愛歩7月下見 定光寺自然休養林ウオークに参加  04年5月30日(日曜) 天気 くもり後晴れ  距離 17キロ
コース = JR中央線・定光寺駅  〜 正伝池(開会式) 〜 宮苅峠・山星山・大洞峠 〜 星の広場(昼食) 〜 森林交流館 〜 正伝池 〜 定光寺駅



朝のごあいさつは「今日は雨じゃなかったのー??」ですが、本日の下見メンバーは、リーダーの寺尾ご夫妻・伊藤会長ご夫妻
そして岩手の同窓会帰りにそのままコチラに来られたヒゲおじさん・そしてパパママの豪華な7人衆であります。 
JR中央線 定光寺駅から1キロチョットのココ「小伝池」が集合場所であります。(記念にパチリのパパです)

5/30(日)は、寺尾さんがリーダーの「7月度愛知県ウ協会例会」の下見ウオークとなりました。 前日来の天気予報はグリグリ二重丸の傘マークで完全に雨の中ウオークになると思っていましたら・・・あめ〜?日が出ているジャ〜ン!?・・・でありました。 きっと途中から降るんだよネー・・・きっと絶対に!・・・でもありました。 どんな一日になるのやらですが東海自然歩道や自然林散策道を17キロのウオークとなる山猿歩きのスタートでアリマした。 


正伝池から東の東海自然歩道の宮苅峠(みやがり)へ歩を進めますが登りばかりです。 最近は山歩きが多いママは「コノ程度ナンのその」で山星山で一服です。 そして補給の水分もアッというまに汗になるアップダウン連続のココから大洞峠、そして勤労者研修センターへの道でしたが歩いている我々はアップアップとなってしまいました。 でもコノ水分補給で吹き出る汗が「体中の老廃物を出す」健康の元なのかもです。  



写真は有りませんでしたが、研修センターの空調の効いた広いロビーでトイレ休憩とタップリの水分補給の大休止をして昼食休憩までもうひとフンバリです。 「星の広場」が昼食場所ですが、ヒゲおじさんから岩手土産の「南部せんべい」を頂きました。 このせんべいは子供の頃よく食べたものですが香ばしくて懐かしい味で有りました。 名古屋から夜行バスで仙台までの往復と同窓会での旧友との再会話だったとのコトでしたが・・・自分の記憶の懐かしい思い出は相手が覚えていなくて、友だちからの思い出話には「そんなこと有ったっけ?」・・・だったそうです。 十分に楽しく過ごし子供の頃にタイムスリップしたような感覚を楽しまれたご様子でしたデス。 午後の出発前、ママは花を求めてカメラマンをしていましたが我々もパチリとしてくれました。 


食後も陽射しをさえぎる木々のトンネルを歩けましたが、陽射しの場所に出てくると朝の雨の心配もどこかにとんで、この蒸し暑いほどの天候に「雨でも降ったほうが涼しくていいかも?」と言い出すほどでした。 途中森林交流館に立ち寄りましたが国の管理している施設でアチコチの壁や床や階段なども色々な木で出来ていて、カバ材の床になら材の階段にからまつ材の壁というふうでした。 またまたそして山林へであります。

自然林の中を一日掛けて堪能してきましたが、朝スタートした正伝池に無事に戻りました。 この日は「JRさわやかウオーキング」で1000人以上の人たちがこの山中を楽しまれました。 朝も愛歩の知り合いとバッタリでしたし、大自然満喫のこの定光寺自然林なのです(パパがダイッ嫌いなヘビ君とも出会ってしまいました・・・ヘビよりこの時のパパの悲鳴でビックリのミナサマでした) ゴール後は7人で近くの喫茶店で一服をしましたが、一杯のコーヒーに7杯くらいのお水お替りのパパにお店の人は笑顔で「ウチの水美味しいでしょう」って・・・ハイ!美味しかったですそしてご馳走サマでした。 気持ちのいい下見ウオークを楽しい仲間とイッパイのお喋りをして過ごした一日・・・ミナサマ・お疲れサマでした。  ではでは 愛歩7月例会の下見ご報告でありました。 

    目次に戻る