碧海幡豆ウ協特別企画「熱田−伊勢新春初詣でウオーク」三日目に参加の一歩たち 2015年1月12日(月曜) 天気 晴れ 距離 17キロ
コース = 近鉄伊勢線・明野駅スタート 〜 へんば屋 〜 JR宮川駅 〜 離宮院公園(昼食) 〜 度会橋 〜 伊勢神宮・外宮 〜 内宮ゴール

前夜は松坂で宿泊ということで松阪牛の超豪華すき焼きを「冥土の土産」と言って堪能でしたが、朝はホテルの無料朝食をこれまたたっぷりと頂いて、そのまま松坂駅を8時スタートという長距離組の見送りへ。
最初は海口さんと上山さんのお友だちの沖野さんのみでしたが、昨日は碁会所通いで中休みをしたというその上山さんも来られ、更に続々集まって来たウオーカーたちや主担当の伊奈君で、昨日一昨日と連日50キロを歩き通し、更に本日は内宮までの30キロ完歩を目指します。




居並ぶミンナをパチリですが、名簿を見るとまだまだで総勢60名近くの長距離組だそうです。

8時から8時半までの受付で随時スタートだという長距離組ですが、「あまり早く行っても、途中配給のお弁当は10時にならないと配れないからネ」って言われながらも、早る気持ちを抑えられぬ競走馬のように弁当引換券をもらうと脱兎の如く伊勢街道へと向かうウオーカーたち。
そんな中を通行人その1さんや岡崎の鈴木さんの姿もでしたが、ここにリンクの「私のウオーキング日記」のご本人、通行人その1さんのスタート時の勇姿もご紹介のワタクシです。


余りに薄着で出て来たもんだから10分ほども我慢出来ず、一旦はホテルに戻って着替えて出直して来たら既に長距離組は誰も居らぬ午前9時・・・当たり前じゃろが。。。
今から電車に乗ってショート組のスタート場所となる近鉄伊勢線・
明野駅へとですが、敦子さんから「ここのクリームパンが美味しくって」って松坂と焼印の押されたホカホカのパンを頂いたけど、グルメウオークは止まるところ知らずの連日なのです。

そうそう 集合場所の「明野」の隣りの駅名が「明星」で、これは「明けの明星」を掛けた洒落で付けた地名では?って車内の話題だったけど・・・不明でアリマす。





準備万端のグルメショート組、最終日

左ハリコは何の画像かと思われるでしょうが、海口さんに代わって参加受付のチェックをする西川ご夫妻、余りの寒さに利用者の居らぬ駅前の電話ボックスを風避けにして作業だったけど、何げに敦子さんが背中側の細い隙間に指を差し込み抜けずに困るという一瞬、ワタクシを含めて数名がそれを見たものの余りの可笑しさにシャッターを押し忘れ。
きっと金井カメラマンならバッチリと撮っていただろうナ〜
全員が集合まで30分ほどを待ち、定刻10時となって海口さんが出発式で本日も仙台の和田さんのゼッケンの紹介が、その内容は。




和田さん曰く「10年も色々書いているとネタが無くなっちゃってね」って言っていたけど、見事な七五調の名文なのデス。

旧来の熱田伊勢最終日ショートは斎宮駅でしたが、今回は更にショートで明野駅から内宮までの17キロ。
黒い雲が上空を覆い冷たい北風の中を、スタートから20分も掛からずにアッと言う間に
へんば屋へと到着で、ココでへんば餅2個とへんば屋特製赤飯のお弁当を全員に配給なのデス。

歩き始めから20分たらず、へんば屋でお土産購入の方々も大勢居り大休止となりましたが、その間に連日の100キロに加えて既に本日13キロを歩いている方々が続々と。
昨日も「道を間違えてしまっちゃって」って、我々を雲出川近くで追い越していった金沢の浅井さんは我々と同じ時間に松坂駅ゴールだったけど、凹むことなくナンノその、今日も笑顔とVサインで我々の前からビューンと消えて行かれ、愛知の恰さんやお仲間も軽い足取りでショート組の後ろから前へとコレまた消えて行くのです。


朝スタートを見送った岡崎の鈴木さんも快調な足取りで我々を追い越して行った離宮院手前、JR宮川駅に入って来た電車が動き出し、下車した人がホームに見えたけど、その中に手を振る人が居て目をやるとナナ・ナント、広島の津田さんなのです。
「パパママの△帽子と赤い服が見えて、嬉しかったわ〜」って言っていたけど、互いに数分の差が有ったら出会えぬままだったろうに、いやいや伊達に93年の齢を重ねては居らぬベテランウオーカーの「読み」であろうか!!




無事にショートコース組に合流となのました。

離宮院公園では、先程頂いたへんば屋特製赤飯で全員が昼食休憩となりましたが、まだ11時過ぎで「まだ腹は減ってないな」って言う阿羅漢さんのお供ということで歩を休めぬままに伊勢街道を進めた森ご夫妻とパパママ。
こちらも快調な歩を進めて無事に
伊勢神宮・外宮へみんなより一足早く12時過ぎに到着、写真を撮り忘れちゃったけど名物の伊勢うどんでの昼食休憩となり、お店から出てもう一度外宮前に行くと続々とロングコースの方々がご到着。




お陰で福島の柳沼さんと再会となった敦子さんなのデス。



更には上山さんと沖野さんも来られたり



離宮院公園で昼食休憩をしていた皆さまや津田さんとも再会
「内宮まで一緒に歩きたいわ」って言う津田さんを、伊藤愛歩前会長がバスでの内宮移動を勧めてご一緒となられたけど



我々はもちろん歩いちゃうヨ〜ン♪


熱田伊勢の過去10年間を思い「やっぱり土鈴の十二支を揃えたくって」って
様々な思いを持って集った全国区のウオーカーたちもですが



旧来の4日間を3日に縮めて、様々のドラマを繰り広げたお伊勢参りの一歩一歩。



内宮手前で通行人その1さんとも出会えたけど
我がHPのリンク部屋から彼のブログを見られますので、その格闘の様子を是非とも皆さまもご覧下さい。




遷宮から1年、まだまだ白木の鳥居が眩しいほどですが
ショート組の全員が
伊勢神宮・内宮大鳥居を前に記念撮影もして渡る宇治橋なのデス。

どなたもが「継続は力成り」って、続けることに意義を持って歩き通した内宮参道での誇らしい顔たち。
年女の今年、我がママは「伊勢神宮で破魔矢を手に入れるわ」って言ってたけど、福矢と言うようでなんと縁起が良い、その福矢を授かり志しをお渡しして、ゴール記念のひつじの土鈴も頂いて、11年目の熱田伊勢新春初詣でウオークもフィニッシュとなりました。





第10回で終えた日歩後援、愛知・三重ウ協が運営の「熱田−伊勢初詣でウオーク」から1年、今年も歩きました!!

帰りの参道で東京の黒木さんとも出会えて参加していたことを初めて知っちゃったけど、この偶然の出会いが一番、この後はおかげ横丁の赤福本店で赤福餅も食べ帰路となりましたが、企画運営のスタッフの皆さま 有難うございました。
2ヶ月振りのウオーキングでしたが、足はクタクタ・・・でもやっぱり歩くって嬉しい!

今暫くの頑張りで我が現役人生もフィニッシュ でわでわ これにて ネ〜





今暫くの頑張りで我が現役人生もフィニッシュ でわでわ これにて ネ〜