愛歩2月例会 尾張野ウオークに参加   04年2月29日(日曜)  天気 土砂降り雨のち曇り   距離 16キロ
   コース = 尾張一宮駅 〜 真清田神社 〜 大江川緑道 〜 多加木緑道 〜 国府宮神社(昼食) 〜 地蔵寺 〜 尾張一宮駅 

2月29日「オマケの一日」を活用しての2月二度目の愛歩例会が有りましたが、木の芽起こしの暖かい雨の中のウオークとなりました。ウオークのコトを知らない方々から見られると異様な集団と見られるかもですが、子供のように傘を差し水溜りを踏みながらのチャプチャプ歩きも「乙なモノ」なのです。本日初コースリーダーの寺さんと、旗手初経験のハイブリッジさんでしたがご両人の嬉しそうな顔が「雨もまた良し!」を語ってくれています。真清田神社から社寺を巡って緑道を歩く16キロのコースでした。


カッパを着てのウオークは体の熱が逃げなくて汗をかくほどです。左の写真は萬徳寺ですが、「ゴッツァンですの元高見山関」が率いる東関部屋の名古屋地方部屋となっています。  ヒゲおじさんたちもマー君のポッキーを「ゴッチャンです」の雨の軒下休憩です。


そしてこの写真の場所は以前に掲示板でご紹介の「国府宮はだか祭り」の国府宮神社です。ミンナが立っている場所も、はだか男と神男の壮絶な儀式の場となっていた所で、手桶隊(てっしょうたい)のぶちまける冷水に戸惑いながらも、なんとか神男を触ってご利益をとの思いのはだか男たちの悋気が伝わってくる場所です。つい先日のコトでしたが木の芽お起こし本日となりました。


本日16キロのウオークでしたが、雨というコトもあり比較的速いペースで歩き予定より1時間近く早くスタート地に近い地蔵寺にゴールでした。またまたスナップ写真ですが、寺尾さんご夫妻とママです。愛歩にはイッパイのステキなご夫婦が居られ歩きを楽しんでおられます。そしてとなりの写真は向山小学校の門柱ですが戦前のもので、機銃掃射の玉の跡だそうです。 平和実感のウオークでもありました。



                「暖かき 木の芽起こしの 2月雨 気持ち新たに 背筋伸ばそう


    目次に戻る