岐阜ウ協「しだれ桜のフルーツパークと東谷山さくらウオーク」に参加の一歩たち 2014年4月13日(日曜) 天気=花曇り 距離=14キロ 
コース = JR中央線・高蔵寺駅スタート 〜 新東谷橋 〜 東谷奇玉宮 〜 東谷山山頂 〜 フルーツパーク(昼食) 〜 志段味地区 〜 森林公園 〜 名鉄・三郷駅ゴール

花粉飛散のピークの中をウオーキングに勤しむ月曜は、くしゃみ・鼻水・目のかゆみとツライ朝となりますが、懲りずに無防備で出掛ける毎週のワタクシです。
勝手に「何時かは克服するであろう」って体内自己防衛能力に期待しているけど、やっぱり対策も必要かナ〜・・・ハ・ハッ・ハックショ〜ン!

さてさて 昨日4/13(日曜)は淡墨桜ウオークでも出会ってはいたけれど、今年初めてとなる岐阜ウ協の例会へとです。
集合場所は隣町となる
JR中央線・高蔵寺駅ですが、下車した駅構内コンコースには会場案内の平井さんが居り、長谷さんや辻さん・高橋さんなどとも再会、国内外を股に掛けて歩く瀬戸の大峯さんとも会えたけど、いつも同歩の娘さんは大切に家の箱に収納の本日だそうです。

出発式が始まり、河瀬会長からは「当初は雨予想もあった本日ながら絶好の花曇り、満開のしだれ桜を楽しんで下さい」ってご挨拶もだったけど、ワタクシ同様に岩村カッパの堀さんも高いところに上がってカメラマンです。
本日コースリーダーの林さんからのコース説明もお聞きしてたら・・・




我がママと、聞き覚えのある人の声が賑やかに!



なんと互いに動静を気にしながらも会えそうでなかなか会えず
ほぼ一年振りとなるであろう一宮の瑛子ちゃんとの再会、元気な様子は様々のアンテナを張って知っていたけど、
嬉しい再会を喜ぶ我がママでアリマす。




楽しいウオークになる本日ですが、スピーカーを持つ林さんが先導となって
旗手は山本さん。



途中にも最後尾にも、新調したという感度の良いハンディフォンを持って
互いに情報交換をしながら参加者全体をコントロールする、オレンジ服の役員スタッフの皆さまです。

ソメイヨシノの多くは一週間前をピークにして葉桜となったものも多い名古屋近隣ですが、東進の先は庄内川でして、新東谷橋のど真ん中で春日井市から名古屋市へとなります。
そして名古屋で一番高い標高の東谷山へと登る本日だそうですが、薄日も射して歩き始めて直ぐに汗がにじみ始める本日は20度ほどの気温となるそうです。





一旦は東谷山フルーツパーク北側外周道路のシダレ桜を楽しんで途中トイレ休憩ですが



居並ぶ皆さまは岐阜市・恵那市・可児市・中津川市などとどなたも岐阜の方々



休憩後は
東谷山(とうごくさん)山頂へとだけど、途中に有った神社の看板。
写真では読めませんがフリガナが付ってあり「とこくにさきたまぐう」と読むのだそうですが
それを河瀬会長が我がママに「覚えておいてネ」って横で一言。


下見の時もミンナして覚えたつもりが、実際の神社の前に来たらその読み方を忘れてしまい正しく読めなかったそうだけど、パパママは「とこくに」と「さきたまぐう」とに二人して分解をして記憶しておいて、河瀬会長からの「神社の名前は?」って問いに無事に正解なのでしたデス。
さあぁ 今から標高198.3mだという名古屋市で一番の標高ポイントへとだヨ〜ン。


途中で足を止めて水分補給などもですが、大きく息を吸ったり吐いたりをして肺の中の二酸化炭素と新緑の酸素を全取っ替えもして無事に頂上へ。
山頂で聞くに、長谷さんは関東に住む娘さんのところにお孫さんが誕生されたそうで、孫の顔を見に行ったり初節句の祝いとなる鯉のぼりを届けにと、二度も青春切符を使って関東へと行き来だったつい先日だそうです。
更には岩田の厚ちゃん敏ちゃん夫妻、辻さんやカッパの堀さんとも登頂記念のパチリです。
そして展望台へと上がりましたが、何度も来ているワタクシは花曇りながらも見える各地ポイントを説明だけど、庄内川・小牧山・名駅のビル群・そしてかすかに判別の岐阜金華山などと、見えるアレコレをミンナにご紹介です。


展望台から見える景色に夢中になっていたら笛の音が聞こえ「おーい!置いて行くぞ〜」って無下ですが、大人数が一般の登山者に気遣って下山。
途中では「前から登山者〜、左に寄って〜」って、全員が足を止めて道を譲る、でも超長蛇の列に道を譲られた登山者たちは、本当は自分たちも足を止めて一息入れたいのに待たれているもんだから休めず、ヒィーハァー言いながら我々の横を登られる対向者なのデス。
正に小さな親切、大きなお世話となる登山道での譲り合い、でも25分ほどで無事に下山して
東谷山フルーツパーク入口へと到着です。




さてさて シダレ桜満開に誰もがほころぶ笑顔たちですが
桜の木の下で久振りに再会ができた瑛子ちゃんと肩を並べて昼食休憩は懐かしい話題がいっぱい、食後はフルーツパークの園内散策となりました。


シダレ桜をバックに上山さんとのスリーショットを撮っていたら、後ろから声が掛かり最初は「誰だろう」って思っちゃったけど、ナント今から10年近く前に一緒の職場に居たことのあるFさんと再会、お母さんやお孫さんを連れて来られたココだそうで、今年はナゼか偶然バッタリが多いように思う我がウオーキングでアリマす。




フルーツパーク内にはいっぱいの果樹木も花満開でしたが、コレは花蘇芳(はなずおう)かと思ったらキクモモだそうデス。



70分ほどと普段より長い休憩時間でしたが
それがチットも長く感じられないお昼の宴や散策を楽しんで集合時間となり
園内を後にした午後1時の少し前。

東谷山フルーツパークを出て森林公園へと進む本日でしたが、ワタクシも何度も歩いたこのコースながら、森が消えて真新しい大きな道路がタテヨコに開通して宅地開発もされていた志段味地区です。
昔の面影も無くなっていたけど、森林公園の手前で見知った風景となり、林さんがコースリーダーとなり山本さんが協会旗を持って森林公園へとです。


森林公園案内所に到着をしてココで解散式となりましたが、岐阜ウ協のマスコット的存在のMちゃんが長谷さんや我がママの背を追い越す日も近いかもって話をしながら、負けてぬ今のうちにとパチリだったり、泰子ちゃんとママもだけど、これまた我がウオーク原点友達の木村さんと、長谷さんや泰子ちゃんが同じ小学校の同級生だったとは!




ゴールは
名鉄瀬戸線・三郷駅でしたが
14キロを歩いてフィニッシュとなった本日、昔の職場仲間と再会するなど縁の不思議を肌で感じて楽しく歩いた本日で有りました。

でわでわ これにてネ〜