愛歩7月例会 定光寺自然休養林ウオークに参加  04年7月18日(日曜) 天気 雨のち晴れ  距離 17キロ
コース = JR中央線・定光寺駅  〜 正伝池(開会式) 〜 宮苅峠・山星山・大洞峠 〜 勤労者研修センター(昼食) 〜 星の広場 〜 森林交流館 〜 正伝池 〜 定光寺駅

7/18(日)カンカン照りと連日の35℃超の日々にどんな一日になるんだろうかと思っていた朝、ごんごの堀さんから「岩村は雨そっちはどんな天気〜?」ってメールが入りました。  小牧の空は曇り空でしたが両者の中間ポイントが本日歩く東海自然歩道や定光寺自然林なのです。

マイカーで出掛けましたが・・・ポツリポツリとフロントが濡れはじめ横のママから「堀さんに変なこと言っちゃあダメよ〜」でありました。  でも今日は珍しい人が何人も居てコレなら雨かなーでした。 左はココにも時々登場の「新米卒業おじいちゃん」とママです。 そして右は一宮の「小川の完ちゃん」ですが、お仕事の都合で日曜参加はお久し振りでした。  でもパパは「暑くなくて丁度良いナー」の一日のスタートであります。 



下見実施の寺尾さんがコースリーダーでパパがサブを勤めましたが、体操も短めにしなくちゃってほどの振り方の雨がスタート後も強くなったり弱くなったりでママもカメラをリュックに避難させるほどでした。 でもコースは予定通り宮苅峠に上がり山星山へです。 足元がグチャグチャになっていたり道が池や川になっているところも有り歩くスピードもかなり遅めです。  そして予定よりやや遅れて勤労者研修センター到着でしたが雷の音も近づいてきます。


ココは当初トイレ休憩の予定地でしたが、約170名のウオーカーが濡れたままロビーにぞろぞろとなってしまいました。 雷も近付くこの天気にコースリーダーと運営役員の相談により「ココの軒下を借りて昼食にようか」と、フロントスタッフにお願いに行ったところ二階ロビーをお貸し頂けることになりました。  そして11時半、早めの昼食休憩としましたが、外は横殴りの風雨となっています。  でも長めの昼食休憩の結果天気は一気に好転しました。 研修センターでの休憩後は汚したフロアーをモップを持って活躍をされた皆さんアリガトウございました。


休憩後外に出ると、高原の爽やかな空気の様相です。   外ではママもカメラを出してパチリパチリを再開です。 いつものメンバーとハイチーズのママカメラマンも先頭の先を行き取材班の開始です。 急遽避難が大正解で当初予定の昼食場所だった星の広場も通りましたが、本当にココで昼食とならず良かったネーの会話がイッパイでした。


後半のスタートをして一気に回復の天気は、高原の涼しさからいつもの真夏に戻ってしまいました。  雨がうっとうしいって言いながら太陽には暑いを連発・・・でもこれらの全てが自然なのです。  

       「降る時は 降られ歩こう 晴ならば 陽射しに焼かれ 歩くのが良い」

予定コースの森林交流館にも寄ることが出来当初計画の自然林ウオークをタップリと堪能して頂くことが出来ました。 空も晴れリーダーの寺尾さんのお顔も晴れやかでした。



今朝のスタートからほとんどが山の中で信号も無い道中でしたが、道はアチコチへ迷路のようなコースでもありました。 歩くスピードも足元が悪く広がりにくい道でも有った為長蛇の列になりました。  アンカーをお勤めの多恵子さんそして武豊の安部さんもお疲れ様でした。  足元の悪い中滑って転倒をされたかたも居ましたがケガも無く、ナンとか無事にスタート地の正伝池に戻る事が出来ました。


ゴール後はクールダウンのストレッチですが17キロのアップダウンを歩いた後にはコレが大切です。(みんなマジメにやっているのにママったら一番奥でナニしているの〜)   今日はコースリーダーの機転により予定を変えての対応も有りましたが、それが大正解の思い出のウオークとなりました。 解散式も無事に済ませ午後三時ヤレヤレのスタッフ一同 おつかりさまでした。 


    目次に戻る