愛歩4月例会 東海市・緑の遊歩道巡りウオークに参加  04年4月18日(日曜) 天気 ピカピカの晴  距離 16キロ
コース = 名鉄常滑線 南加木屋駅(熊野神社) 〜 元浜公園 〜 東海市役所(昼食) 〜 大池公園 〜 聚楽園(大仏)しあわせ村 〜 聚楽園駅

4/18(日)初夏という言葉を使っていいとお天道様がおっしゃるようなピカピカの朝でしたが、知多半島のつけ根に位置する東海市をウオークさせて頂きました。ココは「鉄の町」でも有り、新日鉄・大同特殊鋼・愛知製鋼などなど、トヨタをはじめとする自動車用の鉄板や金属材料の一大生産拠点です。 そしてそれを感じさせないような緑イッパイの町でもありました。 朝の集合場所は名鉄加木屋駅(かぎや)を降りて直ぐの熊野神社でしたが、ココの主のくまヒゲさんとご挨拶のママでした。


例会運営には多くの人が係わっていますが、本日の暑さのためか体調を崩された方が居られ「救護」のお仕事で途中から居られなくなったタローおじさんでしたがパパの一枚です。 いつも先頭に立っての「縁の下」のタローおじさんには頭が下がります。 そしてママは本日このウオーク日記の取材班でカメラマンをしてくれました。


アンカーの多恵子さんと「本四国お遍路50日」完歩のコースリーダーをお勤めされた我が愛歩の看板女性「福田女史」で有りますが、同じ北海道出身でパパも可愛がって頂いております。  そしてお遍路でもお世話になっている奥田さんは今回の役員人事で「事務局長」になられました。 この人のお手伝いは一生懸命しなくちゃって思うパパ尊敬の方です。 


「鉄の町」にとんでもない大木でした。トトロの木よりもスゴイかも・・・って思うくらいの木でしたがママが上手に写してくれました。  樹齢千年を越えるというこの木は小山の上の「大宮神社」の境内に有りましたが、千年の木の周りにはその友だちの木もイッパイなのです。 この山全体がモクモクと沸き立つような新緑に包まれていました。  (ママ〜写真がおじょうずですヨ〜!)


お昼の休憩は東海市役所と同じ場所のドデカイ「大池公園」でしたが、ヒゲおじさんのあの素敵な桜の写真もココで撮ったそうです。休憩後の集合写真でしたが本日200名を越える参加者のほんの一部の方々でしたデス。 午後も何処から何処まで続くんだろう・・・って思うほどの「緑」イッパイの道でした。そして知多新四国のお遍路で来るコトになる「弥勒寺」や「観音寺」も寄ってお参りでしたデス。 爽やかな風が心地良く両手のふさがった旗持ちのパパの汗をぬぐってくれました。絶好のウオーク日和を満喫の本日でしたデス。


公園緑道を歩くその奥にはやはり本物の製鉄所群が延々と並んでいて、ココに「人生を掛けたつわもの達」もイッパイ、本日ご一緒にウオークをされていました。  ヒゲおじさんもこの奥の工場で鉄と格闘をしていた男なのです。  秋には製鉄所の中も見学出来るようなイベントが有るとのコトです。是非その折には「真っ赤に焼ける鉄の世界」を覗かせて頂きたいと思ったパパでした。 (ママ〜写真がイイ感じだヨ〜)


ゴールは「聚楽園(しゅうらくえん)の大仏」の下でした。 昭和二年に昭和天皇のご成婚を記念して作られたそうですが、18メートルで「鎌倉大仏」よりデカイそうです。 コイツに見守られて「鉄の町」東海市が過ごした歴史や今を十二分に味わった16キロのウオークでしたが、コースリーダーは野儀さん、そしてサブはMamuさんでした。陰のリーダーは地元のヒゲおじさんだったようです。 楽しい旗持ちウオークのパパと、肝心カナメの時に不在と思ったらけっこうイイ写真を撮っていたカメラマンのママの一日でありましデス!!

    目次に戻る