碧海幡豆ウ協特別例会「名城線一周ウオーク」左回りに参加の一歩たち 2014年1月18日(土曜) 天気 晴れ 距離 33キロ
コース = 名古屋地下鉄・名城線・金山駅スタート 〜 神宮西駅 〜 堀田駅 〜 八事駅 〜 名古屋大学駅(昼食) 〜 本山駅 〜 茶屋ヶ坂駅 〜 大曽根駅ゴール

熱田伊勢初詣でウオークの4日間を内宮に完歩して、その四日後の1/18(土曜)は大学入試センター試験の行われた週末ですが、会員からの強い要望ということで1ヶ月ほど前に実施を決めた本ウオーク。
パパママは「痛めた足の静養日」って思っていたら、4日間をご一緒した西川ご夫妻から「参加するわよ!」ってメールで、名古屋市営地下鉄・名城線一周 26駅を巡る33キロウオークへとです。
集合スタート場所となる
金山総合駅では、地元地域の役職者となって多忙の岡本さんに代わって会長代行となった樋田さんが案内係をしていましたが、ボストン美術館前には33キロの魅力に引かれた参加者たちがいっぱいです。

簡単な出発式とストレッチの後は、初回の反省からフリーウオークと団体歩行の二つのグループに分けて実施の現在で、出発時にIVVの認定をして地図を頼りに自由歩行となる方々が先にスタートとなったけど、本日はコレにてお顔が見納めとなる皆々さまなのデス。
勇んで金山駅を出る ハイスピードウオーカーの皆さま みんな 頑張ってネ〜♪


ほのぼの(歩呑歩歩呑)君こと海口さんがリーダー先導となって続く団体歩行組は参加者のほぼ半分。
敦子さんから、伊勢からの帰りに乗ったJR伊勢線の電車が駅を出て間無しに線路内に突っ込んで来た軽トラックだそうで、クレーン車が来て事故処理が行われる一部始終を全て目にしていたというその車内で足止めとなった話を聞く我がママとオレだけど、中には九州方面に帰られる方々も居たそうだけど無事に当日中に帰られましたでしょうか。




さあぁ 「
1.金山駅」を出て反時計周りの最初、先ずは「2.西高蔵駅」を通過だヨ〜ン♪

丁度1週間前に伊勢に向けてスタートをした熱田神宮公園を横目に過ぎて「3.神宮西駅」へとで、海口さんの「お参りをされたい方は?」って問いに、誰も手を上げる人もナシ、既にに例会として1/5(日)実施の初詣でWや「熱田−伊勢参り」で熱田神宮本殿参拝を済ませている方ばかりです。




「ほんじゃ通過するからネ〜」って神社外周へとで、ご機嫌足軽の服部さんや敦子さんデス。

トイレ休憩に寄った熱田神宮内「恵比寿神社」に貼っていたポスターですが、9時15分に金山駅を出てこれを撮ったのが9時55分「天高く馬掛ける年」に相応しく快調な歩は「4.西高蔵駅」を通過して旧東海道・裁断橋へとです。

左ハリコは歩道橋上からですが、時速5キロを維持してややスタートの遅れた分だけコースマップの予定時間から遅れていたけど「5.堀田駅」「6.妙音通駅」と歩は進みます。

朝集合場所に集まった時は「氷点下に近いかも」って歩く前の体には堪える寒さでしたが、歩を進めるほどに太陽が高くなり青空も色を濃くして「7.新瑞橋駅」から山崎川の水の流れを表現したというモニュメントの横を通った頃には体もシッカリ暖まって、一旦は地下線沿いから外れて瑞穂運動場でトイレ休憩となりました。
そしてココで遅れていた時間を調整してコースマップの予想通りに軌道修正をした先導リーダーだけど、誰ぞが「アレは自分がタバコを吸い終えたからだ」って、海口さんの喫煙タイムでも有ったようデス。ホントかな?


ほぼ一年振りとなる名城線一周ウオークの団体歩行組は先頭から最後尾までが一団となって整然と進める歩で「8.瑞穂運動場東駅」から、噴水の水も冷たさを感じぬ11時を過ぎて「9.総合リハビリセンター駅」を通り抜けます。




更に進んだ先は、長年の知多四国遍路のお礼参り寺として87番・長寿寺から何度も足を運んだ八事興正寺の近くへとだけど
純粋な気持ちでお参りしようとする興正寺が土地売却問題で本山と揉めていたり
その空海が修行の場として開いたという高野山真言宗本山が投資失敗で大きな借財を抱えたとかの最近のニュース。
一般の方が信心を以て仰ぎ見る歴史あるその寺院の中に生臭坊主たちが居る現実。
手を合わせるのはお大師さまで、お前らではナイ!
って余分な話だったけどそんな話もしながら「
10.八事駅」でフィニッシュをするという一部の方々と分かれて

八事興正寺に隣接する大学入試センター試験真っ最中の中京大学の横を通って、更に「11.八事日赤駅」を通過なのです。

中京大学から南山大学そして名古屋大学と大学街を進む我々ですが、朝は受験生に様々のパンフレットを配ったのか「12.名古屋大学駅」の地下鉄昇降口には大きなダンボールの空箱が置かれていたりも。
最初は「試験中だから遠慮しようか」って言っていたけど、良い場所がなく名大横で昼食休憩となったけど、熱田伊勢でご一緒をした前園さんと同じ鹿児島出身だという中園さんと我がママが電子情報館前でです。
「園」の付く苗字は鹿児島県の方が多いって教えてもらったけどホントだろうか?今度どなたか名前に「園」の付く方に会ったらお聞きしちゃいますネ〜


名古屋大学駅を11時20分に通過をしたというフリーウオーク組ですが、団体歩行組が食事を終えて腰を上げたのが12時40分、多少前後するけど建物の上の楽しいアレコレ、一周の半分ほどで既に1時間20分の時差が付いていたようだけど、果してコース上のこれらを眺める余裕が有ったのか無かったのか?




昼食休憩後の最初となる「13.本山駅」が団体組ショートのフィニッシュ駅としていましたが
ゆっくりとした昼食休憩を終えて間ナシ、誰も「ここで帰る」と言わぬのでそのまま通過をして




14.自由ヶ丘駅」が13時15分



更に「
15.茶屋ヶ坂駅」横が13時半で、一旦は地下鉄駅構内を借りてのトイレ休憩でアリマす。



その地下鉄構内で撮ったこれが本日コース、左側中央部の金山駅から反時計回りで
現在はリングで図示された右上の茶屋ヶ坂駅です。


勝手にアンカー役をしていたワタクシですが、歩くことを愛しお酒を楽しむ四万キロウオーカーの緑ウェアーの中村さん、杖をついてちょっと辛そうで階段も手摺を頼りの様子に「大丈夫〜?」ってオレだけど、コース先導の海口さんからも「16.砂田橋駅」で「ココから乗ったらどうだね」って心配の声もです。
実は12月初旬に転倒をしてしまい膝の半月板を痛めたそうで、ギブスを外してまだ二週間足らずとの事、熱田−伊勢に参加もしてまたコレに参加の彼ですが、「追い払わんでもイイじゃん」って、自身の体調と相談しながらのリハビリウオークは、ワタクシも同様なのデス。


スタート時は厳しい寒さを感じたけど歩き始めて直ぐに陽も高くなりポカポカ、悪天候が多いという大学入試センター試験のこの時期ですが、ちょっとみんなの影が伸びた「17.ナゴヤドーム前矢田橋駅」を通過して「18.大曽根駅」に午後2時10分。
スタート前から決めていたけど、帰りが楽なJR中央線大曽根駅から帰路となったパパママで、西川ご夫妻や中村さんも一緒に全33キロ26駅の2/3ほど22キロを歩いてフィニッシュでしたが、フリーウオーク組はゴール手前となる矢場町駅を過ぎていた時間のようです。

左ふくらはぎの違和感が消えようとしているワタクシの週後半ですが、でわでわ 本レポートはコレにて ネ〜♪