根の上高原「あかまんまロッジ」主宰・赤尾さんのチャレンジウオーク」二日目に参加の一歩たち 2014年1月2日(木曜) 天気 晴れ 距離 20キロ
コース = JR中央線・恵那駅スタート 〜 中山道 〜 中央道・恵那SA 〜 東山道・牛道(妻神) 〜 宗久寺 〜 阿木川ダム展示資料館(昼食) 〜 岩村駅ゴール

私が赤尾さんと知り合ったのはウオーキングというものを始めて間ナシだったと思うので15年近くになるかもですが、バーモンドウオーク恵那大会の中心的スタッフをされており、日歩からはまだ若かった小林さんが来られていた時が初出会いです。
そして偶然に恵那市役所の石田さんから教えて頂いた笠置山なんじゃもんじゃウオーキングでもコースガイドをされており再会、以降縁が有って東濃方面に行くとバッタリの出会いを繰り返していますデス。

今回企画のことは随分以前から実施されていることは承知していたのですが、正月から4日間通しで歩くという本企画にカッパの堀さんが連日の参加で、子供や孫たちが双方の実家に新年挨拶に行くというこの日がポッカリと空きいそいそと集合場所の
恵那駅へと朝10時です。
初日は恵那峡方面へとだったそうですが、本日は岩村へ。
真っ直ぐ歩くと13キロ程度とのことで、20キロ歩行を予定のためって先ずは
中山道中津川方面へとですが、地域各所のアレコレを教えてくれる赤尾さん。
素敵なデザインの大井小学校ですが、有名設計士に頼むと高額なため地元の方々によるアイデアで作られている恵那市の各小学校だそうです。


一旦は中山道を離れて中央道の側道を更に中津川方面へとで、上り線・恵那SAから反対側の下り線・恵那SAを通ってふと立ち止まったかと思うと立ち入ることを阻むかのように枝木を横たえる山の中へと・・・
入った山中の途中にしめ縄で飾られた「妻神」の石塔が有り、これは岩村城主が域内への入口となる道々に建てた道祖神の一つとのこと。
妻神(さいのかみ)とは「夫婦和合、子宝の神」だそうですが、発音が同じ「塞」の意味を含み、村や地域の境界に置いて、禍いの侵入を防ぐ守り神ともなっているそうです




このように赤尾さんと一緒に歩くと
道々の自然や、ただ眺めるだけの道祖神だったものが「ヘエエェ〜」ってシゲシゲとなっちゃうのです。




中山道・国道19号・東山道・牛道・東海自然歩道など
道無き道のようなところを渡り歩いて岩村方面に向きを変えた赤尾さんのようで
「互いに少し離れて歩こうや」って、前の人のすぐ後ろを歩いていると細い枝がムチのように顔面に飛んでくるような藪道を行軍です。



そして出たところは
明知鉄道・東野駅近くの



萬松山・宗久寺へとです。

岩村カッパの堀さんが「いつも見ていて大きな寺だなって思ってたけど、初めて来たよ」って言う宗久寺で一旦は参拝やトイレ休憩となりましたが、お話をすると本日参加者のほとんどが恵那や中津川と、東濃近隣の赤尾さんと古くからのつながりの有る方々で、中に我が家と同じ小牧の人が1名、また埼玉から参加の方も1名なのでした。
見知らぬ方々との初歩きでしたが、新年早々に赤尾さんが縁となって不思議な赤い糸がまた幾つも結ばれますでしょうか。
そして道中の途中に長ーい参道が真っ直ぐと・・・ワタクシが体を曲げて鳥居の間から奥の奥を覗いていると、「それじゃ、チョット寄りましょう」って赤尾さんです。


進んだ奥にはぽっかりと穴が空いたような空間がありそこには立派な社殿が、そして村の守社なのか大きなしめ縄の飾られた歴史というものを感じる杉の大木も。
我がママが触っている大木の後ろ、拝殿下の石積みの隅に石造りの竈が有り、赤尾さんの説明によると村の神事の際にここで料理などを作って参拝者に振舞うとのことで、神社の規模によっては5個も6個も連ねて有るところもあるのだと。
そして話は鍋の大きさによって幾つものリングで対応の自在蓋のことなどもで、知識の泉のような方なのです。





すぐ近くにお住みだという彼女が
境内置いてあった参拝者用のお神酒やお菓子をみんなにも薦めて頂けたけど



お腹に懐炉を入れたように温めて進める歩ですが



足を止めて眺めるのは、我がなんじゃもんじゃ君の生きる笠置山です。




更に歩を進めてロックフィルダム(岩石や土砂を積み上げて建設する型式のダム)の阿木川ダムへとですが



高さ100mほどの延々に続く階段を登り切って



ダム湖の見える
阿木川ダム資料展示館で昼食休憩となりました。

朝出掛けるときは雨の心配もしましたが、時々曇る時もあったものの概ね好天で、一部の方は岩村一つ手前の極楽駅でフィニッシュだったけど、予定時間の午後3時過ぎの電車に間に合うタイミングで、無事に岩村駅に20キロ程を歩いてゴールとなりました。




岩村駅前のハリコは赤尾さんから届いた写真をハリコです。



今朝から話題だった明知鉄道のラッピング車両
新年から初登場だそうですがリニア新幹線が中津川エリアを通る事を記念してデコレーションされたという
リニモカラーと車両の絵のラッピングカーなのです。



新年から様々の新鮮な歩きと体験をさせて頂き、赤尾さん 有難うございました。

でわでわ これにてネ〜♪