「第10回知多新四国お遍路ウオーク」 8日目に参加    04年5月8日(土曜)  天気 晴   距離 23キロ
5/8(土)今年のお遍路ウオークは始まって以来ずーと傘要らずの上天気ばかりですが、ありがたいコトです。 本日名鉄常滑線・常滑駅(とこなめ)下車でしたが、新空港への準備でしょうが立派なホームや駅舎に変わっていてビックリでした。  今日は66番から78番までの13ヶ寺で約23キロのお遍路です。途中休憩の常滑焼団地の公園でのスナップですが猪又御大とお遍路の主役たちです。


山有り・海有り・入江有り・・・イッパイのいろいろな道を歩いている・・・「道」というものは生活の為の必要から生まれるものであるが、自然と出来上がった「昔からの道」には、周りとの調和が有り風景として美しいと感じるものです。 そこには「木」も有り行けば「寺」も有る・・・コレで良いのデス。 



71番メガネ弘法大智院では、話し好きの和尚さんがミンナに説法をしてくれました。 でも落語家のような人で笑って分かれて1キロほどは覚えていたのにお弁当時間には講話の内容をスッカリ忘れてしまったいい加減丸出しのパパでした。(おかしいなー・・・会話を聞いていた時にはシッカリ脳裏にだったのにナー)  お昼はドデカイ公園でしたが知多市の旭公園でした。 ウオークでの昼食は野外が常識ですが、本日のこの爽やかな風の通る緑陰の下でのシートを敷いてのお弁当は最高でしたデス。 


午後はお参りももちろんだけど、あられ工場にも寄っての一服でした。 「竹新あられ」さま、お土産まで頂きましてアリガトウございましたデス。 


いま向かっている田んぼ道の先には73〜77番の5ヶ寺がかたまってある地蔵脇地区です。 山間に囲まれた小さな地域の中に田畑とお寺が寄りそって並んでいる絵のような風景のところです。 ココでもイッパイの般若心経を唱えましたが、パパもだんだんと上達です。 ひょっとすると最近は世話役の方のお手伝いに徹して、納経帳のスタンプ係りをやっているママより上達かものパパであります。  まとめて5ヶ寺を済ませて大休止の皆様です。


アップで撮ると20キロ以上歩いているのにまだまだお元気のご様子のミナサマですが、若干一名傾いた?水谷さんです。大丈夫〜・・・??  「歩かせて頂く道に感謝して」・・・って言葉がありますが、今日も本当にアリガトウでした。 ママとお話しながらは早苗さんですが、ご主人の「タローおじさん」はゴルフで欠席でした。 ママがメールで様子を聞いたら優勝カップのお土産は無しですが無事に終えて浜松から帰路に着くところとのコトでした。 


イッパイの距離を歩いた本日のウオークでしたが、最後にまたネコ君 横を大勢が通ってご機嫌ナナメのお顔でしたが「オマエら静かに歩かんかい!」って言われているように思っちゃいましたデス。 でもついついニギヤカでお参りの本日でしたデス。

        
「イッパイの 歩きの先に 寺が待つ 弘法さまも 待っておられる」
        「イッパイで 歩くは良いが ヤイお前 モチット静かに 歩かんかい!
」 (詠み人・ネコ君)

     目次に戻る