「第10回知多新四国お遍路ウオーク」 6日目に参加    04年4月10日(土曜)  天気 晴   距離 15キロ

4/10(土)今日もピカピカの晴天のお遍路日になりました。このお遍路ウオーク、現在のところ晴天率100%で「太陽君と雲君」の連携でお遍路十周年のお祝いをして頂いているような感じデス。 そして本日のコースは「日本の歩きたくなる道500選」の候補に残っているという「海有り・山有り・名所有り」の「道」なのです。 名鉄河和駅からバスで師崎港に移動して船で日間賀島(ひまかじま)へ渡りましたが、心地良い風とベタなぎの海は身も心も洗ってくれます。 


日間賀島で37番の大光院とすぐ隣の番外呑海院の二ヶ寺をお参りをしましたが、大光院こと鯖弘法さまには2年間愛用の「我が△帽子君をお納めさせて頂きました。 正面賽銭箱の横に納めさせて頂きましたが、あとでもう一度のぞきに行ったら祭壇の上に置かれていました。(随想に別記しました) そして、篠島(しのじま)へまた船で移動して38・39番と番外で三ヶ寺をお参りして、またまた船に乗って師崎港へと戻るのですがなんか観光気分です。 みなさんイッパイのお買い物をして師崎港へ戻りました。


師崎港からはバスで五回目ゴールとなった名鉄内海駅に移動デス。そして昼食でしたデス。 午前中は「船」と「バス」の小旅行の感でしたが「楽有れば、苦有り」本当に人生凝縮のお遍路で有ります。お昼からは峠を二つ越えてのお参りとなりましたが、みなさんチョット足が重い感じです。 


コレもお遍路の道中なのですが峠を登りきると菜の花の黄色と桜のピンクで桃源郷の世界って感じでした。 ヒゲおじさんが撮ってくれメールでパパママに頂いた写真ですが「ホンワカ歩きのパパママ」でいい感じでしょう・・・??  そしてこれもお遍路です。田植え風景ではなく、せり採りなのですが、毎年ココを通る時にはミンナでこうするそうです。 パパも一緒に採りましたが土手を上がって戻ったらミンナから「それはせりじゃあナイ」って言われてしまいました。どうも似て非なるものを採っていたようです。(ガックシのパパ


ちょっと休憩も木陰が恋しいほどの上天気と、何処へ行っても見事な桜たちに出会えました。 ママお得意のうれしさと気持ちよさ表現のバンザイポーズの桜並木でありました。


そして新米卒業おじいちゃんが前に言っていた「どでかいイブキの木」にも会えました・・・桜の木も満開でした・・・共歩きの仲間が居ます。 自然イッパイで素敵な「道」ですが、一人でこんだけの道を歩けって言われても歩けない!・・・けど前を行く人が居て、後ろから来る人が居る・・・その方々の中に居ると「見えないイッパイの手が自分を引っ張ってくれ、そして見えないイッパイの誰かが背中を押してくれる」・・・のデス!! 


今朝は今までの△帽子君とお別れでしたが、選手交代でお世話になる新しい△帽子君と一緒にこれからもイッパイのテクテクしようと思います。 島での五ヵ寺と、48番から57番札所までの14ヵ寺でしたが、いろいろな思いの有ったお遍路でした。 ではでは 

    目次に戻る