜って、この満々の水たちが今から中川村や飯田やまびこマーチの町を抜けて浜松市沿岸の太平洋へと流れていくのでしょうか。


途中では水分補給のコンビニ休憩もして一周16キロを終始このメンバーで歩いた諏訪湖一周も渋崎CPを経て、湖面を走る水陸両用バスが「転覆をするんじゃ!?」って心配もしながら




無事に諏訪市湖畔公園に戻って



ゴールとなりました。




突然に後ろから現れた水陸両用バスにビックリ!!

ゴール後は諏訪のアリババさんの案内でミンナで昼食となりましたが、先ほど水上を走っていたバスが横を通る市内へとで諏訪名物だという味噌天丼を味わい、普段は宿泊客しか入れぬという高級ホテルの温泉へとで、何処に入ろうかと迷ったけど今回は会場近くの「鷺の湯」へとで、湯に体を沈めて疲れを癒して自宅に戻ったのが午後5時半。
嬉しい出会いと楽しい一日を過ごした連休二日目のパパママでありました。 でわでわ これにてネ〜