昨年飛び入りで数回参加させて頂いたのですが、ただのウオークと違い寺巡りをしてお参り(般若心経)をして歩く。
コレがなかなか面白い・・・毎月2回土曜日を利用してのウオークであるが、パパママ二人とも仕事の都合を調整してでも「今年はこのお遍路に参加したい!」って意気込んでの初日でしたが凛とした朝が心地いいのです。
この後・・・はたしてどうなりますことやら・・・??

「第10回知多新四国お遍路ウオーク」第一日目に参加  04年2月7日(土曜) 天気 晴  距離 20キロ
「遍路道 我が子の故郷 武豊や 新婚時代の 共和懐かし」

小牧の朝は車の上にも雪の朝でした。 でも眩しいほどの真っ赤な朝日が顔を出しかけている朝でした。 こんな天気でも当たり前のようにリュックを背負って出掛けるようになれたのはいつからだっただろうか・・・


「お遍路の 歌合唱と スタンプ帳 あとは歩いて 言うことなし」 

愛歩世話役の方々のオカゲで今年第10回記念となる特別な年にパパママも参加出来るなんて・・・ありがたいコトです。 今月から毎月二回6月の満願を目指します。 名鉄前後駅を下車すると知多四国霊場の「のぼり旗」がお出迎えでした。 


「念仏の 何たるかなど 知らぬけど 心に響く 先達の声」  
名鉄前後駅前に集合70名を超える参加者が集まりましたが、あまりの寒さにパパママは直ぐ横のコンビニでカップヌードルで朝食と暖を取りました。 お遍路ってどんな人が来るんだろうって思いましたが普段見ているミナサンでした。


まずは一番札所の曹源寺へGOです。パパママは二人で一冊のスタンプ帳(納経帳)と歌詞カード(般若心経)を購入です。五番を飛ばして十番までの九ヶ寺を巡り20キロチョットのお遍路でしたが、ナント不思議 昼前に寄ったコンビニに「すだち酎」が待って居たのデス!早速買っての昼休み、かめさんのことを「アンベさん」と呼ぶ福田さんも供養と言って・・木村さん夫妻もデスし、イッパイの方々が清水さんのコトを知っていて「すだち酎」を味わって頂けました。般若心経何度も唱えましたが、ドコで息継ぎしていいのか分からず自然と腹式呼吸となる「自然の理」の歌でしたデス。本日最後の10番札所でヒゲおじさんと歩仕事人に挟まれた「ママの図」ご覧下さいネー


日歩指導者研修会でも使うと言う「愛知健康の森公園」で昼食休憩の後、同施設で結婚式が有ったようで、我々ウオークの列が横を通ったのですが、歩仕事人の発案で記念写真の準備中のシアワセ者たちに「バンザイ三唱」をしたのです。この写真はその後のワンカットですが花嫁さんは本当に美人でしたデス! そしてゴール後JR東浦駅で電車待ちの一枚デス。冷たい風の一日でしたが、般若心経を大きな声で歌ってはお寺を巡り歩いて、新しい友達も出来た良き日でゴザイマシタです! 

        目次に戻る