碧海幡豆ウ協2月例会「早春の安城北部巡り・総会ウオーク」に参加の一歩たち 2015年2月1日(日曜) 天気 晴れ 距離 17キロ
コース = 名鉄本線・新安城駅 曙公園スタート 〜 明治緑道 〜 三連水車 〜 豊田地域文化センター(昼食) 〜 北部浄水場 〜 北部公民館で総会 新安城駅ゴール

節分を境界として二十四節気の始まり「立春」を迎えますが、私も現役終活カリキュラムをこの1月31日の土曜日を以て無事に完了させて、正に新たな人生をスタートさせるべく立春大吉、正月気分のここ数日でアリマす。

そんな中を早速に再開のウオーキングですが、2/1(日曜)は表記ウオークへとで森ママと我がママが連絡を取り合って合流して、向かうは
名鉄・新安城駅へとです。
車中ではナゴチョンの上山さんとも合流で、下車した新安城駅コンコースでは水野パパがお出迎えなのデス。


ウオーキングを始めるようになってから丸三ヶ月近くも歩かなかったなんて皆無だったかもだけど、足のウズウズを通り越して無事に歩けるかどうかと心配もしながらの参加でしたが、やっぱりミンナの笑顔が見られるのが嬉しくて、駅まで迎えに来た水野ママと一緒に集合場所となる曙公園に行くと、ひと際背が高く目立つ通行人その1さんもVサインでお出迎えなのデス。




そして受付では、岡本会長や敦子さんもだけど
そうだ!今日は
総会ウオークで久々の顔もいっぱいなのです。

総会の予定もあり「今日は短めにして17キロネ」って司会進行の海口さんですが、近年の県下各協会からしたら十二分にシッカリと歩く碧海幡豆ウ協でして、写真では分り難いかもだけど冷たい強風で体感温度はマイナスかもの本日、さあぁどこへ行く本日でしょうか。
真ん中のおまけハリコは公園内のオブジェ、今年の干支ですが還暦を迎えた我がママと同じヒツジだったのでパチリ、さあぁレッツ・ウオーキング!でアリマす。


最低気温が1度ほどという本日、しかも強い風に歩く前はすっかりと体が冷えていたけど歩を進めるほどに体も温まり、道端に目をやると水仙が咲き菜の花も。
振り返って森宴会部長を見ると腕まくりをしていたのにはビックリだけど、それはちょっとオーバーかも!?





振り返ってママと歩く森宴会部長を見ると腕まくりをしていたのにはビックリ!
だけど、それってちょっとやせ我慢ってヤツじゃナイの〜!?


だって北上の明治緑道横にある三連水車を見るとバリバリの氷で、真ん中のは凍結をして回転も止まってしまうほど、「春は名のみの風の寒さよ」って、今が一番寒風の冬の底なのです。




そんな中を平気でアウトドアを楽しんでいる「もの好きも極めり」のウオーカー達なのデス。

上空で繰り広げられる寒気と暖気の戦いなれど、北側に位置する圧倒的な強さの寒気が強烈な力を以て暖気を太平洋の南へとグイグイと押しやる、それが地上の我々に対して冷たい強風となって襲いかかる。
でも人間の知恵、新安城駅から北へ北へと明治緑道を北上して豊田市へと入り
豊田地域文化センターというところで昼食休憩となりましたが、壁がL型に有って完全に風が遮られしかも太陽は燦々という絶好の場所での昼食休憩。
しかも上山さんと森宴会部長、二人して可愛いカップを手にしているけど、足元には芋焼酎の茶色い瓶、さあぁ体を温めて昼食後は強風になびく協会旗を持つ樋田さんを先頭に同じ道を通って戻る安城へとです。





一見のどかそうな空だけど、その強風がどんなふうか
ママのズボンや、敦子さんのオールバックになったそのヘアースタイルから想像出来ますでしょう。

気温も上がらぬ強い北風の一日に窓から外を見る家の中の人とふと目が合う緑道沿い、「こんな寒い日になんじゃらほい」って驚き顔だったけど、確かに袖をまくって笑顔で寒風を体いっぱいに受けて歩く人を見たらビックリしちゃうかも。
でも既に横の田んぼには、我々が歩く下を通る明治用水から受けた水が入り、ドウダンの樹にも赤く色付く新芽がいっぱいに膨らんでいる。


寒さもあり、体を温めようと全体が早足となってしまいスケジュールが前倒しの本日、17キロを午後1時半に安城北部公民館に到着で、事前予約の会議室で碧海幡豆ウ協総会となりました。
例年通り、参加回数による完歩者表彰や会計報告など、そして岡本会長から三代目伊奈新会長へとバトンタッチや、15周年記念を迎える来年行事の相談なども無事に終えて午後2時半に解散となりました。


その後は、敦子さんに誘われて寄らせて頂いた西川家へとですが、賑やかに美酒や美味しい手料理の数々を頂き、所用により先に帰宅された森ご夫妻を見送ってからも暫し。
しかし阿羅漢さんや上山さんと撮った自身の記憶が薄い・・・ここ三ヶ月仕事に多忙で飲酒量も極端に減らしていたもんだから、久々の酒量にご機嫌で酩酊の極み。
ウオークとお酒を堪能した一日となり、阿羅漢さん、敦子さん ご馳走さまでした。
でわでわ コレにて ネ〜