「第11回・名古屋ツーデーウオーク」2日目に参加の一歩たち 2014年4月6日(日曜) 天気=晴れ一時曇り 距離=22キロ
コース = 熱田神宮公園会場スタート 〜 熱田神宮 〜 山崎川の桜並木 〜 覚王山・日泰寺(昼食) 〜 千種区 〜 栄・オアシス21 〜 久屋大通り 〜 金山駅 〜 会場ゴール

4/6(日曜)第2日目のレポートですが、久々に顔を見て「おぅ久振り〜・元気〜♪」って聞くと「あなたこそ〜♪」って返ってくる返事がいっぱいだったけど、ミンナが変わらずに元気で・・・
「いやいや、もしかしたら若返ったんじゃ!」って思えるくらいの明るい大声が返って来て、前日に続いて嬉しい朝です。
そして久々に見た(後向きにさせてしまい失礼)このジャケットの方だけど、懐かしく思い出すGHWCのマーク、最初は本当にグランドホテルというところに宿泊かと思っていたら、会場横のグランドで野宿や車中泊をしてウオーキングやその後のアフターを楽しむ方々。
その仲間のジャケットを着て、今回は飛行機で来たという北海道の小松さんなのでした。




さあぁ 昨日に続いて二日続きで鶴田ご夫妻や鶴田ママの妹西山さん、宇佐美さんとも
昨日に続く再会の嬉しい朝デス。


二日目の出発式では、日本全国47都道府県のオールジャパンウオーキングカップ大会を全て巡ったという方々の表彰式が有りましたが、ここ愛知での中止や未開催が重なったせいも有ってか、本大会で全て完歩というオールジャパン達成の方々が大勢。
同様に東海北陸マーチングリーグの表彰もで、岐阜ウの四ツ滝さんはスーパーマスターを受賞なのデス。
どちら様もおめでとうございました!


同様に本大会に参加をしていた、ここにも登場の花火さんが記録の「ほしとたんぽぽ」のブログによると、我々が会場到着前にスタートをした30キロ組でもオールジャパンの表彰が有ったとのことで、更に多くの達成者が居たことを知りましたが、ストレッチや激もして武知さんらスタッフに見送られてイザ・スタートです。
前夜降った雨も早朝には上がりまだまだ見頃の桜の中を、旗手の熊ちゃん先導で会場を出る20・10キロ組です。





我が家と同じ小牧の朝日さんやその横には先ほど東海北陸MRの受賞をした四ツ滝さんも居られたり




昨日同様に鶴田ご夫妻と妹の西山さんも肩を並べて会場を後にしますが、いっぱいの割愛になっちゃうけどみんな笑顔のスタートです。



最初は
熱田神宮へとですが、本日はどんなコースとなりますでしょうか。

熱田神宮から旧東海道を経て山崎川へとですが、かめさんの事をよくご存知だという埼玉の大山さんから声が掛かり「二人がパパママね」って、我々のことをかめさん画像掲示板などで何度も見ているけど「ご本人と話すのは初めてだわ〜♪」って、暫し同歩です。
そして本日も同歩となった札幌の酒井さんですが、昨日の20キロコースは矢印表示の不備もあり荒子観音を通過してしまい、中村公園も横を通っただけだし、すぐ側まで来て寄らなかった名古屋城などと「欲求不満のコース設定ネ」って言っていたけど、延々と続く桜並木の山崎川に「コレで帳消しネ」ってお話でした。





瑞穂運動場を挟んで続く山崎川堤防を若干スピートも落として満喫の桜並木ですが



昨日ご一緒ウオークをした札幌の鈴木さんは帰路の予定から30キロ組と一緒にスタートをされたとのことで
本日は酒井さん同じ札幌の本間さんと同歩です。



あちこちで足を止めて写真を撮ったりもしていたら
後ろからスタッフベストの伊那君と熊ちゃんに声を掛けられ驚いちゃったけど、30キロ組のアンカーだそうで
北海道組から昨日の感想を直接に聞いてもらったけど、来年以降の反映となることを期待します。


昨日もだったけど、ガチャピン親子とも前後しながら同じようなスピードで歩いていたけど、このチビが小学2年生、あちこちウロウロ・チョコチョコと時には走ったりもして、でも常に我々と全く変わらぬスピードで歩いていて感心なのデス。
やや雲も掛かり、桜の時期特有の若干の寒気もあり、当地区に住む我々はやや肌寒さも感じていたけど、札幌から来られた酒井さんにとっては南国の陽気と感じられたでしょうか? リュックを前にして背中の汗を乾かしていました。


山崎川を離れて20キロコースを北進の我々でしたが、花曇りながらも穏やかだった目の前の空が急に真っ黒になり、強く冷たい風が吹いてきたかと思うと雨もポツポツ。
でも傘やカッパの用意をしようと思っているうちに直ぐに回復の空で、その黒雲は東の方向に流れていったけど、後で聞くと30キロ組はもろにぶち当たって冷たい雨に降られたいっ時だったとのとの事です。
そして我々は黒雲と交差するように濡れることもなく、チェックポイントとなる
覚王山・日泰寺に無事の到着なのでアリマした。

お弁当を用意しているという酒井さんらと別れてパパママは当初から決めていたこのお店でお昼とする事としましたが、以前に地元ローカル番組で芸能人が入って「うまい・美味い」って言ってた「味噌カツ」のこのお店。
食事を終えて店の前に出ると行列が出来ていましたが、次回も同様のコースだったら酒井さんたちにもお弁当を持たぬよう進言をしちゃおうかナ〜♪


お腹を満たして後半は、日泰寺境内で昼食休憩をしていたという海口さん先導の碧海幡豆グループと合流、西進をして千種からオアシス21のへと進み30キロコースと合流となりました。




合流して間ナシに、「おーい!」って後ろから声が掛かり、やっぱり居られた岩村カッパの堀さんたちです。



その30キロ組には同じ小牧のよっさんの奥さまや
岐阜の伊藤さんや林さんらもでしたが、一段と賑やかになって久屋公園を抜けて目指すゴールへとです。

昨日も今日も我々と同様ペースで歩いた8歳、理由は聞いたことが無いけど、お父さんが「ガチャピン」お兄ちゃんが「ムック」そしてこの小学2年生が「ガチャピン二世」というニックネームなんだけど、昨日チビのゼッケンを読んだら「ガチャピンニセ」って書いてあり「ええぇ〜、偽なのかヨ〜♪」って笑っちゃったけど、一緒に午後2時半に22キロを歩いて無事に会場にゴールとなりました。
でわでわ コレにて ネ〜